NHK出版の本

やまと尼寺 精進日記 2 ふたたびの年

やまと尼寺 精進日記 2 ふたたびの年 NHK「やまと尼寺精進日記」制作班

普段TVを見ない私は、NHKでこんな番組があることを知らなかった。たまたま図書室の利用者さんが他館所蔵のこの本を返却されたことで知った。 ふもとから徒歩で40分かかる奈良の山寺で暮らす女性3人の朗らかな顔。特に庵主さんのお顔はお地蔵さんのよう。四季折々を味わい尽くすこんな暮らし、ちょっとしてみたい。こちらは2冊目。

0a943c0e fdf8 4c9c baf7 8a10dca25c2106336804 0c03 46fe 9cbc 01f7d99feb679b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d
親の脳を癒やせば子どもの脳は変わる

親の脳を癒やせば子どもの脳は変わる 友田明美

自己肯定感が低い親。その親の、まず良いところを探して「褒める」。親自身を褒めて、ポジティブを連鎖させる。 マルトリートメントは奥が深い。杉山医師との対談は、その奥深さをしみじみ感じる。 トライ&エラーを繰返しながらも、地域で共同で子育てする仕組みと環境が必要。

暴走するネット広告

暴走するネット広告 NHK取材班

ネット広告の闇の側面に迫った一冊。 悪質なアフィリエイターによるフェイク広告。勝手にページが切り替わりインプレッションを稼ぐアドフラウド等、様々な手口を紹介。 これからは広告を見る側のリテラシーも問われそう。 広告をクリックして、反社会的な存在にお金を回しているのは、自分であるかもしれないわけだ。

E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3cEed2419f 2b1b 46e7 a20a 7a322cb7e9dc
クジラアタマの王様

クジラアタマの王様 伊坂幸太郎

面白い発想で、挿絵の意味もなるほどなぁと思った。きっと絵の部分があると無いとでは、この小説の捉え方や感想が変わってくると思う。 にしても、実験的な小説であるとは思う。 伊坂幸太郎さんが、また新しい実験小説を書いたという感覚を受けた。

7735f997 3879 4462 b098 45474928d55dIcon user placeholderCf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b175276851326a c00d 4609 9a4a 0134bb54f44bIcon user placeholderFefedcb5 011a 481e 90e8 c85bf185f6288210e25f d30f 4927 97af a6cd3a0c31e8 27
バシレウス

バシレウス 塚本青史

中華統一の物語。 呂不韋。秦の公子嬴異人(始皇帝の父)を人質から救い出し、王位につけた大商人の伝。 商人の目からの秦国の成り立ちの様子を描いている。 アレクサンドロスの血脈が、語られている。 有名な人物やお話があったので飽きることはなかったが、それなりに頑張って読んだって感じです。 「キングダム」読まないと!

発現

発現 阿部智里

ホラー仕立てなんだけれど、ホラーじゃない。 新しい視点からの作品だと思います。 過去と現在が重なり合い、仮説を描いていく。 人が殺し合う戦争ってなんなのか、改めて考えさせられました。昨今戦争が歴史になってしまっている気がしますが、決して昔の話ではなく伝承されるべきものだと思いました。 ページ数がもっと多くても良かったような気がします。

366a4fa9 31cb 4a42 a38e 2874ba675856A1db962e dcd5 4b3c a3cb 41158eb4e2a822b93b3d 6b7f 40af ad82 958cf1919c4f979bd244 2fb4 49e2 a60d 5100edc9f157533fd91e 903b 4ff6 bc8a fb0fb706323bC185b318 7834 49ce bbf1 898607cc0fb1B5e9b87d c16c 4f73 a605 d03cfa1bec86 12
発現

発現 阿部智里

戦後と現代と二つのストーリーが、実態のないものによって、繋がる。 戦争体験者とその家族の悲しい話。 個人の感想としては、阿倍智里さんの八咫烏シリーズは面白かったけど、これはそれほどでもなかった。

