亜紀書房の本

わたしに無害なひと

わたしに無害なひと チェ・ウニョン/古川 綾子

2020年91冊目。2冊目の韓国文学。女性蔑視の問題と勉学に重きを置く学生たち、貧困が良く出てくるのは前読んだのと似ている。そして前も思ったけど、韓国の名前に慣れていないから、性別を判断できなくてしばらく混乱する。恋愛っぽい空気感の描写がされると、当たり前に男女だと思ってしまうのって自分の思い込みだなって思ってこわくなった。女性同士であることを誇張せずに書くのって、難しいんだろうな。/20200610

A5842465 cd81 4d78 acd9 29b6e11548d38511289b 8a2d 4fa4 8680 b8977f1916360023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c
歴史がおわるまえに

歴史がおわるまえに 與那覇潤

第一部は呉座勇一や東島誠らとの対談。第二部は安倍政権や橋下徹らへの時評。第三部は、1970年代からバブル期までを山本七平を手掛かりに考察した短文集。第四部は『歴史学者廃業記ー歴史喪失の時代』、『偶然性と代理ー歴史の不在を生きる技法とは』『歴史なき世界のはじまり』の三つの文を収める。最後にベンヤミンが援用されるのが象徴的。斎藤環との対談『補助輪付きだった戦後民主主義ーヤンキーと国家』では、陽明学は「勉強して小理屈ばかりこねるインテリは、かえってそのことで世の中を見る目が曇っていく」というヤンキー文化である、と論じられている。

今すぐソーシャルメディアのアカウントを削除すべき10の理由

今すぐソーシャルメディアのアカウントを削除すべき10の理由 ジャロン・ラニアー/大沢 章子

親が子供にSNSを使わせたくない時に読むと良い。 全て合理的な内容。 しかし、新たに何かの知識を得るほどの書籍でもない。 要点だけざっと見るだけで良いかと。 …SNSじゃないけど、このアプリもどこかで利益を得るために作られていて、利用者である我々は踊らされているんでしょうね(笑)

人喰い

人喰い カール・ホフマン/古屋 美登里

カニバリズムの話とかほんとに嫌なんだけどなぜか手が出てしまう…ということで手に取った本作。アメリカの大富豪ロックフェラーの御曹司がパプアニューギニアで行方不明になった、という有名な話に魅せられた筆者が一体何があったのか、を追求した作品。タイトルもそうだけど冒頭の数章でエンジン故障した舟で漂流していることに耐えられなくなった御曹司が助けを求めて陸地まで泳ぎ着いたもののそこで原住民たちに殺され食べられてしまった、という作者の説が示される。本作では当時オランダの植民地であったことから宣教師や植民地の役人たちの残した文書の当たるとともに現地に赴き現地人たちと生活を共にしながら、何故、彼らが白人を殺して食べるに至ったか、ということを追求していく内容。少々記述がくどいところがあるものの説得力はじゅうぶん。植民地行政が上手くいってると思わせたいオランダの意向もあって公式には溺死とされている事件だけどもこれ以外には考えられないという説が提示されている。迫力もあってかなり読み応えのある作品。面白かった。

8ce44882 7e1d 44af b6ac 82ee9b7d671e33db7e0b 7778 4c86 be53 84e5eca66e32E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3cIcon user placeholder
落語―哲学

落語―哲学 中村昇

中野翠は「落語は幻の町に連れて行ってくれる芸」と表現したという。その幻の町に対峙するとき、哲学は「ピントをあわせる」学びなのでは、と思わせてくれる。自分も4、5歳の頃、右掌をぐーぱーさせて「なぜ思い通りに動かせるのだろうか」と不思議に思ったくちで、誰にも聞くことがなかったろうし、いつしか考えなくなっていた。 落語で語られる登場人物の見せる生き様は生も死も笑いとともに連れてくる。無性に落語に触れたくなった(来週、講談とともに聞きに行く予定)。

