岩波書店の本

その日の予定

その日の予定 エリック・ヴュイヤール/塚原 史

フランスのゴンクール賞受賞作。まだ第二次世界大戦に至る以前、ナチスドイツは戦うことなくオーストリアを併合した。その舞台裏を短く簡潔にまとめた物語。あくまで事実に基づいているものの細部の会話は作者の創作、という意味でのフィクションは個人的な好みからすると翻訳のせいかもしれないが文体が少し華美に過ぎるかな。ナチに協力しオーストリア併合に際しても献金を行う今も存続かつ繁栄し続ける大企業家たち、オーストリアの独裁者を呼びつけ恫喝するヒトラー、併合の発表に対する動きを遅れさせるためにくだらない話でイギリスの首相をランチのテーブルに引き止め続けるナチの外交官、一見ばらばらな動きが流血なく一つの国が征服される過程のデタラメさを描き出している。ナチスドイツが権力を握る前に既にハリウッドにはナチの軍服が映画用に準備されそれをユダヤ人が手入れしていたというエピソードや、ヒトラーによって追い落とされるオーストリアの首相と彼の後釜に座るオーストリアナチスのリーダーがブルックナーについて意見を交わす場面など、一見ストーリーに関係のないそれでいて興味深いエピソードの插入も効果的。ちょっと読みにくい部分はあるけどもかなり興味深い物語で面白かった。

新・大学でなにを学ぶか

新・大学でなにを学ぶか 

東京工業大学リベラルアーツ研究教育院の教員よる「大学で何を学ぶか」 池上彰、國分功一郎、伊藤亜紗などなど豪華な執筆陣 大学で学べることはひとつではないし、到達するまでのルートも一本道じゃない 抽象的になりがちな答えを具体的に示してくれている良書

大黒屋光太夫 : 帝政ロシア漂流の物語

大黒屋光太夫 : 帝政ロシア漂流の物語 山下恒夫

「おろしやこく酔夢譚」以来の大黒屋光太夫です。 漂流→ロシアでの帰国までの活動を通して、江戸時代歴史を変える力のある人間が突然出てきたのではなく、そんな人材を育成できる土壌があったという事を強く思います。 作者の山下恒夫さんの文章もよみやすく楽しめました。

教育は何を評価してきたのか

教育は何を評価してきたのか 本田由紀

『日本にはいくつもの「異常さ」が見いだされる。異常に高い一般スキル、それが経済の活力にも社会の平等化にもつながっていない異常さ、そして人々の自己否定や不安の異常なまでの濃厚さ。』という文章がある。つまり今の日本の教育は不幸を生み出しているという自覚が我々には必要なのだろう。

35934bab d113 451f ae9a 9af0f7411cafEf51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9Qos78jyd normalB0899e8f 5704 486a 850f e1994f5bbcca5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16Icon user placeholder3825e242 399e 471e a274 40045529ccaf 8
庭師の娘

庭師の娘 ジークリート・ラウベ/若松宣子

オーストリアのウィーンが舞台。 女性が夢を叶えるのが難しい1768年時代の、庭師になる夢を叶える少女の話。 モーツァルトに詳しい作者により、同時代に実在する歴史上のウィーンの人々が、物語に花を添える。

3650ae01 f88a 4ef3 867f eaaf1488dc6708176f86 0b3d 4bae 93c4 0ffad18b1cac705c78b4 4a98 453c bb64 cabc3dacd17d537111c7 e737 4a8b 89c0 bb5132cef22803823f32 765a 47f6 943b f2b11a8b85b2Icon user placeholder3ac63efa 7036 47d7 bbc1 e729b86b4ce6 15
奴隷船の世界史

奴隷船の世界史 布留川正博

中世から19世期末まで。 400年続いた奴隷貿易の歴史を35000件の奴隷貿易データベースから読み解いていく一冊。 こういう資料が残っていて、各国のデータが統合されて使えるのはスゴイ。 アフリカ大陸で、奴隷を実際に集めて西欧諸国に売り払っていたのが、現地の黒人王国だと言うのがなんとも暗澹たる気持ちに。 人道的な見地から、アフリカ大陸での奴隷貿易は禁止に向かう。 しかし、今度は奴隷貿易廃止!けしからん!の名の下に、欧米列強によって植民地化されていくアフリカ諸国。 帝国主義時代の欧米諸国は本当に酷い。現在に至る騒乱の種はだいたいこの時期に撒かれたものだよね。

