KADOKAWAの本

役立たずと言われたので、わたしの家は独立します!1

役立たずと言われたので、わたしの家は独立します!1 黒野 ユウ/遠野 九重

“悪役令嬢”によくあるスタートの仕方。 「婚約は破棄させてもらう」と堂々と言い放たれた。 フローリアはそんな事どうでもよかった。 ただ家のことを、「役立たず」と馬鹿にされた事だけにはムカついていた。 「殿下のほっべたを30回くらい叩いておくべきでした、グーで」、と。 そう、可憐な見た目と相反し、実はかなりの毒舌家である、フローリア。 この性格がまず面白いと思いました(笑) ただこの婚約破棄は何らかの陰謀があるかも知れず…。 それを探っていく感じです。 聖女であるフローリアの超実力派な回復魔法と、龍と、精霊。 悪役令嬢みたいなストーリーと異世界モノが混ざった気がします。 ちょっと楽しそうです。

千夜千冊エディション 仏教の源流(1)

千夜千冊エディション 仏教の源流(1) 松岡正剛

松岡正剛の現代の書物による仏典結集(けつじゅう)の試み、みたいなものだ。 まず古代インドの哲学からスタートして、段々加速を増し、ブッダを目覚めさせ、法華経やら維摩経やらの大海を游ぎわたり、シルクロードを渉猟する。 書物の紹介かと思いきや、松岡氏の仏教伝授の本でした。

君ノ声 2

君ノ声 2 森永ミク

利用するための婚約だったはずが ななと一緒に過ごすうちに惹かれ始めた一成 ななを取り戻すためにやってきた弟の棗 要注意人物の異国人の貿易商 ななと一成はこのまま素敵な夫婦になってほしい

これで暮らす

これで暮らす 群ようこ

群さんの日常こもごもとした生活の エッセイを、なんとなく手に取ってしまう。 めんどくさいといいながらきちんとしてることろ こうしたいと思いながらそう出来ないこと。 おもわず、ふふふである。

フラッガーの方程式(1)

フラッガーの方程式(1) 浅倉秋成

物語の主人公のような体験が出来る「フラッガーシステム」その被験者となった主人公を巡るお話。 深夜アニメ的な、ご都合主義、お約束、テンプレート的な展開を逆手に取った作品構成が技巧的。 伏線を綺麗に収束させる手際はさすが浅倉秋成。500ページもあるのにサクサク読めるの良いですね。

華ちゃんと咲季くん 1

華ちゃんと咲季くん 1 あしや稚浩

オネェの華さんが彼氏に酷い扱いで振られてるところを助けてくれたイケメンの咲季 華はすぐにタイプと思ったけど 咲季は女の子だった 後日お礼にと手作りのお菓子を咲季に渡したことから友達になって 遊ぶように 男とか女とかオネェとかそういうの関係なく 信頼できる友達ができるのっていいなと思う

村井の恋 6

村井の恋 6 島順太

バスに置いてかれた2人 山門先生から何とかして来いと言われるし散々 田中先生は困っているのに村井くんは喜んでるし 全然めげない村井くん 先生と生徒じゃなければ 田中先生も折れて付き合ってくれそうだから卒業まで頑張って想い続ければ村井くんにも希望があるかも

経験値貯蓄でのんびり傷心旅行 1 ~勇者と恋人に追放された戦士の無自覚ざまぁ~

経験値貯蓄でのんびり傷心旅行 1 ~勇者と恋人に追放された戦士の無自覚ざまぁ~ 奏 ヨシキ/徳川 レモン

親友に結婚予定の彼女を寝取られた主人公。 尚且つ、役立たずだからと、パーティもクビになった。 1人で生きていこうとしたところ、レベルアップ。 謎の“貯蓄系スキル”が解禁され、生まれ変わったように強くなった。 そこから、新たな冒険が始まる。 主人公の性格の良さや相棒の可愛さも良いが、何といってもステータスの面白さが光るマンガ。 まだ明かされていないステータスもあるので、そこに注目したいです!

仁藤と田塚の日常 2

仁藤と田塚の日常 2 砂糖と塩

順調にお付き合いを続けている2人 嫉妬したり関係を深めようとしたり 男女のカップルと何も変わらない このままずっとこの関係が続いてほしい

ブラザー・トラップ 8

ブラザー・トラップ 8 日向きょう

登場人物みんないい子。いい子なのが良い。 言葉にしないと伝わらないって、わかってても実践するのは勇気がいる。それができるって素敵。 次巻に期待。

華ちゃんと咲季くん 2

華ちゃんと咲季くん 2 あしや稚浩

2人の距離がどんどん近づき 華は咲季への気持ちが恋だと気付いた 花火大会で偶然咲季に会った華は思わず告白してしまい 振られてしまう 咲季は華が嫌いなわけじゃない ただ恋愛をしないだけだと思う こういう子はどうすれば恋愛しようと思うようになるんだろう 初めて女性を好きになった華に報われてほしい