筑摩書房の本

秋吉久美子 調書

秋吉久美子 調書 秋吉 久美子/樋口 尚文

秋吉久美子は高校時代、演劇部に所属していたのではなかった。県大会の立ち稽古でひときわオーラを放っていたのがそうだとすっかり思い込んでいたが福島県いわき市にある女子高の文芸クラブ部長で、既に社会性を持った鋭い小説を書いていた。 「たとえばマルグリット・デュラスの『モデラート・カンタービレ』の意固地な主婦や『源氏物語』の空蝉のように、ある覚悟をもって激情に身をゆだねない女性像には共感します。」 本人が否定しても秋吉久美子は僕らの時代のミューズだ。

異形の未来 現代マンガ選集

異形の未来 現代マンガ選集 中野晴行

こちらは1960年代から2000年初頭の今風に言えば、SFとかファンタジーとかかな?のアンソロジー。水木しげる、山上たつひこ、あすなひろし、萩尾望都、手塚治虫、諸星大二郎などなど。いしかわじゅんのマンガってホントに色っぽいし、浦沢直樹は学生時代からあのタッチが完成されている。ガンダムとか宇宙戦艦ヤマトみたいなオモチャ作るネタに丁度いいのじゃない、不思議な“異業”の世界がここにある。

よみがえる天才1 伊藤若冲

よみがえる天才1 伊藤若冲 辻惟雄

2020/10/20 読了 スゲ〜! 色々と若冲の絵を見てきたけど、そうだったんだ〜。いや〜、ホントに天才と言おうか、この絵に対する情熱に脱帽します。 宝蔵寺、先日行ってきました〜。次は石峰寺かなぁ。 でも、付喪神図が出てこなかったのは心外だなぁ〜。

6603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1Cd086107 8dc6 4d0d 8cf0 4c84f7ee2382
マタイ受難曲

マタイ受難曲 礒山雅

クラシック音楽は好きだが、キリスト教の音楽は所詮、僕には理解出来ないだろうと思っている。それでもいずれちゃんと通して聴き、曲の成立した時代のことや作曲家のことなど知る必要がある。と考えて、ならばもうバッハのマタイしかないだろうということになった。おかげでシュッツのマタイも聴くことが出来た。 あー、生で聴きたい。

芸術人類学講義

芸術人類学講義 鶴岡真弓

巨人の肩に乗った最先端の世界を見れる私たちは、巨人のである彼らよりも多くの、遠くのものを見る事ができるが、それは、自分の視覚の鋭さや身体の卓越性のゆえではなく、むしろ巨人の大きさゆえに高いとこに持ち上げられているからである。

Bd1fd651 b3dd 4f3d be9c fd6fa2549fb70c0a9e37 6a00 44f9 af19 b6d64c2eedaeC9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbb8373c472 3a52 4329 b64c 768691df82be
その悩み、エピクテトスなら、こう言うね。

その悩み、エピクテトスなら、こう言うね。 山本 貴光/吉川 浩満

やさしい『嫌われる勇気』か…?! 古代ローマの哲学者、エピクテトスの教えを現代に置き換えて考えてみよう!という本書。一番最初に語られる権内、権外を見分けることの大切さなんて、まさに「課題の分離」と同じでは…。いや、確かに古代ローマの方が古いかもしれないけど…まぁでも、知識人の行き着くところは皆同じなのか〜と思うと、この考え方は結構的を射てるのかもな。 分かりづらいエピクテトスの考えを丁寧に繰り返し教えてくれるので、とっても優しい。だが少し、優しすぎると感じる人もいるかも

0a8059b9 46b3 447c 8827 9a40f45dd94cCf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176008900e4 438f 4456 9cf6 c7d3b95d705fAkiaivjyeuyp25rambwa0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cF3aec797 3a68 4c8c ba6e c66c7e49ddd1
世界哲学史1

