幻冬舎の本

勉強の価値

勉強の価値 森博嗣

勉強の価値を"勝つ"ことだけに見出そうとすると、たちまち楽しさが無くなる。対象のある"勝負事"などの外部に気を向けず、自身の内部に目を向け目標達成や成長につながる勉強で本当の価値が生まれるのであろう。そういう"勉強の楽しさ"を子供に伝えたい。

Ff1cb923 bcef 44f4 8315 7966a8811a55C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3bIcon user placeholder1589c35b 2346 427f a44f 1b4fdff2cfd7A4454823 d18b 4a37 ae47 83783b2b75f7Fad37843 073b 48f7 bbc0 0543c4789502C3b90b43 f5ee 4878 bd37 ec86568af912 10
野良犬の値段

野良犬の値段 百田尚樹

とても面白く、一気に読みました。 登場人物の説明もわかりやすく、読みやすいミステリー。

25e181a6 c00b 4e37 9584 6ec45682f616Icon user placeholderIcon user placeholderA7366702 2588 4bde bbd8 4f5cb9031f0e6abcf575 1c22 4761 9771 eed2ad8a455fCfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b709318dfc70f 9cf4 4b77 9926 2ca9b6a433b8 9
同姓同名

同姓同名 下村敦史

同姓同名。唯一無二であると思っていた自分の名前がそうでなかったら、そしてその同姓同名者が事件の加害者であったら。SNSを使ったデマ情報の拡散と無関係者からの誹謗中傷の怖さを改めて考えさせられる一冊だと思う。

9fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a8926bf068d 8584 433b 8c89 a2d9bcdeb986372ee6b3 520f 4938 940f ea7f5787d9e9Icon user placeholder8ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184773f82a4 502a 4d9d 8ac1 28c4afa6cb038511289b 8a2d 4fa4 8680 b8977f191636 8
風は西から

風は西から 村山由佳

一気に読み終わりました。胸が熱くなる一冊です。久しぶりに涙腺が緩みました。398頁の一文との出会いは心を揺り動かされる思いです。

Icon user placeholderA7225263 8290 4545 88b5 285dd3ea10caIcon user placeholder
縄紋

縄紋 真梨幸子

校閲の大変さを地でいくような話しです。 途中まではよかったんだが、終わりがなんともなじまない。

A988fa84 64e9 4044 9c22 7f16481410cfAbc154e0 3994 4f0d 9d52 84a14e43a597Qb0 wfzv normal9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cE458d4c3 ece0 4f33 8a16 2bfbf9903e1f328ed07f fd1e 4a0b b315 5abba972a31a 9
みがわり

みがわり 青山七恵

姉妹にしかわからない伝え方がある。 流し雛のように、流れて変わってくれることもなく みがわりでしか、語れない姉妹の結びつきが悲しい

信長、天が誅する

信長、天が誅する 天野純希

大河ドラマもそうだけど、なんとなく裏切った光秀は実は大義に沿っていたのだ、みたいな説があって信長贔屓の自分としてはこれが気に食わず...ということで打倒信長を願った五人〜明智光秀、武田勝頼、お市の方、今川家の家臣、一向宗の僧侶〜から見た信長の物語、とあったので手にとってみた。小難しい理屈や新説の類はなく娯楽作品に徹した内容で楽しく読めた。特に光秀に関しては案外こんなところが謀反の理由として正解なんじゃないのかな、という印象。さらっと読めて楽しかった。

別ればなし TOKYO2020.

別ればなし TOKYO2020. LiLy

2020年 コロナと死と炎上と距離。 ブランコのように離れたり近づく距離の、もどかしさたるや。 勢い良く上がったものは勢い良く下がる。 恋愛にしろ、芸能にしろ、バズにしろ。 途中全てが繋がった時の哀しさはこの上ない。 かき乱されるけれど、読む手が止まらない恋愛。

5034a230 f944 4f96 933e 3a4ed2c762d2Ff3afbab 83dd 4b22 a06f 13ff667288adPicture
レッドリスト 絶滅進化論

レッドリスト 絶滅進化論 安生正

バイオハザード的展開を期待して購入。 中盤?まで読み進めても中々敵が現れず、方向違う事に気付く。 序盤、中盤部分はサラッと終わらせてほしかった。 災害に見舞われる焦りや恐怖を煽る描写が期待していた程無かったのが残念。 扱うテーマは身近でリアルな割に、読後に残る印象が薄く感じた。

冬の狩人

冬の狩人 大沢在昌

H県(福島県?)で過去に起きた未解決事件で、現場から失踪した重要参考人が、主人公の佐江を指名して出頭したいというところから始まりますが、今作は終盤がやや冗長に感じました。 相棒の川村はちょっと線が細く、主人公が佐江といえるのが今までと異なるところ。いつもながら、最後にドンパチやって解決するのは大好きです。

ブロックチェーンがひらく「あたらしい経済」

ブロックチェーンがひらく「あたらしい経済」 正田 英樹/田中 貴規

よく話題に上がるけど「ブロックチェーン」って何?という方向けに書かれた、エントリーガイド。 ビットコインみたいな、仮想通貨の技術として始まったことから、日本ではどうしても怪しい、危ない、胡散臭い印象が強いけど、これからのグローバル経済の中では大事な技術になりそう。 とはいえ、既存権益の強い日本では規制がやたらに入りそうだから、普及には時間がかかる予感。 とかやってる間に、中国の仮想通貨、デジタル人民元に、根こそぎ市場を持っていかれそうな気がしてならない。

Icon user placeholderB21c3dae ec92 467e 9c7b 17b3ad6f592fA9504c83 10b8 4512 a256 3f075c9db531
阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし

阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし 阿佐ヶ谷姉妹

0214 2020/10/02読了 2人の生活とても楽しそう。みほさんがちょっと強いところ知らなかった! 街と家を気に入っているところがすてき。理想の暮らし方に落ち着いてよかった。 小説も面白かった。どちらも切ない…。

7a8d9b9d 172b 4a9b a1da 7da3fef8e3bd6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c900a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10256ac608 d324 4512 80e0 2a3da2f41f3d
トツ!

トツ! 麻生幾

一気に読み終わりました。SAT特殊部隊の任務の厳しさが手にとるようにわかります。ドキドキさせられるストーリーです。

ほんとはかわいくないフィンランド

ほんとはかわいくないフィンランド 芹澤桂

図書館本。特にフィンランドに興味があったわけではないが、図書館でたまたま見かけたので借りて読んでみた。結婚してフィンランド在住になった女性のエッセイ。彼の地を旅行してみたいと思って読むとアテが外れるかも。結婚して出産する辺りの話がメインになっているので。国によって事情が異なるのでそこらへんは興味深く読めた。タイトルの言いたいことはわかるけど、全体的に薄味ですね。次回作に期待。

Icon user placeholderIcon user placeholderC1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c4E7d6991d e90b 4a77 88e8 57092cd35a4e559945c1 302a 4572 90d7 e691d0e407d81ef961b3 81f0 49f8 9519 151b6992948aF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 8