LINE Digital Frontierの本

朝羽振る2

朝羽振る2 泡沫

蓮くんと吉川さんに誘われて若葉と郁ちゃんは一緒に夏祭りに行くことに 蓮くんは天音を誘ったことを伝え忘れていた 焦る若葉は天音と買い出しペアになってしまい とうとう天音に若葉の正体がバレてしまった 怒りで帰る天音 2人の過去に何があったのか 若葉はわからないみたいだから 多分天音の勘違いからくるすれ違いのような気がする

リトル・ロータス5

リトル・ロータス5 西浦キオ

俊介の兄の結婚式のためセンとユイを連れて日本へ センは祖父が結婚前にベトナム人との間にできた子の娘で 祖父にとっての孫だけど 今の奥さんにとっては邪魔な存在なのではと 日本にくるのを不安に思っていた 祖父や俊介の両親、親戚の人たちは快く受け入れてくれたが 祖母との面会はこっちまでドキドキする

誰かいい人いませんか?2

誰かいい人いませんか?2 バラマツヒトミ

婚活は未経験なのでわからなかったのですが 今の時代 携帯でメールとかできることがネックになってて ちゃんと断るってことがなくて フェイドアウトされたりするんですね かえってそっちの方がきついような お見合いみたいに会って 電話でお断りの方がはっきりしてていいかも 北条さんが2度目に会った三田さんもメールのやりとりで気が合って デートでもいい感じだったのに 忙しいとかメールで言われて 遠回しに断られて 忙しいと嘘つくよりもはっきり無理だと言われた方が次に行きやすいのに 二宮さんみたいに図々しいのもどうかと思うけど

#ティールブルーの羽色3

#ティールブルーの羽色3 河井あぽろ

夢をつかんだ玲 夢に向かって頑張っている奏斗 夢を見つけたありす みんな前を向いて大人になったからこそ自分に自信も持てて頑張れる 奏斗はずっといい人だな

誰かいい人いませんか? 1

誰かいい人いませんか? 1 バラマツヒトミ

北条さんみたいに33歳で独り身だと世間ではそれが間違っているような下に見られるような感じだけど なぜ結婚しなければならないのか 法律で定められてるわけじゃないのに 結婚できないのとしないのでは違うし 自分の人生を自分の好きに生きてなぜいけないのか 北条さんのヒモになりたいから結婚しようとする二宮さんはクズ 会社の後輩の一条くんは北条さんが好きなのに告白もせずストーカーまがいのことをしてるし 北条さんに間違った選択はしてほしくない

リトル・ロータス 2

リトル・ロータス 2 西浦キオ

お店がオープンして 忙しくしている俊介 センは学校があるから夜しか手伝えない その無理がたたって俊介が風邪で寝込んだ 何とかしないと今後もまた倒れてしまう センと2人でこれから先のことを考えるべき ベトナムは北と南では食事の味付けが違うこと 女性の日があって 妻や恋人にプレゼントを送る習慣があること いとこ同士は結婚できないことなど 漫画から日本との違いがいろいろ知れます

#ティールブルーの羽色1

#ティールブルーの羽色1 河井あぽろ

勉強漬けの毎日を送るありす いい大学に入り いい会社に勤めることを目標に頑張ってきたが いつも塾の模試で2位にしかなれず 1位の相沢くんの夢がカメラマンになることだと知ってから ありすの日々が変化してきた 相沢くんの友達モデルの玲の相手役をしたありす 何もかもが初めてで知らない世界 勉強だけしていてもいつか伸び悩む日がやってくると思う 柔軟な頭の切り替えこそが案外効率のいい勉強法かも

キミのスキtoボクのスキ2(2)

キミのスキtoボクのスキ2(2) 日下部うめか

洸は春花が好きで 後輩の菜乃花ちゃんは洸が好きで 後輩の桜井くんは菜乃花ちゃんが好き なかなか上手くいかない恋愛事 好きになってもらえなくても諦められない恋愛は辛いもの 桜井くんには頑張ってほしい

推理系女子の探偵試験 夜挽理の殺人への傾向と対策2

推理系女子の探偵試験 夜挽理の殺人への傾向と対策2 原作:伏見和真 / 漫画:カガミツキ

警察官の兄と一緒に10年前の両親殺しの犯人を見つけようとする理 10年経った今再び同じような事件が連続で起こり始めたから やっと辿り着いた犯人の動機は理本人がアメリカから日本へ戻ってきたことが引き金 犯人がわかったときに聞かされた事件の真相 なんだかなぁ

