河出書房新社の本

オイディプスの刃

オイディプスの刃 赤江瀑

何人かの人々の死と、生きている人々の思い。 自分にとって、 本当にしなければならない、たったひとつのこととは何か。 中学生の時に初めて読んでから20年。 いまだにこれだと言い切れないまま生きている。 絶版が多かった赤江作品がここ数年復活してきていて、 本当に嬉しい限り。 他作品たちの復活も強く望む。

自生の夢

自生の夢 飛浩隆

2月11日朝8時半、将棋観戦の前、有楽町マリオンのカフェでコーヒーを飲みながら飛浩隆の本を読む。スローテンポの誰かの曲、少し離れた席のヨーロッパ風の男と髪の長い日本人女性の会話。コーヒー豆を挽く音。文庫本の文字が頭の中を埋めていく。『海の指』はスタニスワフ・レムのソラリスを思い浮かばせる。 あ、次第に客の数が増えて現実に引き戻されていく。読み始めると途端に飛浩隆の生と死と夢と幻の世界に引き込まれていくのに。

イチョウ奇跡の2億年史

イチョウ奇跡の2億年史 ピーター・クレイン/矢野真千子

装丁の美しさで手に取った本。かつては、世界中に生息し、繁栄を極めた後、氷河期には最後の一本となり、絶滅寸前まで、追い込まれる。その後、中国の山奥→日本の長崎→欧州、そして再び世界中に広がり、今日の繁栄にいたる歴史が、丁寧に描かれています。科学的な本ですが、イチョウと人の歴史書とも呼べる、奇跡の一冊です。

くらげが眠るまで

くらげが眠るまで 木皿泉

夫婦って素敵だ。おもしろくて、時に憎くて、やっぱり愛。いろんな夫婦のカタチがあるけれど、こんな夫婦の友達がいたらきっとたのしい。おもしろくて、ふいに現実的で、でも最後は感動。こんな人生なら、いいな。

改良

改良 遠野遥

美しさを求めるのは必ずしも女性の特権ではなく、女性の姿をすることが美しいと感じていて、それを求める私がいるのも別におかしいことではない。確かに、自分だって男に性器を触られたら勃起するだろうし、女に触られても然りだ。あるのはこう美しくありたいという願いだけで、そこに男も女も関係ない。性の多様性という問題は「男」と「女」という2つのカテゴリーから自由ではないが、この遠野遥『改良』で語られているのはすでにそれらのカテゴリーの軛から自由だ。 河出書房のつけた「ニヒリズムの極北」「困惑そして驚愕」という謳い文句が的を外れていることはなはだしい点は置いておいて、遠野遥が後半にかけてみせる筆の畳みかけよう、展開の作り方は大変興味深い。 それは明らかに全体を通して抑制が効いている語りであることを前提に、それでいて「カオリ」に対して一気に沸点に達し、多目的トイレではセリフを全く使わず緊張感を出させる。テンポが会話だというのはそうだけれど、人間は本当にシリアスな場面ではどちらかというと無口なほうかもしれない。

328ed07f fd1e 4a0b b315 5abba972a31aIcon user placeholderEf71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7b
約束された移動

約束された移動 小川洋子

世界の片隅で、そっと息をして、誰にも迷惑をかけず、自分だけのささやかな喜びのタネを胸に抱えてひっそり暮らすひと。 確かに存在するのに、自分から手を上げたり声をあげようとはしない、自分だけの王国を大切に守るひと。 そんなひとを描くのが小川洋子さんはうまい。

7fd25228 bb55 49bc 97aa 02cfb55e19b87d574782 709d 4e7e 877c 5b99bcb2cbd4A7b32b35 7dce 4914 8f24 baf42bf70d6eAa8cc867 abae 4564 b8f8 0e52121c82fe3c7689f7 aa01 4d6b 9051 386f4cf9b954Icon user placeholderF9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0 11
雑多なアルファベット

雑多なアルファベット エドワード・ゴーリー/柴田元幸

ABC順に書かれた26枚の箴言集。 豆本用に書かれたもので、絵のサイズは1.5×3センチくらいと、かなり小さい。 ヴィクトリア朝時代の教訓譚のパロディとなっていて、ゴーリーならではの諧謔と風刺に溢れた内容。 韻を踏んだテキスト(わずか二行)が楽しい。 これ訳すのは大変だったと思う。

