集英社の本

ひなたのブルー 1

ひなたのブルー 1 目黒あむ

友達作るのが苦手でずっと幼なじみの2人に助けられて過ごしてきた日向なる 2人が交際を始めたのを機に 自分を変えようと2人とは違う高校に進学したが誰一人知り合いがいなくてなかなか友達ができない 屋上で生徒会長の夏野先輩と会うようになってから 少しずつ頑張って友達ができた 先輩と会っていろいろ報告するのが楽しくなってきた日向なる 友達ってどうやって作るのか考えたこともなかったけど 確かに何かきっかけがないと話しかけるのは勇気がいるかも

わたしの上司(2)

わたしの上司(2) 田島みみ

上司の中島さんを好きになって一緒に行った出張のときに半分告白したら抱きしめてくれた 後日会社でそのことについて聞いたら 部下としか思っていないと振られてしまった 可愛いと言ってくれて抱きしめてくれたら期待しちゃうと思う そうじゃないなら最初から気をもたすようなことをするべきじゃない

ふつうな僕らの 1

ふつうな僕らの 1 湯木のじん

心臓移植して元気になった椿 好きになった一颯先輩は耳が聞こえない 先輩に振り向いてもらえるように頑張るけどなかなか手強い 人と違うと思ってるうちは普通の他人を受け入れることは難しいのかもしれない だけど普通だろうと普通じゃなかろうと 明日にはどうなってるかわからないから 椿のように死にかけた人みたいに今を頑張るのが正しいと思う

乙女Holic(1)

乙女Holic(1) 小森みっこ

特待生でいつも1位を取る莉子 ある日理事長の息子が1位を取って 莉子が2位になったことで知り合った ほんとは莉子の祖父が建てた学園で父親が理事長だったのに早くに亡くなり 他人の手に渡ったため学園を取り戻す目的があって頑張ってきた莉子 勉強を教えなければならないおバカでチャラい結に莉子の理事長の息子を想う気持ちを指摘されてしまう 母1人子1人で 頼りない母親に代わってしっかりして頑張ってきた莉子を結がイジワルするのは間違ってると思う

乙女の放課後 1

乙女の放課後 1 安理由香

ハーフで可愛い乙女は妬みからか女子から悪口や陰口を言われて友達ができない 英語が苦手で夏目先生に特別に教えてもらい 自分でもすごく頑張っていい点を取ったら 先生に問題を教えてもらったんじゃないかと言われる始末 そんな中クラスの伊東さんと友達になれて喜んでいたら夏目先生の妹だった しかも分厚いラブレターをくれた菖蒲くんは伊東さんの幼なじみ 乙女は先生のことが気になり始めていて 菖蒲くんは今後どう動くかで変わるかな

こっちにおいでよ。(1)

こっちにおいでよ。(1) Maria

男性が苦手な明日美は友人に守られているおかげでなんとか大学での日々を過ごしている 嫌な噂が絶えない芳彩は噂通り誰とでも寝る男で 明日美と知り合ったのもまさに最中だった だけど後日会ったとき彼と話をしたら彼も自分も片想い中で同じ境遇だと知る しかも彼とは普通に話せていた 明日美が好きなのは幼なじみの潤くんで 音楽デビューしてからあまり会えないが PVのモデルを頼まれて引き受けたら 相手は芳彩だった明日美は片想いって言ってるが 潤も明日美が好きとみた

チンギス紀 七 虎落

チンギス紀 七 虎落 北方謙三

 電子書籍版が出るまでじりじりと待ちました。 丁度、手術のため入院していたタイミングで購入できたので、一気に読みました。  ケレイト王国のトリオル・カンと同盟を組んだテムジンは、かつての盟友ジャムカと宿敵タルグタイ、さらにはメルキト族の若き族長アインガの3者同盟と対決します。 草原を舞台に繰り広げられる、かつてない規模の戦を制して、テムジンはついに父イェスゲイの成し遂げられなかった、モンゴル族統一を成し遂げます。  テムジンはたった5人で草原を駆けて戦いを始めた時から、モンゴル族統一のそのさらに先を見据えて、鉄鉱の確保や交易路の開拓等それまでの草原の民の営みに無かった改革を推し進めてきました。  今後、人類最大の帝国がいかにして築かれるのか、また、敗れて一旦は草原を去ったジャムカとの決着は、などなど、大水滸伝から続く壮大なストーリーから、目が離せません。早く続き出ないかなぁ。

みにあまる彼氏 2

みにあまる彼氏 2 ほしの瑞希

補習で翼くんと一緒になったいろは 翼くんがいろはを好きになったせいで日下部くんがどんどん不機嫌に 修学旅行でとうとう日下部くんといろはは喧嘩してしまい 翼くんが行動に出た 翼くんの気持ちもわかるけど やっぱり邪魔するのはいかがなものかと 普段喧嘩しない2人が喧嘩する羽目になっちゃったし

