角川春樹事務所の本

童の神

童の神 今村翔吾

2020/07/25 読了 安倍晴明に源頼光、渡辺綱そして袴垂などなど平安時代のオールキャストが大集合❗️ まつろわぬ民の物語はやはり面白く、また涙を誘う。酒呑童子の正体は……。 三部作になるとか。楽しみだなぁ。

7tq3hmd7 normal7735f997 3879 4462 b098 45474928d55d7d4be142 4688 412a 9ad9 864f2178fb38
流星シネマ

流星シネマ 吉田篤弘

この人の話らしく、ゆっくりゆっくり進む感じですが、他の作品と比べると、動きや展開があり、まさに「映画が先にあり、そのノベライズ」のようでした。 まさに映画になってほしい本です。

5a342a50 af70 4047 92f2 775a77df958638aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21Icon user placeholder53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184F217e061 8321 473a bb2f 30bdd9bc1f0dIcon user placeholder 8
夜がどれほど暗くても

夜がどれほど暗くても 中山七里

中山七里デビュー10周年企画。12ヶ月連続刊行の第三弾。 今回はなんだかホッコリした。

菓子屋横丁月光荘 浮草の灯

菓子屋横丁月光荘 浮草の灯 ほしおさなえ

シリーズ2作目 川越の生活にだいぶ慣れた遠野守人 家の声が聞こえるのも相変わらずだけど 住み続けているからか 月光荘の声が聞こえるだけでなく会話もできるようになっている 人は悲しい時はちゃんと悲しまなければいけないと改めて思う 「大丈夫」という言葉が強がりでなく真実として言えるように

おやすみ、東京

おやすみ、東京 吉田篤弘

深夜の東京で働くタクシーの運転手や映画の小道具係や電話なんでも相談係や探偵たち。 あとがきによると、それぞれが1冊の本が書けるほどの背景を持つという魅力的な登場人物たち。 一見すると孤独にも思える彼らが、まるで星と星を結んで星座が出来上がるみたいに、きれいに繋がり幸せをつかむ物語は、眠りに入る前に読む大人のためのおとぎ話のようだった。

Eec1adb6 6135 41da 99ee 7f29daa9f3f8657cdc2f c4dc 4b18 b49e 93579b43d37d84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7F4e86bc3 ea3f 4736 93a2 c6c0d76cc0409fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a89453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9dDde3f0c0 1b88 4661 af9c e8f3111df388 15
なかなか暮れない夏の夕暮れ

なかなか暮れない夏の夕暮れ 江國香織

小説の中にある小説。 本から目を離した時には、自分が何故ここに居るのか、ここは何処なのか分からなくなる。 どんどん新しくなる江國香織さん。 だけど、どこか詩的な部分があるから、ずっと好きなままでいられる。 主人公の読んでる小説が差し込まれるので、構成が複雑になる分、読書家は共感できる部分が多いのでオススメです。

Dckc0uk4 normal18f9cba6 6736 41fb b0be f995ffdcfadf73b29d1b dab2 4ae0 a07e 170e1cc5755dCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184
店長がバカすぎて

店長がバカすぎて 早見和真

読み終わった後にとても気持ちがいい本! 毎日の生活で人に振り回されたり、辛く辞めたくなることがあっても それでも続けていくのは本当に本が好きで、偶然の巡り合わせがあるからなんだろうと感じた。 何度も葛藤していくところは人間味があり、 とても感情移入しやすく、のめり込んでしまう作品でした!

0a8059b9 46b3 447c 8827 9a40f45dd94cCf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b1752700a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f92059d17f79 7f83 44ff 8f88 ee91f4997832807d31b9 c6fe 41ba a710 9698452e5e656b5d05fc 88a6 499c 8b25 d866f0e683648511289b 8a2d 4fa4 8680 b8977f191636 81
救いの森

救いの森 小林由香

児童保護救済法が成立して、非常の時は児童救命士が子供達を救う。という世界で、新人児童救命士が成長していく話。4件の事件の物語。 長谷川を指導する新堂の機転により事件は解決し、長谷川はこの仕事の奥深さを学ぶ事になる。 「なにかを選択できる大人になるまで生きる事」その言葉が、これらの問題の根深さを語っているだろう。 長谷川と一緒に涙した。

1df6722b c5f1 4381 a6ef cad8155f68fd5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f9fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a8902513e45 bb49 4432 a93b 349f589f76a788ed35ad e897 42e2 a797 f2b9004e8599Be36368f 287b 4b67 9606 3b8972b2ff9b840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0 8
今日のハチミツ、あしたの私