失敬な招喚

失敬な招喚 エドワード・ゴーリー/柴田 元幸

悪魔の力を手に入れた女の皮肉な因果応報譚。韻を踏んだ訳だけでなく散文訳もあるのが有り難い。 表紙にも出て来る使い魔のベエルファゾール(ベルヘェゴール?)がカワイイ。

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと 花田菜々子

単行本で読み逃していたが、マイ書店の神奈川本コーナーにて文庫版が展開。何故神奈川?と思いきや読んで納得。なかなかにパンチのある出会い系で巡り合う人たちが面白い。 「しかしそれにしても。とりあえずセックスって言ってみるやつ。とりあえず結婚してるけど俺は問題ないって言ってくるやつ。とりあえず時間いっぱい手品とポエムの発表をするやつ。とりあえず年収5千万と突飛な嘘をつくやつ。こんな人ばかりのサイトなのか。もうめちゃくちゃじゃないか。めちゃくちゃすぎるだろう。」P.43 しかし読み進めていくとまともな出会いを求める人も多くいるし時代は変わった。 本書は本を媒介として一人の女性が別れから新しい道を見つけるまでの過程を綴った物語だ。 旦那さんと別れる場面でCKB「ある晴れた悲しい朝」が脳裏をよぎった。 「これで終わりかと思ったら、思わず涙がこぼれ出た。二人で暮らしたマンションが~」 そして雑貨のある書店が田舎臭いオタクショップに変容していく様子が辛い。

4ccd6c03 95e1 4905 995f 438b2c92c9d2F4e86bc3 ea3f 4736 93a2 c6c0d76cc0404916be49 74bf 4e25 9f77 54bb653d97ddPlcaddxg normal
呼吸をふわっと整える

呼吸をふわっと整える 片山洋次郎

呼吸が人の身体にどのような影響を与えるか、著者が自らの経験に基づいて解き明かす。生活の中で、こういう経験あるなということに、一つの答えを提示してくれる。古来から、養生法や武術で呼吸は重視されてきた。東洋においてはヨガや禅、太極拳、日本の古武術など。自分の呼吸を通して、自分の身体を操作する、相手との関係を作っていく。からだから心へ、心からからだへのサイクルの中で呼吸がどれくらい重要な位置を占めているか気づかせてくれる整体書。

F3aec797 3a68 4c8c ba6e c66c7e49ddd16afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc37339453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9dA0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304aIcon user placeholder3f512a0c 80d4 47bd a96f 234f2c3bd6b70023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c 13
トップナイフ

トップナイフ 林宏司

TVドラマ化 この本を読んでおくと主人公などの背景がわかるので、ドラマが分かりやすくなる。 ドラマ見るなら、早めに読んだ方が良いです。

荒木経惟

荒木経惟 

一見、破天荒な生き方をした人と思うけれど、アラーキーの撮る写真は愛と慈しみに溢れたスタンダードなものだ。作品集ではなく、彼の人間そのものを沢山の人が語る本。

狂瀾怒濤

狂瀾怒濤 エドワード・ゴーリー/柴田 元幸

スクランプ、ナイーラー、フィグバッシュ、フーグリブー、謎のキャラクター四人の不毛な戦いを描いた作品。キャラが超カワイイ。 まさかのゲームブック方式で何度でも楽しめます(笑

まったき動物園

まったき動物園 エドワード・ゴーリー/柴田元幸

壜の間に隠れるボガスロシュ、痙攣してバラバラになるエピトゥイー、なんでも溜め込むゴォジ。 気高くもなければ、美しくもないゴーリー ならでは、AからZまで26匹の幻獣図鑑。 これもアルファベットブックの一つだね。

0ff7a984 5d2a 4b67 85f6 fb173d574bb8Icon user placeholder
セロトニン

セロトニン ミシェル・ウエルベック/関口 涼子

エリートで外国人蔑視で…に途中で読むのをやめてしまうかも…。と思いきや、日本人の彼女が出てきて主人公の皮肉さがどんどん癖になってくる。 きっと主人公に奥底で共感や似たような部分を自分に見つける事ができたからと感じた。 関口涼子さんの翻訳が素晴らしい。 2019年フランスのベストセラー。

00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd104abdf7b3 adec 470f af59 d6c77e2bdea2E1f82eb1 b3d0 4ca0 bb5b 97d04042b6f83bf4db9a 7533 4c1c 8782 8c0734cfc662A7b32b35 7dce 4914 8f24 baf42bf70d6eBb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5 12