中央公論新社の本

よその島

よその島 井上荒野

主人公が 蕗子 同名なので親近感が湧きあっという間に読了

R帝国

R帝国 中村文則

今の政治について考えさせられる。私達は戦前なのでは?

7735f997 3879 4462 b098 45474928d55dB0899e8f 5704 486a 850f e1994f5bbcca55c6b9e6 c11d 4528 89b3 cd8be6946e27
綴る女

綴る女 林真理子

映画でしか内容の知らない作家だが、不幸な出自を題材にしながらも優れた文才のある人だったよう。読んでみようか。

4d05909f 8525 4932 9825 728a0e387132Icon user placeholderGqejsx n normalD7f82aff 40b8 4edd befd 9f95dda77deb
愛のようだ

愛のようだ 長嶋有

学生の頃好きだった長嶋有、久しぶりに読んだらだいぶ文がおじさん臭くなってた。昔はあんなに爽やかだったのに…。自分が10歳年取ったら長嶋有も10歳年取ってるんだなぁ、当たり前だけど。

08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ec9a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa35476Icon user placeholderIcon user placeholder537111c7 e737 4a8b 89c0 bb5132cef2289b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935dIcon user placeholder 29
エリザベス女王

エリザベス女王 君塚直隆

まだ存命中なのに伝記が出来てしまうことに驚きました。エリザベス女王の人生がそのままイギリスを中心とした世界の近現代史として勉強できてしまう良書です。またコモンウェルスとして多くの国の女王陛下であることにもその大きな権威を感じ、この優れた女王の跡を継ぐ後継者の未来への責任の重さにイギリス王室の報道を見る目が変化が起こること間違いなしです。

9a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa35476494ebd0f ba2c 4ef0 89df d2e0b5e9ecef
たおやかに輪をえがいて

たおやかに輪をえがいて 窪美澄

2020年111冊目。すごく好き。誰しもに思い出があって、でもその日々を美しいままに保つってむずかしい。思い出の日々から地続きのはずの今なのに、大事にできなくなるの、不思議だけどよくわかる。 「私はね、機嫌よく死にたいのよ。ただ、それだけ。この世からいなくなるときに、あんなことしておけばよかった、こんなことしておけばよかった、なんて、後悔したり、誰かをうらんだりしたくはないの。やりつくしたー、生きたーって思って死にたいのよ。」 「何か特別なことをしなくちゃ、人は生きてたらだめなのかな?」0707

Icon user placeholder25e181a6 c00b 4e37 9584 6ec45682f616091f2117 3b08 44be bbbe de0983b53cf5Icon user placeholderIcon user placeholder0a8261be d1bc 4543 bd01 f88e0ad6835b
圓朝

圓朝 奥山景布子

演目がそれぞれの第になっているのは、うれしい。古典も最初は、新作だったのは、当たり前のようで、作者はすごいという事です。圓朝に目が離せない。

公家源氏ー王権を支えた名族

公家源氏ー王権を支えた名族 倉本一宏

源氏と言えば、武家の棟梁のイメージが強いが本来は臣籍降下であるから、公家である方が当たり前。では何故、武家の方が有名になったのか。この新書はそんな疑問をさらりと答え、公家で有名な源氏を丹念に描いていく。日本史でなかなか日が当たらない公家源氏を正面から捉えてた良書。

Icon user placeholder4fce670e 6049 4aa0 8bcb 05ec248d276f08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c
レナの約束

レナの約束 Gelissen, Rena Kornreich

生も死も絶望な状態とは、、、。アウシュヴィッツへ最初に収容されたレナの体験記です。大切な約束を胸に、奴隷として労働する日々。約束とは、未来を見据え前を向くことなのでしょう。その約束があったからこそ、妹のダンカと一緒だったからこそ、二人の姉妹は生き延びることが出来た。〝二人の手が触れ合う。生きていることを確認するにはこれで十分だ〟

古関裕而

古関裕而 刑部芳則

伝記であり、古関の作り続けた曲がその時代時代でどのように受け止められたのかを通した文化史にもなっている。昭和22年に戦災孤児・浮浪児救済のために作られたドラマ番組の主題歌『とんがり帽子』(『鐘の鳴る丘』)についてのエピソードを知れたのが嬉しい。『フランチェスカの鐘』を歌った二葉あき子の日劇での体験談も強い印象を残す。

もぐら

もぐら 矢月秀作

もぐらシリーズ 相変わらずハードボイルドで内容も読み応え有り

佐藤栄作

佐藤栄作 村井良太

後世の私にとってみれば小笠原・沖縄の返還を成し遂げたリーダーシップに感服します、。

洟をたらした神

洟をたらした神 吉野せい

生きていく話し。生きて、繁殖する、人間も動物の中の一種なんだ。リアルな生き物としての人間。

あの日に帰りたい

あの日に帰りたい 小路幸也

シリーズ2作目 捜査一課で優秀な刑事だった蓑島周平 妻のために雉子宮駐在所を希望して勤務している 田舎だから大きな事件はあまりないが 日々 村の人たちと楽しく暮らしている 駐在所では妻も警察官の夫の手伝いをすることになっていて もちろん守秘義務を共に守ることにもなっているのだけど 普通の警察署とかだと無いことだからちょっと不思議 昭和50年代の話だから携帯電話とか出てこないんだけどそれ以外の時代背景が出てこないから古臭くなくて読みやすいです

独学のススメ

独学のススメ 若宮正子

やっぱり「行動」しないと 何も始まらないんだなぁ 世間から注目されたのは 80歳過ぎてからだけど 著者はずっと興味のあることに チャレンジ=行動している できない言い訳ばかり探してちゃダメだわ まだまだ年齢半分の私だけど 勇気もらいましたわ