理論社の本

ノホホンむらのねこたち

ノホホンむらのねこたち さとうあや

ノホホンむらに住みたーい! 作者のさとうあやさんは、神奈川県・相模原市緑区(旧藤野町)在住。 ノホホンむらは、旧藤野町がモデルなのかな? ノホホンむらに引っ越してきたノアールくんがご近所さんにご挨拶に行くと、美味しいものを作ったり、面白いことをしているねこたちと出会います。 旧藤野町は、地元の資源を使って地域や人をつなげる持続可能な社会=トランジション・タウンをめざしている地区でもある、と書いてありました。旧藤野町のことは、話には聞いたことがありましたが、いいよねー。

太陽の子

太陽の子 灰谷健次郎

もう一度読み返したい 戦争経験者の優しいおとうちゃんが自殺するシーンが頭に残っているけど、ほんとうか?

ホームランを打ったことのない君に

ホームランを打ったことのない君に 長谷川集平

男二人がどうすれば野球の試合でホームランを打てるかを語り合う絵本。男二人の内、少年の方は試合でホームランを狙って結果を出せず、もうひとりの少年と仲が良い社会人の男は高校野球でレギュラー経験があり、少年にどうすればホームランを打てるかを語るが、その男もホームランはまだ打ったことはないと。話を聞いたあと少年は「ぼくは神に選ばれてない気がする」とへこんでしまいますが、社会人の男が少年を励まして、どっちが先にホームランを打てるかを競争しようと提案します。ホームランというゴールにたどりついていないのですが、この絵本は男と男の友情を書いてるなと。

温かなお皿

温かなお皿 江國香織

どの話を読んでも、お気に入りになってしまう。 そんな一冊だった。 江國香織さんの本の中で特に好きなものは?と聞かれたら、わたしはこの本のことを話すと思う。

Icon user placeholderD47491b1 218f 4ca5 9af4 d3e071bdf79eEee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec90458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9
はるかニライ・カナイ

はるかニライ・カナイ 灰谷健次郎

沖縄に生きる人たちのようすが終始描かれています。大人たちは必死に生き、自らの哲学をもって子どもたちに語りかけます。そして子どもたちは無邪気に、ひやりとする傲慢なことを言ったり、賢しくなってみたり、していて可愛くないようすもあります。 心のまま振る舞って空まわり、素直でないのが子どもだし、大人が求める素直がわからないの子を可愛らしく思う私は、可愛くないことを言う子どもたちに共感します。灰谷健次郎先生…さすがです。 人として、大切にしたいものを確認できる本です。

水の森の秘密―こそあどの森の物語〈12〉

水の森の秘密―こそあどの森の物語〈12〉 岡田淳

ついにこそあどの森シリーズが完結してしまった。 説明するのが難しい。 私にとって1番大切な物語であることは間違いない。 本当に不思議なくらい穏やかな世界がこの中にある。 この本を読んでいるとき、私は「隠れている」という気持ちになる。こそあどの森が、現実から私を匿ってくれているというか。 この本以外ではどこでも経験できないような気持ちになる。うまく説明ができない。 一生手放せない物語。

Icon user placeholder2467a6d8 216f 4260 a4de a66984d5e2db
裏庭

裏庭 梨木香歩

10/2018 移動図書館 数々の教訓が、優しい言葉でそこここに散りばめられている 梨木さんのファンタジーは抵抗なく心にすっと入ってくる ずっと手元に置いておきたい一冊

Icon user placeholderEf71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7bF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c7973524b838 24b3 4f4d abaf e21b9fdcda836963a6a1 5669 4fab aa57 70bade0873b12f2616b0 e8b8 4016 b299 a4c5aaaee63a1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 8
天狗ノオト

天狗ノオト 田中彩子

読み応え十分な良作。 何がテーマという感じもしないけど、引き込まれる重たさがあった。 大人と子どもとか、自然との関わりとか、伝承とか、歴史から続く今であることとか、目に見えないものに対する価値観とか、偏見とか、人間関係のすれ違いとか。 そういう、普段すぐに忘れてしまいそうな、でも実は大事なことがたくさん詰まってる感じ。 子どもの目線から見たそれぞれが、大事なところだけ凝縮されたような。 あっと思わされることが多いお話だった。

まつりちゃん

まつりちゃん 岩瀬成子

2018/01/11 まつりちゃんについてのお話。 暖かくて、幸せな短編集。