テリトリーMの住人 1

テリトリーMの住人 1 南塔子

親の離婚で母親の地元に引っ越したえま マンションには同級生の駒ちゃんと郁磨くんと怜久くんと一つ下の宏紀くんが住んでいる ある日言われもないことでえまが女子にイジワルされてるところを駒ちゃんが助けて それがきっかけで友達に 宏紀くんも子供の頃に会ったことがあるよう えまがみんなと仲良くなってきたことが怜久は気に入らないからイジワルばっかり言ってくる 怜久は器の小さい男だなぁ

つまさきだちのアリス 1

つまさきだちのアリス 1 吉田夢美

お隣り同士の亜梨寿と悠太郎はお互い母子家庭で家族ぐるみの付き合いをしている 家のことはほとんど亜梨寿がやる上 3歳下の悠太郎の世話までしている ある日悠太郎の叔父が現れて 2人の関係が崩れることになった 悠太郎は自分の気持ちを亜梨寿に伝えたけど それに対して亜莉寿はどうするだろう 急に大人な男性が現れて 亜梨寿がドキドキするのは仕方ないけど 焦る悠太郎の気持ちもよくわかる

たまのごほうび 1

たまのごほうび 1 星谷かおり

かの子は周りが女子ばかりの中 マンガから影響受けまくりで 男子と触れ合いたいため高校は共学に進学する 隣りの席になったのは玉緒くんで 頭はいいけど超変わった子 かの子もじゅうぶん変わってて妄想凄すぎ

九龍ジェネリックロマンス 2

九龍ジェネリックロマンス 2 眉月じゅん

消えた記憶の中の、もう1人の自分を探す旅。 ストーリーは益々謎めいていきます。 最初の方は工藤さんのセリフを鯨井が言っていて、こんがらがりました。 お互い思い合っているけど、ピースが足りない感じで、、、ほんと、男と女って厄介だなと思いますね。 一度、工藤さん目線でストーリーを動かしてもらいたいですね…!

変われ! 東京 自由で、ゆるくて、閉じない都市

変われ! 東京 自由で、ゆるくて、閉じない都市 隈 研吾/清野 由美

 「明治以降、日本の近代化は西からやってくるということで、新橋駅は、まさしくその近代化の玄関口だったわけです。西志向は戦後の工業化社会で、太平洋と東海道を日本列島の産業の中心に考える志向に発展し、我々の間にさらに染み付いていきました。一方で東京では上野駅が長い間、近代的な発展から取り残されてきた東日本の終着駅だった。東北・上越新幹線が上野駅からさらに東京駅に乗り入れるようになったのは平成になってからで、その点も象徴的です。東北の貧しさというものは、近代以前から日本にとって大きな問題だったけれども、戦後、経済の発展を優先するということで、その問題をずっと抑圧し続けてきたわけでしょう。でも、東日本大震災3.11を機にその問題も含めて、東北に目が注がれるようになった。日本の中における東日本のポジションが、震災で変わった気がします。」p.212~213 隈は日本の硬直したシステムを「オオバコモデル」であるという。 「オオバコモデル」閉じたハコ、すなわち人工的な環境に人を閉じ込めること、閉じ込められることが「効率的」であるとされ、それが、「幸福」であるとも定義された。大都市の工場やオフィスビルはハコの典型であり、中でも超高層ビルは、それらのチャンピオンだった。人々は、電車やバスというハコに詰め込まれて、自然を破壊して建てた郊外のハコに帰る。その行動様式がポストペスト時代の生活のデフォルトになった。僕はこれを「オオバコモデル」と呼ぶ。実際のところ「オオバコモデル」は、今や少しも効率的ではなく、ストレスの原因でしかない。」p.11 高度経済成長期には確かにそのシステムは有効であったが、低成長少子高齢化社会では、 時代遅れになっている。更に世界的には「金融」や「IT」のような「オオバコ」ではない軽い産業が主流となりそのシステムからの脱却が進んだ。しかし日本では慣性力が強くいまだ古くなったモデルを引きづっている。 オオバコシステムからの脱却 コロナ禍はその節目になるかもしれない。息詰まるオオバコモデルに代わる新しい価値基準をどのように提示できるか建築家のみならず一人ひとりに問われている。 それにしてもタイトルはもう少しどうにかならなかったものだろうか。

愛したがりのメゾン 1

愛したがりのメゾン 1 里中実華

学校の寮に推薦で入れた男3人女3人 寮費も食費も何から何まで無料 ただし条件があって恋愛心理学のモニターになること 一年後にカップルになっていた人には賞金が 寮外に好きな人ができた場合は退寮すること 対象者が3人しかいないのは逆に選びにくい 賞金狙いじゃなければ別に恋愛しなくてもいいと思うけど なんかはちゃめちゃな寮だな