3bdd9fe2 4cf5 4c23 97bd 8dc3a486278dB88365fa bc65 4e9d af94 c4002ccce0d8C9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbbIcon user placeholder90f78adc 7c7d 40ae 9a43 a1ece60165140c0a9e37 6a00 44f9 af19 b6d64c2eedae
ウイルスは悪者か―お侍先生のウイルス学講義

ウイルスは悪者か―お侍先生のウイルス学講義 髙田礼人

人間という種が地上に立ったのはいつか。 人という種をどう定義するかでまず議論になる。 そこは少し甘めに見てホモサピエンスとする。 その時点でウイルスは存在したのか? 実は遙か昔、人間の感覚から言うと気の遠くなるような時間の彼方からすでにいたのだ。 彼らからすれば人間はぽっと出の新参者なのだ。 ウイルスを創業、千年の老舗とするなら、 入社1日目くらいの新人なのだ。 その人間がウイルスを悪者呼ばわりするというのは、 ウイルスからすると特大の苦笑ものだ。 だってそうだろう? いきなり出て来た1日目の何も知らない新人に、 貴方の存在は害悪なのです、と言われているのだ。 創業千年の老舗が。 自然の在り方、生き物の仕組み、 それらを理解もしていないのに悪者呼ばわり。 人間にとって重要なウイルスもいるのに。 人間にとって重要なウイルスなんてあるのか? 人間が生まれる時、子宮の中で身体が造られる時、 その生命の誕生に必要な仕事を担っているウイルスが いるのだ。 そんなウイルスが身体の中にいるのか? そう、いるのだ。 正確に言うと、そのウイルスの名残、だろうか。 人間のモノとは違う遺伝子が眠っている。 普段は眠っている人間以外の遺伝子が、 その時が来ると動き出す。 同じような遺伝子は他にもある。 遙か昔、人間の始まりの時、 生命の情報に侵入し、そのまま融合。 共に生命の道を歩み、幾星霜。 今の我々が存在している。 人間の社会を騒がしているウイルス。 彼らも、ただ生きているだけなのだ。 悪い良い、ではなく、存続をかけた戦いなのだ。 人間もウイルスも、同じ舞台で戦っているのだ。 何故、戦いになったのか。 人間が彼らの領域を侵略したからだ。

SPQR ローマ帝国史II――皇帝の時代

SPQR ローマ帝国史II――皇帝の時代 メアリー・ビアード

イギリスではかなり有名な古典学者が書いたローマ史ということで英国圏ではかなり売れたらしい。上下二巻で共和国編の方が人気があるらしく図書館の順番が回ってこないので下巻の帝国編を読んでみた。初代皇帝のアウグストゥスから帝国内の全ての自由民に市民権を与えたカラカラまで、が作者の思うローマ帝国でそれから後は実質的には異なる国、ということらしい。我が国では塩野七生さんの長大な労作があって、それも自分は楽しく読んだのだが、これはローマ帝国の長い歴史を俯瞰で見たうえでコンパクトにまとめられており、どちらかというと庶民の苦しい暮らしであるとか格差問題とか暗い側面によりスポットライトが当てられている印象。それだから面白くなかったかと問われるとこれが凄く楽しい作品であった。平易な表現とどこかユーモアのある語り口で飽きずに楽しく読めた。共和制編も凄く楽しみ。

64e7994c 6262 4615 9a5d af6f64e05ea308e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c5622A2684c21 74db 4e55 b492 06c7948e13a10b87d495 6613 4cce 8752 8160d86199aaEed2419f 2b1b 46e7 a20a 7a322cb7e9dcB30ed6db d9e4 45a3 a5a5 03505f2b2f449c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaa 13
ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと

ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと 奥野克巳

0147 2019/10/02読了 自分が思っている「当たり前」がよそでは当たり前ではないことがよく分かる。文化によってこんなにも常識は変わるのか。 反省することがないって何だ?こんにちはやありがとうという言葉がない?そのくせ男性は「勃起してる?」という挨拶があるって何?など、そんな文化があるなんて考えたこともなかった。とても驚いた。 教育を受けていれば幸せだと思っていたけど、日本の教育を見ると虐待や競争、いじめとかあるし、プナンの人たちのように家族や周りの大人たちとともに森へ行って狩りを覚える方がいいのかな、教育ってなんだ?と考えてしまった。 死に対する考え方も、そこまでするか?と思うけどプナンの人たちの考え方も良いかもと思ったり…。 最後までとても興味深く読めた。 ニーチェも気になる。

