講談社の本

勇者パーティを追い出された器用貧乏 〜パーティ事情で付与術士をやっていた剣士、万能へと至る〜(1)

勇者パーティを追い出された器用貧乏 〜パーティ事情で付与術士をやっていた剣士、万能へと至る〜(1) よねぞう/都神 樹

勇者パーティを抜けた後にジョブを変更する設定というのは珍しい気がしました。 魔法の量でその人の能力を判断するのではなく、その場の状況判断や魔力スピード等、色んな要素で人は認められるんだなっと教えてもらいました。 見方が面白いマンガですね。

リビングの松永さん(5)

リビングの松永さん(5) 岩下慶子

ミーコの担任がまさかの「小夏」だった 恋バナしてた先生がまさかの松永さんの元カノだと知ったミーコは落ち込むが 凌の一言で立ち直りまた頑張れるように 先生は未練タラタラだからちょっとヤバい気がする

暴き屋(1)

暴き屋(1) アミューズ/講談社

ちょっと変わった探偵事務所 元役者の大谷さんがいろんな人になりきってターゲットに近づいて秘密を暴く お金のためとはいえ当事者じゃなく第三者の依頼ですら受けてしまうのはどうなんだろう 秘密は暴かれた方がいい時と墓場まで持ってった方がいい場合とあるのに

花野井くんと恋の病(10)

花野井くんと恋の病(10) 森野萌

花野井くんとほたるちゃん 初めての喧嘩(?) ほたるちゃんのためなのはわかるけど 今回は花野井くんちょっとやり過ぎだったかな 結果オーライだったけど 小学生の時に2人は会っていたことがわかったほたるちゃんだけど 花野井くんのことを別の苗字で呼んでたから気付かなかったんだな 今巻は今までとは違ってズシンとくる重さでした

リビングの松永さん(4)

リビングの松永さん(4) 岩下慶子

松永さんの煮え切らない態度にちょっとイライラ バイトを秘密にしているミーコが凌と会っているところを見ただけで モヤモヤしているくせに ミーコに2人で遊びに行く約束を自分からしたくせに シェアハウスの人には家族だのなんだの言って 恋愛感情はないとぬかすし 中途半端が一番人を傷付ける

イクサガミ 天

イクサガミ 天 今村翔吾

シリーズ始まりというところか。 ルールや時代背景。ゲーム主催者の黒幕。登場人物達の過去。 説明すべき事柄が沢山あったが、飽きずに読むことができた。 登場人物の背景がしっかりしているので、切られてしまうと悲しいと思ってしまう。 双葉の立ち位置も気になる所。 生き残りの人数の記載は切迫感をかもしだす。 どんだけ皆強いんだ。

転生したらスライムだった件(20)

転生したらスライムだった件(20) 川上 泰樹/伏瀬

ファルムス国のこれからが決まる。 それに関わるのは、ディアブロ。 この人のめちゃくちゃな所が面白くて好きです。 あと、ヒナタの周りも騒がしくなってきて、リムルと再び再会。 この2人が手を組んだら楽しいのになーと思ってしまいます(笑)

リビングの松永さん(6)

リビングの松永さん(6) 岩下慶子

文化祭に松永さんと凌くんが来てくれてミーコは喜ぶが 先生も松永さんに会ってしまうことに気付いてないのかなぁ 凌くんもミーコへの気持ちに変化が見られ 松永さんにミーコへの気持ちを聞かれるが 先生と連絡取り合っている今の松永さんにそれを聞く権利はない そう指摘した凌くんは正しいと思う 一途な凌くんと猪突猛進な松永さん どちらがいいのか

隠温羅 よろず建物因縁帳

隠温羅 よろず建物因縁帳 内藤了

とうとう終わってしまった。 このシリーズ終わってみればしっかりとした伏線が張られていたことに気がつく。⑥⑦⑧巻は、もう一度読んでおさらいしたい。 曳家の仙龍かっこよかったなぁ。春菜みたいな女性って好きだなぁ。棟梁シブかったよ。コーイチ、軽そうなのに真面目で頭良くて優しくて好きだなぁ。 先生も生臭和尚も。。。 建物に憑く霊を鎮魂する陰温羅流の皆様、楽しかったです。 怖かったですけど。

来世は他人がいい(6)

来世は他人がいい(6) 小西明日翔

よく分からない霧島。 女なんて皆同じように見えていた気がする。 でもここにきて、吉乃への“愛しさ”をきちんと感じるようになって、その揺らめきが面白いです。 多少狂ってはいるけど…。 霧島が吉乃の彼氏になるきっかけもすごいし、翔馬との家族以上の関係も独特で、やっぱり吉乃のキャラとか生き様が好きだな〜と思いました。

嵐士くんの抱きマクラ(1)

嵐士くんの抱きマクラ(1) 渡辺あゆ

寝かしつけや家事代行のバイトをしている宙は 自分の双子の弟たちを寝かしつけているときに腰を痛めてしまう 次の日 学校の保健室で寝ていたら いつの間にか転校生の嵐士くんと一緒に寝ていた いつも寝れないという嵐士くんから家事代行の依頼があり 毎回「寝かしつけ」をやってくれと頼まれることに 寝れないという事は何か原因があるはずで 有名なピアニストで高校生なのに立派なマンションで一人暮らし 絶対何かあると思う プレッシャーなのかストレスなのか

返事がない、ただの魔王の屍のようだ 〜聖職者が魔王の子分になったのに世界の半分もくれません〜(1)

返事がない、ただの魔王の屍のようだ 〜聖職者が魔王の子分になったのに世界の半分もくれません〜(1) 亜希乃千紗

ファンタジーの世界において、“魔王を倒す”という事が最大の目的である事が割と定番だったりする。 しかし、この聖職者は魔王が死んでくれてしまっては都合が悪かったりする。 何故なら、王都はブラック企業みたいな働き方をさせるから! そんな悪夢の日々に戻らない為に、魔王なき今、魔王復活を試みる行動に出る。 …そんな、意外性あるストーリー。 主人公である聖職者のシスターの性格がコミカルで面白いです。

ゆりあ先生の赤い糸(3)

ゆりあ先生の赤い糸(3) 入江喜和

旦那さん 結局いい人だけどクズ 奥さんがお人好しすぎるし そこに付け込む愛人1号2号も自己中すぎる 自分たちのことばっかりで奥さんの気持ちを考えることすらしない 裏切った人の世話ほどやりたくないと思ってしまう自分は冷たい人間なんだろうな