青春ストラテジー3

青春ストラテジー3 栗山優弥

中学のとき葵を振った子と再会 ほんとは彼も葵のことが好きだった 時すでに遅し 葵は圭のもの 気持ちを自覚した葵は圭とうまくいって ほんとの婚約者に 過去を乗り越えられてよかった

文学処女10

文学処女10 中野まや花

加賀屋先生に亡くなった彼女のノートを渡すために新幹線へと急ぐ鹿子 たくさんの人の助けを借りて先生と再会 一緒に新幹線に乗ってしまった鹿子は先生について行くことに 亡くなった彼女と鹿子の関係を知った先生 鹿子のおかげで前を向いて歩き出せる先生 やっと2人の気持ちが重なった時に言った鹿子の言葉 鹿子らしいし 今までの2人が過ごした時間を考えれば今更焦ることもないし 未来を待つのもまた成長するための必要な時間なのかも

リトル・ロータス4

リトル・ロータス4 西浦キオ

センの友達やユイとみんなで旅行に行ったり 俊介の兄と彼女の結婚が決まり ベトナムまで会いに来てくれたりとイベントたくさん 最初はセンを一人にしないためにベトナムへきた俊介だったが 兄から日本へは戻らないのか聞かれ お店のことやベトナムで知り合った人たちや今の生活を考えて ベトナムでの生活を選んだ でもセンにとってはどうだろう ベトナムでは従兄妹同士の結婚は無理で 兄嫁に日本では結婚できると聞かされて ちょっと心が動かされないだろうか

リトル・ロータス 3

リトル・ロータス 3 西浦キオ

未だにベトナムにはストリートチルドレンがいることを知った俊介 全員を助けてあげられないのはわかっているけど 縁ができたユイといろいろあり一緒に暮らすことに それが正しいことなのかわからない 養子がどうのということではないから 衣食住だけの問題かもしれないが お店を始めたばかりの独身の俊介が周りの人達に助けてもらいながらもやっていかなければならない責任が増えたということ

#ティールブルーの羽色2

#ティールブルーの羽色2 河井あぽろ

みんなそれぞれの気持ちがあって 玲くんの過去が玲くんを縛っているうちは ありすも奏斗も傷付くだけ 奏斗だけが自分に正直だから報われてほしい みんなが夢をもって頑張っているから いつか答えがちゃんと出せるのかな

リトル・ロータス 1

リトル・ロータス 1 西浦キオ

日本人の俊介は祖父からベトナムに孫がいてひとりぼっちになったから会いに行って日本へ連れてきてほしいと頼まれた いざ会いに行くと15歳で独りで暮らしていた 日本にくることを話したが両親の残したお店を手放したくないという 一大決心をして俊介がベトナムにきて いとこであるセンと暮らしお店を再開させることに ベトナムでも北と南では料理の味付けが全然違うことを知りました ハノイとホーチミンが漫画ではでてきたが フォーひとつとっても甘さが違うらしい センたちはホーチミン側 本場の料理 食べてみたい

キミのスキtoボクのスキ3

キミのスキtoボクのスキ3 日下部うめか

たくさん悩んでたくさん傷ついて だけどそうやって出した結論は絶対間違っていない みんなが幸せになれればいいんだけど 誰かを傷つけたなら 傷つけた分幸せにならないといけない

ぐるぐるてくてく4

ぐるぐるてくてく4 帯屋ミドリ

シリーズ最終巻。 女子高生が散歩するだけのまったりマンガ。 散歩部の夏合宿は愛媛県西条市。 現地まで青春18きっぷで往復しちゃうのはワカモノならではの体力だよなあ。 旅は目的地までの移動も楽しいけどね。 これで完結なのは寂しい。。 コロナが落ち着いたらこのマンガで登場したしたスポットに行ってみたい。

キミのスキtoボクのスキ1

キミのスキtoボクのスキ1 日下部うめか

幼なじみの春花と洸 小さい頃からずっと一緒の春花のことを洸は大好き ニブい春花はまだ恋愛事には疎い 洸が告白しないと2人の関係は今のままかも

めぐるめく季節の中で2

めぐるめく季節の中で2 原作:RYO. 作画:やぼみ

幼なじみ同士、道端で拾った大切な人、会社の同僚 それぞれの関係の中でほんとに大切な人は何をおいても手放すべきではない 諦めるのは離れなくてもいい方法を充分考えて それでもどうしようもないその時でいい