クロスメディア・パブリッシングの本

科学的にラクして達成する技術

科学的にラクして達成する技術 永谷研一

ラクに達成する技術、というよりは、 達成するためのプロセスを楽しむことができるようになる技術、 だと感じました。 各章ごとに気になった箇所をピックアップします。 まずは、Plan。正しく目標を立てること。 ここで特に大事だと思ったのは、 人から与えられた目標も自分のモノにすることです。 僕らは仕事において、グレードに応じて会社が決めた目標を追ってます。 これ自体は自分で目標を立てたとは言えないかもしれませんが、 その目標を達成するためにやるべき行動の目標は、自分で決めることができます。 決められた目標を自分自身で噛み砕いて行動目標を立てることで、 やらされ感・受け身ではなく、自責で行動ができるってことです。 この思考法、些細なことだけどすごい難しいし、 逆に言うと、これができる人は強いなと思います。 次に、Do。行動をし続けること。 特に大事なのは、 ・○○しない、という否定的な行動じゃないこと ・数字を入れるなど具体的な行動をすること ・何かの「ついでに」やること 僕、たまたま最近、日経新聞を読み始めたんですが、 ちょっとゲームみたいにして読んでるんです。 これが、本書で書かれてたこととすごく一致してました。 ■ルール 1, 毎朝の通勤電車で読むこと 2, 記事を5〜6個選ぶ 3, 自分が選んだ記事が執行役員の新聞ピックアップに選ばれてるかチェック ここ2週間前くらいに始めたんですけど、 たぶん、ただ「毎日新聞を読む」って目標だったら、 3日も続かずに終わってると思うんです。 何かのついでにやるとか、具体性を持たせることで、 こんなにやる気って変わるんだなって思いました。 3つ目の、Check、経験を振り返ること、では、 「反省と内省の違い」というのが印象的でした。 反省:自分の失敗や過ちを改めようとすること 内省:自分の経験を深く振り返ること 筆者は、できたことこそしっかり振り返ることが必要だと言ってました。 どう振り返るかと言うと、 ・まずは、できたことを認めて自己肯定感を持つ ・果たして本当にできたと言えるのかを考える ・もっと上手くできるのではないかと疑問をもつこと です。 これはかなり響きました。 僕、できたことに満足してすぐ調子乗っちゃうタイプなんです。 それで大体、次のタイミングで痛い目にあうんですね。 現状に満足せず、今月は達成したけど、 来月もっと達成するためには何が必要か、どうすればいいのか、 それを自然に考え続けられれば、 毎月ラクに達成することができるんだと思いました。 4つ目は、FeedbackのFです。 周囲の人といい影響を与えあって、学び合うことです。 まず、フィードバックをしてもらうためには、 自分の行動とか目標を、声を大にして言うことが大事だと思いました。 例えば、「5キロ痩せたい!」って言ってる人が 間食をしようしてたら、 「そんなんだから痩せれないんだよ…」って言いますよね。笑 この状況を作ることが必要なんです。 逆に、人にフィードバックをしてあげるときは、 ブーメラン式で、「自分はどうか」ということを考えることが大事だそうです。 最後はAction。自分の軸を見出すこと、です。 この章で一番胸に響いた箇所を掲載します。 -------------- 毎日の行動は、派手さはなく地味な活動が多いもの。 でも、その地味な活動が大きなものにつながっていると考えながら 仕事をするかどうかによって、見る目も大きく変わってきます。 -------------- たしかに、日々行う再提案とかリリアタとかってめっちゃ地味。。 けど、それがいずれ内定につながり、入社につながり、 企業の成長につながり、世の中のためになってるんだ、って 改めて考えさせられました。 このほかにも、共感できるポイントや、すぐに実践できることが たくさん載ってます。

社会人1年目の教科書

社会人1年目の教科書 菅沼勇基

不動産業を営む横濱コーポレーション株式会社代表取締役の菅沼勇基さんが考える社会人1年目や若手の仕事への向き合い方を綴った本 書いてあることは "当たり前だけど、実際行動に落とし込めていないこと"という印象を受けました ビジネス書を読む中で、少しずつ実際に行動することを増やしていきたいなぁ 20代のビジネスマンで今仕事に悩んでいる方が読むと、仕事への考え方や向き合い方が変わると思います

科学的な適職

科学的な適職 鈴木祐

天職というのは、どこか別のところにあるのではなく、自分の中で養ってくもの 納得

Icon user placeholderEf51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9Icon user placeholderD822530f 2e0d 4fb0 8ccd 12258c751f12133cd085 189a 4e17 ad67 78b88d1baf07Icon user placeholder9d7293e4 7ef2 404c 9f31 db28e10dde28 16
ニューヨークのアートディレクターがいま、日本のビジネスリーダーに伝えたいこと

ニューヨークのアートディレクターがいま、日本のビジネスリーダーに伝えたいこと 小山田育/渡邊デルーカ瞳

ブランディング=ブランドをデザインする、について平易に書かれた読みやすいブランディングの本。 ただ、モノよりビジョンを買う時代、というのはほんとはどこまでの人間に当てはまるのかな?という感想。意識の高い人はそうかもしれないけど、もっと日常に余裕がなく惰性で買ってる人、なんとなくで買ってる人の方が多いのでは?と思ってしまう。古い? もしくは、この「なんとなく」の思考回路の奥には、情緒的価値やビジョンへの無意識の評価が含まれているのかな? あとブランディング本でいつも思うのは、「それって小売の日常消耗品以外だと、どこまで同じ理屈が当てはまるの?」という点。機能的価値と情緒的価値のバランスが変わるのか? ◾️ブランディング 時代や環境、顧客ニーズを考えながら、企業/商品/サービスなどのもつ「らしさ=個性」を引き出し、価値(=ブランド)をつくり上げ、お客さまに与える総合体験の全てにおいて正しく演出し、伝わりやすく魅力的にデザインすること。 ◾️ブランドプロポジション ブランドDNAにおいて最も重要な要素。 プロダクトベネフィット、ブランド属性とブランド価値、ブランドパーソナリティ、ブランドビジョンの全てのエッセンスを5行程度にまとめて書き記したもの。 消費者向けキャッチフレーズとは異なる、常に企業が立ち返るべき「北極星」。

80fed6f4 7b5c 40fc a6b8 a54fc9cbe7a6991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea835b6a7e6 d077 4e37 a81b c28e0f1a0782239a838e a03e 4a6e ac21 c22db90a5f22Fe725e33 cb11 4f6e adbb 86261e6a69f1D1b35769 6e9d 4be1 8364 5159b9e05d26Fbpvan3o normal 12