Icon user placeholder55c6b9e6 c11d 4528 89b3 cd8be6946e27F7432241 1c41 46e4 8253 04f2127e01fdDaa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba659417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c69cf7c76d 55fe 4a2a a0c1 fbe3338a9ec0B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4 18
幸福論

幸福論 若松英輔

2018年68冊目。しあわせが定義できなくてよかった。 / 20180412

805fc547 4364 4efc bf31 cca6445fe17a014253d4 6080 4951 9119 24735184a69638aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a2126ae8bfe 9445 4c9f a901 574e4fb3ccae
生き物を殺して食べる

生き物を殺して食べる ルイーズ・グレイ

筆者は環境ジャーナリストで普段はほぼヴェジタリアンなのだが肉食について、自らの手で殺し処理したものだけを食べる生活を実験的に行ってみようと決意し実行した記録。釣りや狩猟を行い、屠畜場をも訪れて生き物がいかに殺され食肉になるかをも目の当たりにする。そこから得られた結論として、現代の大量生産的な食肉や漁業のあり方に疑問を呈し、より人道的な畜産や漁業へのシフトを提案し、肉や魚を減らした食事への転換を提案する、という内容。特に食肉生産の具体的なやり方やハラルの問題などは非常に興味深かった。現代では動物は電気やガスで気絶させられてから絶命させられるのだけど、ハラルについては祈りが耳に届かないという理由で今でも生きたまま殺すべき、という一派がいたり、西欧では知らない間にハラルを食べさせられている、といったムスリム以外からのクレームもあったりするのだそうだ。全体として非常に興味深いし勉強にもなるし、ご説ごもっとも、という感じではあるのだけど、一方でどうしても金持ちの道楽だろ、という思いや上から目線を感じてしまって感情移入が難しい、という感じもした。意識高い農場でのびのび暮らす豚を世話する女性にいつもいいもの食べられていいね、と言って、自分はこの農場の製品は手が出ないのでスーパマーケットのベーコンしか食べられない、と返されるシーンが描かれているのでそれなりに筆者自身も認識はしているようなのだけどそこは消化不良のまま終わってしまったな、という感じ。

C1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c4C621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d54D647ef7e 0603 4e4d 826b eb5c2aa928dfAff73c33 8096 417c a478 a0f8416acd706cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cC9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa0dec1bd4 f928 4f32 9801 fba4b33dfd58 22
死んだらどうなるのか?

死んだらどうなるのか? 伊佐敷隆弘

古今東西6つの死生観を検討していき、死んだらどうなるのか?の答えを見つける旅に出ます。宗教小ネタとか多くて面白かった。

Icon user placeholderE3edc92f 208d 4f27 b1c0 8c7c7c47baacA777fc35 3997 4bb2 8179 63a62e4d22ee
外は夏

外は夏 キム・エラン/古川 綾子

どこに行きたいのですか、、、夫が中学生を助けようとして二人とも亡くなった話、 覆い隠す手、、、、思春期を迎える子供が自分の考える子供とは違うらしい不穏さ?

A422c06b e45c 4b76 9277 7a84a62b4ed756e2ca92 cfba 47d9 8c11 413b37ff5aa8Icon user placeholder
女たちのアンダーグラウンド

女たちのアンダーグラウンド 山崎洋子

横浜は港町という特性から古くから様々なルーツを持つ人々を受け入れてきた。いや受け入れてはいないそこには差別を含む哀しい歴史もあった。その状況でも一歩一歩進んでいくこの町を本書は書いている。 黄金町ガード下に存在していた違法風俗「ちょんの間」は2000年代前半に行われた浄化作戦によって壊滅してその跡地をアートの街として再生を図っているが2019年現在、全く静かすぎる活気のない一帯となってしまった。行政がお膳立てしその意向に沿うものだけを認める官製アートの限界が如実に表れている。批評なき芸術は果たして芸術と言えるのか。もちろんプロパガンダ作品にも優れたものがあるとはいえそんなことを問いかけてくるハマの黄金町ガード下を今日もぶらりと通過。 補足すると地元の人もアートが最適解とは考えておらず 過渡期的状況とは捉えているよう。

