新潮社の本

東京湾景

東京湾景 吉田修一

二人の20年後が追加されたバージョン。 とても良いエピローグ!

清明

清明 今野敏

気に入ってる警察小説の第八弾が出たので早速手にとってみた。警察庁キャリアの主人公が裏表がなく正しいと思うことに忠実でそのためにいろいろ苦境に陥るのだけど最後はそれが良い方に働いて、というのがこのシリーズのだいたいのパターン。裏表がない故に家族の不祥事も表沙汰にした結果、警察庁の枢要なポジションから一介の警察署長にされていたのが前作まで。本作から神奈川県警本部の刑事部長に就任し、という新たな展開。就任早々、町田の東京都と神奈川県が入り混じった場所にある公園で死体が発見され警視庁の立てた捜査本部に神奈川県警も協力する、という事態に。しかも見つかった死体が中国人であったことから公安や中華街の大物も絡んできて、という展開。複雑な状況の中で主人公がどう振る舞ってどう捜査をリードするのか、という興味で一気読み。本作も期待を裏切らない面白さだった。

引かれ者でござい

引かれ者でござい 志水辰夫

股旅物は、カッコいい。飛脚の世界も、信用が大事なんですね。

百年の散歩

百年の散歩 多和田葉子

ベルリンには通りの名前が九千以上もあるらしい。カント通り、ローザ・ルクセンブルク通り他、ルター、プーシキン、ワーグナー、マヤコフスキーなど。 異邦人のわたしは、待ち合わせのためにベルリン市街を歩き回るたびに遭遇する幻想的で夢想的な情景。待ち人に出会うのは百年後か。最近の本はカバーのデザインがとても良いが、この文庫も素敵なカバーだ。

0a943c0e fdf8 4c9c baf7 8a10dca25c21B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5Svwy5guf normal4abdf7b3 adec 470f af59 d6c77e2bdea2Dadd2c7b b0e1 4190 9966 375700664a87Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184 12
聖者のかけら

聖者のかけら 川添愛

深く深く芳醇なワインを味わったかのような読後の余韻。キリスト教のことについては詳しくないため全てが理解できたとは言い難いけれど、その時代に生きて目撃したかのような瑞々しく生き生きとした人物とシーンの描写。 清貧とは?自分の存在意義とは?を宗教を超えて考えさせられる。 その後の二人をぜひ知りたい。

とてつもない日本

とてつもない日本 麻生太郎

政治家の書いた本なんか初めて読んだ やっぱり日本の事や世界の事を考えて働いてるんだと少し感心した

B7e3f342 9242 4f8f b632 9933b043d0a78d3730d7 bbee 4331 84da 374ad084a528Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9
つばくろ越え

つばくろ越え 志水辰夫

泣けた。武士とは違う市井の人々の悲喜交々。山本周五郎より、リアリティでは、勝っている。こんな男になりたい。

手のひらの楽園

手のひらの楽園 宮木あや子

文中の可能性の塊のような決意表明。 好きな人ができたから。その人がすごく立派な人だから。もし次にその人と会えたときは、今より少しは自分を誇れるようになっていたいと思ったから。

カズのまま死にたい

カズのまま死にたい 三浦知良

プロ生活35年にして13年ぶりのJ1昇格。53歳の現役サッカー選手カズが現役の間はまだ大丈夫!なにが大丈夫かはわからないけど。硬軟取り混ぜた姿勢だからこそ長続きするのかまさに男が惚れる男。 「飛び抜けて優秀な人が集まるのがプロの世界。どこで差が付いていくのか、日本代表をみても察しはつく。必ずしもスゴイ俊足や肉体の持ち主じゃない人が代表の主将や軸になる。人間的に成長したときに、サッカーでも成長していけるんだよね。これは人の痛みがわかる、あいさつ、片付け、日常の心がけ。抜け出したければ、自分の人間性を高めることだ。」P.160 これはどこの世界にも当てはまる ブラジル時代の話で笑ったのが「チームプレーの大切さを、ブラジル時代によく聞かされた。『みんなが犠牲を払って助け合うんだ!』そう呼びかける当人たちが、5分後に平気でケンカを始める。『なぜパスを出さないんだ!』『おまえこそ!』」p.276 実はサッカーはほとんど詳しくなく、オフサイドはなんとかわかるけど各国リーグの違いや戦術面になるともうお手上げ。そんなド素人にも響いてくるんだから偉大な選手。ブラジルでたたき上げたプライドもしびれるね。

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a40ced808 87c7 4b1f 83ab c65c14f204f87d574782 709d 4e7e 877c 5b99bcb2cbd4A1db962e dcd5 4b3c a3cb 41158eb4e2a86e0278b5 a197 4308 8efa 4289e0e3e82f
スタン・ゲッツ

