Btn appstore Btn googleplay
51av8dg110l

繁華街のカラオケボックスに集う四人の男。めいめいに殺意を抱えた彼らの、今日は結団式だった。目的は一つ、動機から手繰られないようターゲットを取り換えること。... 続き

コメント

四重の交換殺人なんて、解法が見つからなさそうなうえ、特に終盤こそ五里霧中に思えたのですが、エレガントに解けたのがすごい!

でもやっぱり、綻びが生じて展開が変わったのが大きいので、滞りなく済んでしまえば、解けないのだろうな、とも思ってしまいます。

その他のコメント

面白い!
法月さんにしては読みやすかった!笑

法月作品、はじめて読みました。ミステリーとしては弱いけど、読みやすかった。他の作品にも、ちろっと手を出してみようっと。

読者

Be32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb0027977412c23f 480a 4bb7 afe4 757244eca214B6b2b87e cbec 4d96 99c8 709c4f7732f0Akiaivjyeuyp25rambwaEd55c96f 3e1d 42a6 8f13 9d9da22e7708 5人

法月綸太郎の本

生首に聞いてみろ

生首に聞いてみろ

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

これで文庫で出てる綸太郎シリーズは一旦読破!今回も面白かったですが、綸太郎シリーズに付き纏う切なさ、儚さ、が今回もありますね。

約2年前

法月綸太郎の消息

法月綸太郎の消息

Be32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb002797

やし太郎

なかなか本を読む時間が最近は取れ…

久しぶりに、ひと息で本を読みました。そして十年ぶりにこの探偵作家?に会いましたが、どの話?評論?も非常に込み入っていて、よくこんな話や論考が思いつくなあ…と感嘆するばかりです。目まぐるしく移り変わる展開や、重厚な風味は、この人ならではで読み応えがあって楽しめます。メインとなる父子以外の作中人物には、これっぽっちも思い入れがわかないのですが、決して良くない意味合いではなくて…話をうまく展開させるために、人物をうまく配置してるのだろうなあ、と思いますね。 なので、軽く探偵の話を読みたいな、という人には、ちょっと合わないかなあ…でもと思ってしまいます。そしてそれ以上にクリスティを相当読んでないと、単なる机上の空論と思いそうですね(逆にかなりに読み込んでると、「そうなのか⁉」となりそうです)。

2年前