今日のハチミツ、あしたの私 寺地はるな

2年間同棲した安西に連れていかれた故郷で彼の父親に結婚を反対された碧。 彼女は、中学生の頃に偶然出会ったハチミツを手掛かりに、頼る人もいない場所で自分の居場所を求めて孤軍奮闘する。 食べ物をテーマにした小説はどれも好きだ。 登場人物が何かしら食べていてくれると、心底安心して先を読むことができる。 拒食症に悩んだ碧の、どんな時も自分と、そして目の前の人にちゃんとしたものを作って食べさせようとする姿勢に共感を覚えた。 蜜蜂たちが懸命に集めた金色の恵みが、人間の寂しさや悲しみを癒す薬になる。 それは人間の毎日が、小さな自然の恵みによって支えられていることを再認識させてくれる。

08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ec6knkdwrq normal3c7689f7 aa01 4d6b 9051 386f4cf9b954Eb816203 c195 4d42 99c6 a4624202909d08a91a40 13fa 413a 9850 e1a47f6e03de20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520Icon user placeholder 35
蘇我の娘の古事記

蘇我の娘の古事記 周防柳

いつも思っていたが、平安や鎌倉、江戸などの時代小説は沢山あるのに、飛鳥時代や古墳時代のかつての言い方で言う大衆小説がないのは、やはりいろんな意味での英雄についての詳細な資料がないからなのだろうか。 そんななかで、この小説はうれしい。こういうのをNHK大河ドラマにすればいいのにね。

バー堂島

バー堂島 吉村喜彦

あまり口数の多くないマスターに、馴染みの常連さんがふらり、こんなバーが本当に中之島にあればいいのに。仕事に疲れた夜、梅田の方へ出かけた夕方、今日あの店に行こうと思ってしまうような場所。美しい夕焼けを反射するビルとビルの間に流れる川を眺めながらマスター特製の思いつきカクテルをいただきたい。マスターの抜群の選曲で流れる音楽とともに。

9fb37280 03c5 4882 9d53 8efeb56507b1Akiaivjyeuyp25rambwaC415a8f9 e461 40b8 80e0 f85c0cfd0715Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794Icon user placeholder
宇宙船の落ちた町

宇宙船の落ちた町 根本聡一郎

巨大な宇宙船が墜落してから10年、異星人たちが定着し始めた地方都市で人気アイドルと墜落した町に住んでいた青年が絡み合っていく、あらすじだけ見ると全く縁の無い小説に思えるが読後感は昔読んだ眉村卓さんの小説を彷彿とさせるかすかな希望を感じる。今日的な問題をいったんくぐらせ物語として提示することにより浸透度が増す。 小中学生ぐらいの子たちに読んでほしい。 「みなさん、あの落っこちてきた宇宙船に乗ってた奴らは、国から保護費とかいう金をたんまりもらっているんですよ。それで働く必要がないから、昼間からパチンコ屋やら外食やらで贅沢三昧なんです。納税者である我々はね、もっと怒らなくちゃダメなんですよ!」p.85  既視感…. 「『でもフーバー星人もいろいろだよな』芸能界で活躍し、多くの地球人に愛されているりさのような人物もいれば、地球人を標的にする過激派テロリストになっている人物もいる。その事実だけをとっても、一口に『宇宙人』とまとめて彼らについて語るのは無理があるように思えた。」p.137~138

3c3545be ef22 45e6 8e4b 1f3c15b85839733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaacAkiaivjyeuyp25rambwa
炎天夢 東京湾臨海署安積班

炎天夢 東京湾臨海署安積班 今野敏

刑事の考え方や捜査方法が年齢とともに変わっていき、違う人らが集まってる捜査だからこそ多角的に犯人を追いつめることができるんだ。

落日

落日 湊かなえ

母の圧、出来る姉、認めない親、嘘つく友だち..どこにでもあるから、つい読んでしまう

372ee6b3 520f 4938 940f ea7f5787d9e952d2fc50 f7e0 4c02 bc31 54a1c323ca11E7d6991d e90b 4a77 88e8 57092cd35a4eIcon user placeholderIcon user placeholder192e326e 9553 449c 8d20 cbd4c7398f9f8ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184 16
晩夏

晩夏 今野敏

ドラマ「ハンチョウ」の原作 重くもなく、読みやすい。

秋暮の五人 くらまし屋稼業

秋暮の五人 くらまし屋稼業 今村翔吾

第4弾。今回は踏み込んだ事件でありました。そして、進展しました。これからどの方向で終末に向かうのか楽しみです。