文藝春秋の本

風に恋う

風に恋う 額賀澪

死ぬ時は、この本のことを思い出したい。

県警VS暴力団 刑事が見たヤクザの真実

県警VS暴力団 刑事が見たヤクザの真実 藪正孝

タイトルだけで衝動買いしてしまった。 元福岡県警で暴力団担当を長く務めた元刑事が語るリアルな話が満載。実直な人らしく派手な記述はなどちらかというと地味な語り口だけにむしろ迫力があるような気がした。福岡の暴力団というと北九州市の工藤會が有名で本作も彼らとの長い戦いが訥々と語られているわけだが伏字も多く正直なところすこし読み難い。工藤會というと一般人にも容赦なく暴力を振るう凶悪な団体というイメージだがその印象は正しく本当にめちゃくちゃ。ヤクザはだいたい仁侠団体を名乗るが仁侠などではなく自分たちの利益を追求するだけのただの犯罪者集団である、というのが作者の主張、ただし言わばプロの犯罪者集団であるためにそれなりの対処の方法がある、というのが本作の内容。 日々このような脅威と戦い続けてくれている人たちには本当に頭が下がる思いがした。ともすればかっこいい存在として暴力団を賛美するような作品があったりするけどもとんでもないとも思った。そして個人的には世界広しといえども犯罪集団が堂々と看板出して事務所構えているのって日本だけでは…という気もした。その辺の掘り下げももしかしたら面白いかもしれないと思った。

ひみつのダイアリー

ひみつのダイアリー みうらじゅん

よくもまぁこれだけくだらないエロ話が毎回出てくるものだなぁと思って読みました(笑) 読んで数分後には内容を思い出せない、毒にも薬にもならない、何も考えずに読める、アニメのサザエさん的な感じです。

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder3ad5edaf 2c78 40ec bb27 c54fdb4821a0
猫を棄てる 父親について語るとき

猫を棄てる 父親について語るとき 村上春樹

先ず装丁と挿絵がとても素敵。 内容は村上さんがこれまで詳しく語って来られなかった父親のことについて。幼少期の父との鮮明な記憶から話が始まり、父があまり語らなかった、父の学生時代、徴兵された時のことなど、彼の生きた人生について、調べて分かったことも含めて淡々と語られている。 読後、なんだかぼんやりと心が温かくなった。

239a838e a03e 4a6e ac21 c22db90a5f22Icon user placeholderB9d63c5e 6d78 4ace b8d0 42d089dfc3f4Icon user placeholder0a4cdb9a a4a5 460b afd2 d3146b4f406aD47c5f3d 92f7 47dd 892a f8510c60b4c5775a2c10 c78d 471c b1d7 2b3f1080df38 56
罪人の選択

罪人の選択 貴志祐介

この作者が未来を描くとは思ってなかった。コロナ禍を踏まえるが如しの不気味な未来を誰が否定できるのか。

国家と道徳 令和新時代の日本へ

国家と道徳 令和新時代の日本へ 廣池幹堂

櫻井よしこさん推薦という帯に惹かれて買いました。 これまで国家や天皇について考えたことはあまりありませんでしたが、本屋でふと目に留まり、この機会に日本人として最低限持っておくべき、国や天皇についての理解を深めようと、読んでみました。 推薦文の通り、爽やかで丁寧な言葉で綴られた読みやすい本です。

銀の猫

銀の猫 朝井まかて

2020/04/24 読了 「介抱人」お咲きの物語。現代の問題である介護を江戸の人情ものとして描写。短編連作でサラリと読める。

ウェイティング・バー

ウェイティング・バー 林真理子

女性が男性との関わりにおいて心に秘める本音や、自分の目的を達成するためにつく嘘、裏切りなどを書いた短編10作を集めた本。 短編である為か、林真理子が得意とする上質などろどろは不足するが、身近にいる女性たちが陰で思ってそう、やってそうなことが描かれており、ある意味よりリアルでどろどろしているとも言える。 身綺麗な女性ほど、本当に何してるか分からないものだな、女性とはやはり賢い、と改めて思わせてくれる短編集。