2b31546e 4a3a 4978 bb47 7b356949e988Icon user placeholderIcon user placeholderA1ea368a 6f4a 4fdc 8709 3c704c0e674eIcon user placeholder929e7f2b fa63 4430 870c c2505ca9f1c708634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 9
20世紀アメリカの夢

20世紀アメリカの夢 中野耕太郎

中野耕太郎 20世紀アメリカの夢 →よくまとまった良書。以下感想 ●転換期から1970年代までという時代設定について →非常に興味深い時期設定で、タイトルを見たときに??という疑問とワクワクが同時に起きた。 世紀転換期という時代を「アメリカの夢」と設定するならば、1970年代はアメリカがその夢から醒めた時代だという。革新主義の勃興に伴い、アメリカは「社会的なる場」を見つけた。そうしたときに、ニクソン時代以降の経済的停滞と市場における不介入主義、個人の選択肢の最大化がそうした「社会的なるもの」を考える領域を狭めていく。なるほどという時代設定だった。「ニューディール連合」の形成と崩壊に時代が貫徹される。 さて、その「夢のあと」はいつまで続くのだろうか。個人主義や「社会的なるもの」に対する冷笑的な視線は、現代も根深い。ニクソンの時代にすでに見られる萌芽は、80年代・90年代に大きく社会的優位を作った。レーガン、ブッシュ、サッチャー、中曽根、中曽根が先日亡くなった今、「夢のあと」の時代も終わったのだろうか、いや。 ●100pの「「アジア」は、今やアメリカへのどうか能力を欠く移民の属性ーすなわち、「人種」として身体化されてしまったのである。」 →的確な表現に思う。こうした地理的・もしくは言語的な空間領域がある身体性を持った人々の属性として策定されていくに当たっては、「人種化」の他にあるエスニック・コミュニティへの割り当てが起きる。そこにホワイト・エスニックのアメリカというネイションへの包摂が起きるということは、アメリカにおいては人種とナショナリズムが重なり合う。さらにそこに暴力という中隊が機能するならば、さらにジェンダー的な規範が織り込まれている。

Bdbe0395 3d54 4ad5 856f 5dca40887727075e125d f625 493a af3e 37a507982938494ebd0f ba2c 4ef0 89df d2e0b5e9ecef
白い病

白い病 カレル・チャペック/阿部 賢一

チェコの作家、カレル・チャペックが、1937年に上梓した戯曲。 「白い病」は感染した場合高い致死率を示す伝染病。コロナの今だからあえて、このタイミングで刊行したのかな? 時代的に戦争の影が色濃く出た作品で、疫病が蔓延する中でも戦争を始めようとする軍人と、その追随者たちを風刺した内容。

C1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c438aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21
陸海の交錯 明朝の興亡

陸海の交錯 明朝の興亡 檀上寛

今の中華帝国の片鱗が見え隠れする。この辺りが今と地続きなのは、応仁の乱以降が地続きだと言われる本邦といっしょ。 と言うことは、明の対外諸政策が近隣の周辺諸国の政治を強力に規定しているのか。

こんどこそ!わかる数学

こんどこそ!わかる数学 新井紀子

中学生に向けた数学の入門書。数学について久しぶりに勉強する気になって、手元にあったので読んでみました。中学のときに読めたらよかったのに、とは思いますが、まあ35年ぶりに数学してみるか、という私には軽い準備運動にはなりました。ちなみに牛乳パックの話は印象深いです。

聞き書 緒方貞子回顧録

聞き書 緒方貞子回顧録 野林 健/納家 政嗣

聞き書で生い立ちから人生観も含めて緒方さんの歩んできた人生が浮かび上がってくる一冊。 当時の詳細な日記とも併せながら、使命に対する覚悟や情熱が鮮明に描かれていている。自分で手を上げた仕事はなかった、ということには驚いた。 関わる方を大切にされてきた事、ポジティブな考え方や、目の前のやるべき事に淡々と取り組む姿が印象的。

