技術評論社の本

60分でわかる! SDGs 超入門

60分でわかる! SDGs 超入門 バウンド

読むのが遅い私は60分では読めませんでした。2時間ジャスト。SDGsのポイントは抑えていると思うけど、本質的な理解をするのにはちょっと足りない。概要理解、かつ、ポイントの振り返りにはよい。 2020.01.12

8
Instagramでビジネスを変える最強の思考法

Instagramでビジネスを変える最強の思考法 坂本翔

わたし、Instagramをずっと「写真投稿できるTwitter」とだけ認識してました。別物。別物として捉えたところからようやく一歩。ストーリーズの発信を始めて、細々とやってたメルマガについての4コマプレゼンでも作って、ハイライトに置いとこう。そしてハッシュタグの能力すごいな、と直近投稿のいいねが3倍くらいになって理解している。

プロが教える情報セキュリティの鉄則

プロが教える情報セキュリティの鉄則 香山哲司/小野寺匠

情報セキュリティの考え方が大げさに言うと根本から変わった。 情報処理で扱うような内容の知識しかなかった私からすると目から鱗の書籍であった。 認証の大切さ、フェイルセーフという考え方、リスクとリターン、可用性の重要性、様々な興味深い内容がかかれていた。 攻撃側の意識を防御側の意識が超えなければならない。利便性を求め保守的な私達は、情報セキュリティの脅威に備えて意識を改革しなければならない。

はじめてのラーメン店オープンBOOK

はじめてのラーメン店オープンBOOK バウンド

ビジネスの参考に。 そして、うまいラーメン屋の秘密と苦労を知るために! 行列店の成功事例や、実務的な店舗設計やマネープランなどで構成。 著書のスタンスは 「好き」と「経営者視点」で徹底。 客席や味からでは見えなかったラーメンの世界が知れる。

Unity ゲームエフェクト マスターガイド

Unity ゲームエフェクト マスターガイド 秋山高廣

カラーの図表も豊富で、ステップ バイ ステップで内容を理解することができる良い参考書。 解説も丁寧であり、パーティクルデザインの初心者でも理解しやすいと思います。

ティール組織――新しい働き方のスタイル

ティール組織――新しい働き方のスタイル フレデリック・ラルー

私の勤務する会社はオレンジ(達成型)組織だけど、ティール型を目指すという。それがきっかけで読み始めた本。達成型は、私の理解した言葉でいうと、会社が決めた戦略やミッションを達成することで報酬につなげる形の利益追求主義。世の中でも大半を占める型。その型が長く続き、結果として壊してはいけない環境が壊れ、会社の方針に従わないと行けないという見えないプレッシャーが個性を殺していて、生きにくくなってきる。だからティール型。一人一人の個性を最大化することで、元々人間がもっている「自然に進化する力」が最大化され、社会がよくなり、会社がよくなるという考え方。自分の利益、自社だけの利益だけを求めて競争するのではなく、地球や人間の未来という長期視点。個人主義ではなく全体主義でみんなで良くなっていこうという思想。自然と利益もついてくるようだ。 中で広告代理店に勤務する若者の本音の発言が出てくる。「充分にみんな豊かなのに、それがないといけない理由を作って、本当は不要なのに買わせて、そのおかげで毎日沢山のゴミが生まれて、地球を壊している。そんなことが私たちの仕事なのか。」と。全く同感。でもその若者はその広告代理店で働いていけない、というのが今のオレンジ型の社会。本音は隠さないと利益獲得には繋がらない。ティール型は人間として表裏もなく本音を、曝け出し、受け入れられ、心理的安心を得て能力を発揮する喜びに満ちた働き方だと言う。ティール型には魅力を感じながらも、利益を生みださないといけない資本主義社会にうまくマッチするのか。させたいけどね。

三畳紀の生物

三畳紀の生物 土屋健

古生物付きなら押さえておきたい良書です。