D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c88076579 7141 4fd7 9463 b601ac91616cC5449e28 bb73 41c5 ab49 07983b52a8fc4ef5cccc d640 4e42 9626 b2f0419870bf136aee2f 5d52 40ac a350 633a63075b5008634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cDbe2979d 11c5 40fb ba66 91e36d832b3b 9
詩集 燃える水滴

詩集 燃える水滴 若松英輔

若松英輔の三冊めの詩集。 読むたびにコトバが心の中に染み込んでくる。 そして考えるのではなく感じることに集中できる 詩集。

フィフティ・ピープル

フィフティ・ピープル チョン・セラン

韓国の大学病院に勤務する人々とその患者、彼らの友人や親兄弟など、様々に繋がる50人の短編小説集 年齢も境遇も違う登場人物たちが、実はみんな繋がっている その仕掛けだけでも十分魅力的なのに、各々の物語がとてもいい 50話もありながら飽きさせることなく、しんみりしたりクスッとしたり、考えさせられたり この50話の中に必ずお気に入りになる一話が見つかるはず 多くの人にオススメしたい

E9055b08 9a8e 4544 8233 280ef79450c3Aa1f0061 1435 4d6e a4d7 c79297f38b536c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c98cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64F3aec797 3a68 4c8c ba6e c66c7e49ddd11e53a8e2 b343 4765 b896 1fe6f18b49d5A4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b2 12
種まく人

種まく人 若松英輔

かなしみ、悲しみ、哀しみ、愛しみ、 そして、美(かな)しみに昇華する。 志村ふくみ、石牟礼道子、半崎美子にも。

SPQR ローマ帝国史I――共和政の時代

SPQR ローマ帝国史I――共和政の時代 メアリー・ビアード

イギリスの歴史学者がまとめたローマの歴史。上下二冊の邦訳になっていて共和制と帝政の二分冊になっている。図書館で予約して読んだのだけど圧倒的にこの共和制のほうが人気があって帝政はすぐ読めたのだけどこちらはほぼ二ヶ月待ちにてようやく。共和制を代表する政治家キケロを中心として時代を追っていくわけではない形式で何の変哲もない都市王国として成立したローマという小国が50年と少しで地中海世界を支配するに至ったのか、についての考察を述べている。学者の作品ではあるがエッセイと呼ぶにふさわしく割と主観的な意見が述べられていて明らかにローマは好戦的な国家だった、という意見が垣間見えるしカエサルを始めとして共和制を終わらせた人物には否定的であることが分かる。それ自体は意見として自由だけどもいかにも歴史書、のように世に出すのはちょっと違うのではないかな、とも思った。個人的にはローマの躍進の原動力は他者に寛容な多様性にあると思っていてキリスト教国となり排他的になったときから弱体化が始まった、と思っているのだけども。

216d55b6 4975 4a24 a010 8a83584139490afb00f7 1356 4a27 abf8 877059e48481Icon user placeholder
コンクリンさん、 大江戸を食べつくす

コンクリンさん、 大江戸を食べつくす デヴィッド・コンクリン

日本文化にはまったガイジンさんのお話。ちょいちょいこの手のは出てくるけども本作に興味を持ったのは作者が個人的に馴染み深い人形町在住ということ。読んでみてびっくりしたのは作者が最初に暮らしたのが我が郷里の奈良県で、そのあと住んだのが人形町ということで、自分の生活圏とけっこうかぶってるところかな。知ってる街やお店が出てきて楽しかった。

ニューヨークで考え中

ニューヨークで考え中 近藤聡乃

本屋で、一冊丸ごと立ち読み可能になってたので読んでみたら気に入って買ってしまった。 個人的漫画ランキングでも上位に入る作品。こういうことがあるからあそこのあゆみBOOKSが大好きだった。 2015.10