サロメ

サロメ 原田マハ

オーブリー・ビアズリーを知らなかったので、知れてよかった。原田マハさんの本は『楽園のカンヴァス』以来、二冊目。美術史の仮説をドラマ化する手法が、特徴かと思われるが、その他の本ではそんなことないのかもしれない。

263de246b02f8afb24e46ef497c4beef normalC715a1c6 849c 4247 b7a3 64506fe55483018b83c5 0668 4ed4 8ea9 38aff4a710bfC33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3b0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a
遊王 徳川家斉

遊王 徳川家斉 岡崎守恭

 260年余の江戸時代の内50年は11代将軍家斉の時代だったとは知りませんでした。  色々問題はあるものの平和ではある昭和・平成・令和に生きられる幸せを再確認しました。  彼に特別な英雄譚はありませんが、寛容で器の大きな姿勢は流石将軍です。

まるごと 腐女子のつづ井さん

まるごと 腐女子のつづ井さん つづ井

一気読みした。わたしはオタクじゃないけれど、女子校出身なので周囲にオタクが多く、僭越ながら「(わかる…)」となる場面が多かった。

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacCd478bcf 897e 4c70 974c 0b4c6067e818Urv34hpr normalBdf678d1 b551 41f9 ba52 3f22adb5775e
悲しみの秘義

悲しみの秘義 若松英輔

大切な人を喪うということについて。死について。さまざまな名著から読み説く悲しみ。俵万智さんの解説もよい。

注文の多い料理小説集

注文の多い料理小説集 柚木 麻子/伊吹 有喜

おもしろかった。料理がテーマのアンソロジー。作家7人。こういう形式好き。 特に『夏も近づく』『どっしりふわふわ』が好みの話だった。逆に『味のわからない男』は合わなかったので、自分にとって料理は幸福な記憶なのだなぁと思った。 料理がテーマだけど、料理が主体というよりは料理にまつわる人間関係というか、生活、暮らしには料理が共にある、という距離感で、読んでてお腹が空いてつらい、という思いをせずに済んだ。

Icon user placeholder3c54a823 0492 4b6f a0b2 8583d7d96333C715a1c6 849c 4247 b7a3 64506fe55483
くちなし

くちなし 彩瀬まる

とんでもない本だ。 11ページ目の展開に 心の中でギャーと、 叫んだ。玄人向け。

92a74c15 b62c 414d 8546 6351ea43f7f53c54a823 0492 4b6f a0b2 8583d7d96333
出会いなおし

出会いなおし 森絵都

また再び読書を再開。森絵都さんの小説はやっぱりおもしろい。 角田光代さんの「対岸の彼女」を以前読んだ。文庫本の解説を森さんが書いておられたが、「出会いなおし」について確か触れていたと記憶している。「出会いなおし」が気に入った方はぜひ「対岸の彼女」も読んで欲しい。 時間、記憶。それらを通して、私たちは説明しがたい経験と偶発的に出会いなおすことがある。いや、出会いなおすことができるのだ。生きる希望の物語だった。 2020.4.29

345a3cfb 0dc3 4591 91a5 dc5380e62d3884bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7Icon user placeholder01b18cd2 7590 4c5a 91df e503f59adf1eIcon user placeholder00cc7125 59bd 4db7 be12 3061041fbd2766caf9bf 6223 40e6 b36e 71953450cae9 90
殺し屋、続けてます。

殺し屋、続けてます。 石持浅海

シリーズ2作目 7話からなる連作短編集 今回は別の殺し屋も出てきて お互い会ったことはないが存在だけはなんとなく気付いてる 2人の共通点は互いに殺し屋稼業が本業ではなく その副業を知っている普通の恋人がいること 恋人が殺し屋ってどうなんだろう 人を仕事として殺してるってことだけど 犯罪者が犯す殺人と何が違うのか まあ頼めるのは 金持ちだけだけど