海洋プラスチック汚染

海洋プラスチック汚染 中嶋亮太

プラスチック問題の現状とプラスチックとの付き合い方を書いてある本です。 さすが研究者。数値のデータ満載です! 例えば、これまで全世界で生み出された83億トンのプラスチックのうち、63億トンは既にゴミになっていて(つまりゴミ箱に捨てるという行為) そのうちの91%はリサイクルされていないとか。 リサイクルされずにどうなっているかというと、埋め立て、焼却、海洋流出…で普通に生活している私たちからは見えなくなっている、ということです。 (ここでいう普通は、一般的な日本人の暮らしという意味で考えてください) あとは日本の「リサイクル」の裏側も数値でしっかり示してくれてます。 手書きの見にくい図ですが見てみてね☺︎ リサイクルって言いつつ、ほとんど燃やしてる&海外に出してただけじゃん!!という衝撃。 様々なポイ捨てと題して列挙されていたのがこちら。 1.マイクロファイバー系 ○フリースを一回洗うと2gのマイクロプラスチックファイバー ○メラミンスポンジ(激落ちくんのことかしら…) ○アクリルたわし ↑これらは下水処理されて、汚泥と共に沈殿して除去されるものの、その除去率は98〜99%なので、すり抜けた数%が浄化された水と共に海へ行くそうです。 2.風船は空へのポイ捨てにつながる いつか空気が抜けて、海へ落下。 それを食べてしまう海の生物たち。 3.チューインガム ポリ酢酸ビニルという木工用ボンドと同じ材質でできており、歩道でポイ捨てされたガムが黒くなって消えないのはプラスチックだからだそう。これは一番びっくりした! 他にもたくさんたくさん問題を挙げてくれてます…。 じゃあ何が出来るかというと、プラごみの発生量を最小限にするということ。 特にsingle use(one way)使い切りを減らすことが大事。 飲料関係のプラごみをゼロにするだけで海のプラごみの1/3を減らせるそうです。 プラスチック製品は「捨てるように」作られているのが問題。 ここをRedesignすることが大事! 例えばドイツのある都市ではコーヒースタンドがグループを作り、提供する紙コップをポリプロピレンのカップ又はタンブラーにして、デポジット制にしたそうです。 どのスタンドに返してもオッケーとのこと。お店はそれを洗ってまた使う。 (ポリプロピレンだけど、使い切りではないし、そういった試みをしてるってだけで素晴らしいと思う!しかも色んなコーヒースタンドがやってるっていうのもステキ)

07df2e5b 50a5 4ca6 93e5 8147156161c0Icon user placeholderF4e86bc3 ea3f 4736 93a2 c6c0d76cc04018dfc70f 9cf4 4b77 9926 2ca9b6a433b8A7b32b35 7dce 4914 8f24 baf42bf70d6e
哲学

哲学 中島隆博

哲学とは人生の晩年である p.1哲学とは尺度なしに概念を創造することである すなわち哲学者が何にもよらず単独で概念を定義することである(ドゥルーズガタリ) p.5 哲学発生の三条件、内在、友愛、オピニオン p.27 発生的方法…原因と目的としての結果を探求しない p.43翻訳とは純粋言語の救済であるすなわちある特定の言語に囚われた状態から解放し普遍化しようとする

岩波文庫的 月の満ち欠け

岩波文庫的 月の満ち欠け 佐藤正午

伊坂幸太郎さんの帯文に惹かれて購入。あらすじが表紙に書いてあるけれど、どんな話かは想像できずまっさらなまま読み始めて正解でした。 次々に出てくる登場人物と過去と現代を行ったり来たりしながらどう展開していくのか、読み進めるごとにこの世界にどっぷりはまっていきました。読み返すとまた視点がガラリと変わりそう。

541d7ae8 2d14 4c05 8dc6 c74a5202ea169a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa35476Eaf4a5f0 bc3b 4b28 b90f a039ca5c7ba8Nzghmlpi normalIcon user placeholder4582b428 68ee 4f2f 9084 89cc500ba80aIcon user placeholder 27