スタン・ゲッツ ドナルド・L・マギン/村上 春樹

ジャズも好きだしゲッツの音楽も好きなので手に取ってみた評伝。村上春樹さんの訳とは知らなかったが彼もゲッツのファンを公言されているのでさもありなん、という印象。彼も書いていたがゲッツが好きだ、と認めるのは今はどうか知らないが昔の若いジャズファンにはけっこう難しくて…下手したらイージーリスニングめいた綺麗なメロディを巧く吹いているだけと感じてしまう…ゲッツよりはマイルスやコルトレーンが好きだ、と言っていたほうがかっこいいような気がする…そういうアーティストではある。言ってみれば古典落語の名人といった趣で、他にこの名人枠にはロリンズが入る…そんな感じ。黒人のジャズミュージシャンはミンガスを筆頭に差別について声高に話す人が多く、その反動か白人のミュージシャンにはなんとなく恵まれた育ちの道楽の果て、という印象が個人的にはあったのだけどゲッツの祖父はウクライナからロンドンを経てアメリカに渡ってきたユダヤ人で生活力のない父親のせいでニューヨークはブロンクスのほぼ貧民街で生まれ育った、ということにまず驚き。そして神が才能を与えた、としか解釈ができないのだが…まともに音楽を学んだのは高校に入ってからでその高校もドロップアウトして17歳にして両親と弟をテナーサックス一本で養っていたというから凄い。生まれながらの絶対音感とリズム感覚、そして短期間しか学んでいないにも関わらず圧倒的な読譜能力と楽譜の記憶力を武器にスターダムに上り詰めていく過程が見事。その能力と引き換えとでもいうようにアルコールとヘロインで人生をスポイルされていくわけだがその辺りも包み隠さず明らかにされてしまっている。アルコールと麻薬の恐ろしさを知るにももってこいの作品かも知れない。本作を読んでからゲッツの音楽がまた違った印象で興味深く聴けるようになった。その意味でも素晴らしい作品。関係ないけどスタン・ゲッツではなくてスタンリー・ガエツキスじゃやっぱりこれだけ売れなかっただろうな…。しかし私生活が破綻してたのに死ぬ直前まで第一線で活躍し続けていたのは本当に見事。ということで今宵もゲッツを聴きながら過ごします。

7d574782 709d 4e7e 877c 5b99bcb2cbd4Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794C1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e4F4e86bc3 ea3f 4736 93a2 c6c0d76cc040Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd84714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2
とるとだす

とるとだす 畠中恵

虚弱体質でお馴染みの、お江戸の綿入れ重ね着探偵=一太郎。どこかが必ずズレている妖達の力を借りながら、今回も謎解き冒険てんこ盛りの活躍ぶり。 寝込むまでのほんのひと時を懸命に使って突き進む姿がすっかり板についてきたなーと感心。思えばこの子は、第1作の時からいつも肝心な場面では真っ向勝負をするのだよな。意外とヒーロータイプです、虚弱だけど。次作も楽しみ。

愛という名の支配

愛という名の支配 田嶋陽子

1992年に出版されたものだけど、2020年の今でも状況はさほど変わってない。令和が終わる頃には、女性は生きやすくなるのだろうか。

すごい言い訳!

すごい言い訳! 中川越

作家の手紙から面白いところ抜き出して、という企画系なんだけどタイトルでこう言うほど突拍子もないものはほぼなくて真っ当なものがほとんど。本文の抜き書きとそう書くに至った状況説明、そして作者のによる解説、という構成。説明がくどくなくて簡潔でよろしい。そして夏目漱石のものが多い。公表を前提とした作品ではなくてあくまで私信なので本音というか人格が出ている感じで興味深かかった。なるほどうまいこと言うもんだ、とは思うんだけどいざという時真似ることができるかと言われたらちょっと難しいかな…。

昭和少女探偵團

昭和少女探偵團 彩藤アザミ

2019/12/11読了 助手の立場的な茜の屈託のない陽のキャラクターと、探偵役である潮の影はあるが年相応の範疇で可愛らしくもある少女同士の友情の機微も含めて、シリーズが進むにつれて時代背景的にもどう変わっていくのか楽しみ。 この一冊目ではまだ深くは掘り下げられてはいない、天才で変人の丸川環の目線で語られる事件も読んでみたい。

神戸・続神戸

神戸・続神戸 西東三鬼

東京の人にとって馴染みがないかもしれないが、 神戸という街は関西人にとっては大きな街なのだ。 港街であること、自由であること、 京都でも大阪でもない、洒落た街なのだ。 さて、この小説に話を戻すとしよう。 戦時下の神戸に集まった得体の知れない人々。 彼等が繰り広げる断片的な営み。 彼等の営みが西東三鬼の視点を通じて、 言語化されている。 戦時下から戦後の表舞台には姿を現すことのない 市井の人々の暮らしがそこにはある。 ただ一つの合言葉は『自由を我等に』。 EUが悪戦苦闘して実現しようとしているコスモポリタニズム的な社会が、戦時下の神戸で産声を上げている。 自由であることを信条に営まれる人々の在り方が どういう訳か全く古臭くなく、説教じみていない 文章で綴られている。 やっぱり港街、そして神戸はいい街だ。 グダグダした感想はこの小説には似合わない。 つまるところ あらゆる時代をも美しい文章に昇華できる。 それが物語のいいところ。 とにかくみんな、読んでみて!

C335b1d3 ec69 47b0 b017 eb72215757971ef91f4f bed0 4609 a65d f25b8021766c
おもてなし時空カフェ

おもてなし時空カフェ 堀川アサコ

おもてなし時空ホテルの続編です。ホテルとカフェでのドタバタな毎日、周囲の人との関係に葛藤もしつつ成長するチズちゃん。仕事と恋愛、いつの間にかどちらも譲れないくらいに大きな存在になっていきます。毎日を過ごしていく中で、こうして大切な人が増えていくことは素敵なことだと思います。