ポプラ社の本

北京

北京 于大武/文妹

古都北京の解説。日本とは規模が違う。 面白かった。現代まで繋がっていて、 オリンピックの鳥の巣なんかが 描かれているのも素敵。

子どもの心はどう育つのか

子どもの心はどう育つのか 佐々木正美

児童精神科医の佐々木先生が、心理学者エリクソンの「発達課題」の理論をもとに、子どもの心の育ちに必要な事を語られている本。 乳児期、幼児期、児童期、学童期、青年期(思春期)と子どもが成長する過程で、精神的に成長するために必要な課題・人間関係が分かりやすく述べられている。 そして、本書の半分は成長期から老年期までの乗り越えなければならない課題も書かれていて、今の自分自身の置かれている状況に納得したり、後世のため、いかに生きるかを考えさせられる。

(2-1)i

(2-1)i 西加奈子

当事者でないことに罪悪感を持つ という主人公に少し共感した。 それで良いんだと教えてくれた。

807d31b9 c6fe 41ba a710 9698452e5e6531 hg68y normal76fef2e4 d7c1 41d1 ac40 1ed7fcd21f1aIcon user placeholder18f9cba6 6736 41fb b0be f995ffdcfadf4b194dd0 8122 4a2a 95cb 4144431195e5978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2 26
あずかりやさん 彼女の青い鳥

あずかりやさん 彼女の青い鳥 大山淳子

あずかりやさんシリーズ第三弾。 盲目の店主桐島青年も 早くも30に手が届く年齢に。 早くお嫁さんをもらってほしい。 今回のお客様は? モノ達が語る静かな日々。

キワさんのたまご

キワさんのたまご 宇佐美 牧子/藤原 ヒロコ

(あらすじ) 弁当屋を営む両親のもとに生まれた小学3年生のボク。 夏休み、ご飯も遊ぶのも1人のボクは、ひょんな事から養鶏場のおばあさんの元で手伝いをする事になった。 (かんそう) 子ども時代の寂しさ・やるせなさ、子どもの素直さ・やる気・集中力。 大人になると忘れがちな、損得勘定ぬきのひたむきさにノスタルジーを感じます。

とうちゃんのトンネル

とうちゃんのトンネル 原田泰治

こんなとうちゃんに「くじけては いかん」と言われたら、心にぐっとくるのだろうな。。読み聞かせしていて、涙出そうだった。原田さんの絵もぬくもりが感じられ好きになった。

感染症対人類の世界史

感染症対人類の世界史 池上 彰/増田 ユリヤ

タイトル通り、まさに人類は感染症の戦いとの連続だ。 天然痘、ペスト、黄熱病、スペイン風、梅毒、SARS、MARS、エボラ出血熱、そして新型コロナウイルスと、、、 感染症はどこから発生して、どの様に広がり、どう克服してきたのか、知っておくのと知らないのでは相当考え方が変わる一冊だと思う。 先に電子書籍で読めます。

わたしの美しい庭

わたしの美しい庭 凪良ゆう

子どもが出てくる本は嫌い。でもこれは子どもがずっと大人っぽい話しでした。つらいことがないなんて人はいないってこと思い出した。

042c4960 208b 4c9b 9d72 e0e03cd3a2c9F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0Icon user placeholder9fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a8990ec6291 8dbd 4aa4 a029 1ebb09dd4bebB0899e8f 5704 486a 850f e1994f5bbccaIcon user placeholder 19
老後に住める家がない!

老後に住める家がない! 太田垣章子

高齢者が賃貸物件を借りにくいのは、 ・孤独死のリスク ・家賃滞納のリスク ・痴呆症、要介護時のリスク ・連帯保証人が用意できない あたりの問題があるのかなと素人的には考えていました。 が、実際には更なる問題点として ・賃借権は相続される があって、借主が死んだ場合、家主は相続人を全員探し出して、その処理をしなくてはならない。 これが絶望的に難易度高いですよね。 一代限りの契約とする、「終身建物賃貸契約」という仕組もあるが、手続が煩雑で殆ど例がないらしい。 故に筆者としては、賃貸派は50代、遅くとも60代の前半までに、死ぬまですめそうな物件を確保するべき!と、主張しています。 賃貸派としては頭が痛くなる内容ですが、現実的には、キチンと考えておいた方が良さそうですね。

D4ab2a33 2c11 44a5 a3cf 5cc85a077e2818dfc70f 9cf4 4b77 9926 2ca9b6a433b8
9月1日 母からのバトン

9月1日 母からのバトン 樹木 希林/内田 也哉子

9月1日…夏休みを明けて新学期に入ろうとするこの日は自ら命を絶ってしまう子供たちが一番多い日。 どんなに苦しく死を選択せざるおえない状況にあったとしても、学校に行く以外の選択肢は他にあるってことを伝えたい。それは、いじめられている学生だけへの言葉ではなく、仕事や育児、介護などにも通じると思う。一度、今いる場所から離れてみることで変われることが必ずある。 本の前半で、内田さんの母である樹木希林さんの対談があり、"年を取ることは不自由になること、自分の不自由さに仕えること" "成熟って難がなければできないの" "子供は親が手を出さずともそのうちちゃんと自分で挫折する"という言葉が心に残っています。

Dcf0e6c6 9812 49c5 a97d 5878b19df52aC335b1d3 ec69 47b0 b017 eb722157579753faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2