行舟文化の本

あやかしの裏通り

あやかしの裏通り ポール・アルテ

おもしろかった! どちらかというと、この人の本は、「日本人作家が書いた海外もの」という雰囲気があります。人物描写が表面のみで人物に好感が持ちにくい…とか、なんだか「その曰くありげな行動は何なんだ?」と読者が突っ込みたくなる箇所があったり…などです。 そのあたりを、読んだ人と語り合いたいですね。 今後は、綾辻行人の作品だと思って読みます。

7735f997 3879 4462 b098 45474928d55dC1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c4A433c3d7 bfb2 4e0e b771 1cc3c540c94aBb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6Cs5oora5 normal