世界哲学史1 伊藤 邦武/山内 志朗

最初は読むのが苦痛だった。 知らない専門用語に付箋を貼り、後で調べてまた読み直すの繰り返し。 用語と歴史を吸収してからは、広範囲な文化の哲学を掻い摘んで学ぶことが出来て、結局は読んで良かったと思えた。 ソクラテスとサンスクリット語とナーガセーナは、これから深堀したい。知りたい。 自分の学びたい哲学の方向性が分かった。

Bd1fd651 b3dd 4f3d be9c fd6fa2549fb7C4e0f889 81d4 4002 9009 452bb68478a2Bc446b85 7632 49ac 93d1 ad535b897d9608634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c
「色のふしぎ」と不思議な社会

「色のふしぎ」と不思議な社会 川端裕人

自分は正常に分類されたいわけではない。ただ、多様性のマップでいうとこのあたり、と認識しておきたいだけ、というところが印象に残った。個性を尊重するということは、全員が異常にもなり得るわけで、正常か異常かの2分法からの脱却を目指していくことが大切だと思った。

Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794760819ce ace5 4f53 8375 8c978452b923
侠気と肉体の時代 現代マンガ選集

侠気と肉体の時代 現代マンガ選集 夏目房之介

編者の夏目房之介氏曰く、「まことにアツ苦しい本になってしまった(笑)。」 それもそのはず、白土三平、平田弘史、梶原一騎、川崎のぼる、ちばてつや、池上遼一、バロン吉元などなどの作品の抜粋が詰まっており、侠気(おとこぎ)と男たちの肉体が戦後民主主義をぶち壊す。それにしても平田弘史の描く青年のなんという美しさ。最近の軟弱で小市民的なアニメだのコミックだのの遠く及ばない男のエロティシズムがここにはある。

私の箱子

私の箱子 一青妙

家族だけど分かり合えないこともあるし、亡くなってから分かることもある。 大切な記憶を収めた箱子を自分も作ろうかな。

百年と一日

百年と一日 柴崎友香

何事もなさなくても、世間は変わるし暮らしも変わる。 小さく切り取られた人の1ページがやけにいとしく感じられた。

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2657cdc2f c4dc 4b18 b49e 93579b43d37d8834eb48 49a1 4276 b21c c9f41613cd2f6ae103ed 10b7 44a6 b4fa 117d402694bcAf23a43c de7a 4b77 a911 0b5446efba2f9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935dAaf3a5a9 1641 4c32 84cb 16e7f9edc36b 18
世界哲学史5

世界哲学史5 伊藤 邦武/山内 志朗

ライプニッツのモナドロジーがいい。 アリストテレス主義を継承しながら普遍的な方法を追求する姿勢。宇宙から個体までの動的な能動、受動をモナドロジーとして導き出す。美しい。 スコラ哲学/モナドロジーをもっと知りたい。

Bd1fd651 b3dd 4f3d be9c fd6fa2549fb708634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c
父が子に語る近現代史

父が子に語る近現代史 小島毅

父が子に語る日本史の続編。 聖徳太子や推古天皇、源平合戦よりも身近であり 今も色濃く影響を受けている近代について考えさせられるかもしれない。割と辛辣かも

アフガニスタンの診療所から

アフガニスタンの診療所から 中村哲

「白々しい文句だと思った。美しくかざられたことばより、天をあおいでさけぶハリマの自暴自棄のほうが真実だった。この非常時に患者たちを二週間以上もおきざりにするわけにはいかなかった。が、このペシャワールの状況を日本側に伝えるのは至難の業でもあった。無駄口と議論はもうたくさんだ。最後通牒のような「出席命令」を力をこめて引き裂いた。私は催しものと議論ずくめのわりに中身のない「海外医療協力」と、この時決別したのである。」(104ページより)

494ebd0f ba2c 4ef0 89df d2e0b5e9ecef07df2e5b 50a5 4ca6 93e5 8147156161c0C4e0f889 81d4 4002 9009 452bb68478a29f9b848f 3cf4 4d89 a43f 1a3dba9878f0