酒場歳時記

酒場歳時記 吉田類

良い酒場をみわけるポイントは『使い込まれた旧さや清潔感』。立呑みに行きたくなる。

壱人両名

壱人両名 尾脇秀和

日本史の授業で江戸時代の身分制度、それも百姓の扱いがどうにも腑に落ちず。そういうことにはしつこいのでこういう本はどうしても手にとってしまう。なぜ腑に落ちなかったのかというと、百姓はあくまで収奪されるだけの存在、という教わり方をしたわけだが一方で公事宿というものがあったと。それは地方から裁判を受けに来たものが泊まる宿だとも教わって…本当に虐げられているだけの惨めな存在であれば裁判に訴えることなどできないはず…どうも日教組のマルクス主義的なフィルターがかかった教育を受けたのでは、という思いがあって…と前置きがかなり長くなったのだけどこれはタイトルどおり、江戸時代には二重三重に身分を持っていた、農民であり商人であり時には武士である、という人がかなりの数いたのだ、という内容。かなり地味な江戸時代の裁判記録や土地の売買の証書などを丹念に調べて検証してありかなり興味深い内容であった。江戸時代の農村支配(支配という言葉の意味合いも現代とは少しく異なるのだ)の実態なども詳しく解説されていて興味深かった。そもそも極端な格差社会であればあれほど長く徳川幕府も保たなかったとも思うし、我々の先祖が考えられているより少し自由に生きていた、と思えるのは少し気分が良かったりします。

時間は存在しない

時間は存在しない カルロ・ロヴェッリ/冨永 星

夢にまでみたSFの世界が、実は現実に存在していたかのようなワクワクした気持ちになりました。 初歩的なことなんでしょうが、時間って、場所や高さが違うと流れる速さが違うという冒頭ですでに衝撃を受けました。 読み進めていくと、筆者の言う-時間は存在しない-の理由がわかって納得。

Icon user placeholderB5965c1b a1bf 4e40 81bc 4c39adefb19475e05375 99d6 43a8 9717 6f92deb748acA7b32b35 7dce 4914 8f24 baf42bf70d6eAaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cd84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690C8104445 23b8 4952 9a19 c472cbf7a0d9 21
「いいね!」戦争

「いいね!」戦争 P・W・シンガー/エマーソン・T・ブルッキング

SNSが政治や戦争に及ぼしている影響を軍事研究家がまとめたもの。SNSを日々使っている者としては目を通しておくべき内容かと思い手にとってみた。前半の1/3くらいはインターネットの誕生とSNSの生い立ちについてまとめられているのだがこれがかなりコンパクトで分かりやすく良かった。中盤以降がSNSがいかに「悪用」されているかの実例で、ISISのSNS活用、ロシアによる情報操作とアメリカ大統領選に及ぼした影響、同じくロシアによるウクライナ紛争、インドの大規模テロにおけるSNS活用、メキシコの麻薬戦争におけるSNS活用などがこれでもか、と列挙されている。フェイクニュース、それも怒りを駆り立てる情報は真実の報道よりはるかに早く広がる、という指摘が悲しい。何気なくいいねやシェアをすることで知らないうちに我々のような一般人も戦争行為に加担してしまう可能性がある、という指摘が怖い。SNSが生まれてから実はそんなに日が経っておらず、その意味では規制なども考えられていくだろう、ということだが我々自身も気をつけなければならない、ということが分かった。それにしても透明性を気にしない国家、要はロシアと中国のことだが、のITの「悪用」の上手さはちょっと驚くほど。ロシアの活用した4つのD(批判を一蹴「dismiss」、事実を歪曲「distort」し本題から目をそらさせ「distract」、聴衆を動揺させる「dismay」)が新たなSNS時代の戦争行為における文法であり戦略であるのだそうだ。しかしいろいろな事例を解説、分析しつつもよくある規制を強化せよ、みたいな文脈にならないところはやはりアメリカの研究者だからか。なにげに使っているSNSだけれども気をつけなければいけない、と分かった。ためになりかつ面白い作品だった。

8fccfba6 78fc 477f a546 a3125957caa1Ed9a905c 01a3 4081 8aea 80999174d7fc20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a5205aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beEad79813 55bc 42b8 9354 716e42d497a8A3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb06E72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59e 8
55歳からの時間管理術

55歳からの時間管理術 齋藤孝

まだ少し先かなと思って読みましたが、将来を見越して今の時間を大切に過ごしたいという気持ちになりました。

9ec7b33e 47f1 459f ab9e a51413d55b38566582a3 d526 4a43 a87a 1ae5380ae684
いだてん 前編

いだてん 前編 宮藤官九郎

今年の大河ドラマが何倍も楽しめ、 来年のオリンピックが待ち遠しくなるに違いない一冊! 制作者や豪華出演者の物語に挑む熱い意気込みと、日本人のオリンピックにかけた歴史。 そして、この本の表紙にもなっている「いだてん」のポスターに込められた想い。 知りたくない?