日本経済新聞出版社の本

EQトレーニング

EQトレーニング 高山直

EQは鍛えられ、向上できる 人生をよりよく生きるために、トレーニングに取り組んでいきたい。 2021.9.20読了

伸びる子どもは○○がすごい

伸びる子どもは○○がすごい 榎本博明

レジリエンスの話。欧米社会でほめる、と日本社会でほめる、の意味が違う(断片的に欧米の真似しても)であるとか、本来、日本の教育はEQの向上に適しているというのは、新たな気づき。新鮮な視点で日本と世界が比較されていて、勉強になる本。

VUCA 変化の時代を生き抜く7つの条件

VUCA 変化の時代を生き抜く7つの条件 柴田 彰/岡部 雅仁

大企業で勤めあげることだけが、目指すべき"幸せ"ではない今の時代で価値を持つキャリアとは? VUCAの時代に積むべき経験が書いてあり、今すぐ行動に移したくなるようなステップが盛りだくさん。キャリアについて漠然とした不安がある時に、また読み返してヒントを得たい。

山岡鉄舟

山岡鉄舟 小島英記

2019/4/30 信念と誠意があれば道は通じる。歴史を動かしている実体、共感。

他人の足を引っぱる男たち

他人の足を引っぱる男たち 河合薫

会社員の人間関係の苦労を知り、悩んでいる家族の事を少しでも理解するために読みました。色々な事例が出ていて参考になりました。

ビジュアル 働き方改革

ビジュアル 働き方改革 岡崎淳一

名前だけは知っていた働き方改革が少し分かった。今後どう変わるのか注意が必要そうだ。直接的に関係ない所もあるので、そういう所は必要な時に再読するようにしようと思う。

GAFA×BATH

GAFA×BATH 田中道昭

GAFA×BATH の概要を把握できる。 自分が知っていた中国はもう存在していないと気付かされる。 それぞれの戦い方を通して、今日本がすべき行動を改めて考えなければならないと感じた。 2020/05/21

31
超成長都市「福岡」の秘密

超成長都市「福岡」の秘密 石丸修平

都市創生に対する福岡の様々な取り組みや福岡の魅力が書かれて、なかなか参考になる内容だと思います。

働くことがイヤな人のための本

働くことがイヤな人のための本 中島義道

自分の中に閉じこもると、それはぐるぐる同じところを回るだけで、いっこうに進歩しない。病的な自己確信、病的な他人嫌悪、病的な世界恐怖というぐあいに進んでいく。そうならないためにも、自らの言葉を批判可能なバニラ晒すこと、他者とのコミュニケーションを通じて鍛えていく事が必要。

企業不祥事を防ぐ

企業不祥事を防ぐ 國廣正

多様性、インテグリティ、空気を読まない力がキーワード ルール違反ができない状況を作ることが大事 権力は腐敗する、絶対的権力は絶対に腐敗する

SDGs入門

SDGs入門 村上芽/渡辺 珠子

元旦のNHK番組のSDGs関連の特集を見て衝撃を受け、一地球人として、これから何ができるだろう?と思って購入。SDGs採択の背景から、各項目が日本ではどう問題なのかまで、一通り知ることができる。もちろん個人としてもだけど、組織の担当者向けにも、まず何から始めれば良いかも書かれており参考になりそうな一冊。

21