あかね書房の本

たたくとぽん改訂新版

たたくとぽん改訂新版 寺村輝夫/和歌山静子

卵を叩くとひよこが出てきて、ニワトリになって、さらにひよこがたくさん生まれて、最後には空に昇って月になるっていう終わり方がかなりファンタジーな作品。 優しいタッチの絵で、色使いも優しいです。 簡単な文書も出てきます。 A5サイズの小さめの絵本。 理解できるには2歳ぐらいになってからだと思います。

ふうたのほしまつり

ふうたのほしまつり あまんきみこ

兄想いの妹、妹想いの兄、二人を想うふうた。 二人を助けるためにふうたは走り出す。 みーんながハッピーエンドで良かった。 こころが癒されるお話でした。

霧のなかの白い犬

霧のなかの白い犬 アン・ブース

善と悪をはっきり分ける事なんて、出来ないんだって事を学ぶ子ども達。 善と悪を分ける大人になる事は、ナチスにつながるという話。

開運えほん

開運えほん かんべあやこ

おとなになっても知らない お正月かんれんのひみつを はなちゃんと一緒に学べて おともだちと仲直りできる ありがた〜い!開運えほん としがみさま ばんざーい♪

わかったさんのプリン

わかったさんのプリン 寺村輝夫

わかったさんシリーズ大好きでよく読んでいました。 お砂糖の砂漠や牛乳の川。 なかでもアイスクリームとこのプリンが好きで何度も読んでボロボロになった。

つりばしゆらゆら

つりばしゆらゆら もりやまみやこ

まだ会ったことのないあの子。旅人の話で聞いただけのあの子。ゆらゆらゆれる、つりばしの向こうにいるあの子。 会ってみたい、話してみたい。 でも、ゆれるつりばしは、 ちょっぴり、こわい。 ゆれる気持ちと、ゆれるつりばし。 風の音、葉ずれの音、渓流の音がきこえてくるような挿絵がとても好きです。

ぞくぞく村の小鬼のゴブリン

ぞくぞく村の小鬼のゴブリン 末吉暁子

冬休み読書⑦ ぞくぞく村シリーズ。 小学校図書室にはシリーズものが多いなぁ。 7つ子を育てるゴブリン夫婦。 7人も子どもがいてはやってられないということでベビーシッターさんを探す。 まあ、7人もいたらしんどすぎるよねぇ。 この間、誰かが子どもは11人欲しいとか言ってたけど、1人育ててからそれを言ってみろ!って話だわなぁ。

ハンカチの上の花畑

ハンカチの上の花畑 安房直子

途中、すこし怖くなってドキドキしました。 不思議なお話…。 菊酒って飲んだことないなぁ。

千本松原

千本松原 岸武雄

江戸幕府の政治の裏側。歴史が生き生きと見えてくる本。

わかったさんのクッキー

わかったさんのクッキー 寺村輝夫

小学生の頃に読んでました。「こまったさん」シリーズと一緒に「わかったさん」シリーズも大好きでした。

A4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b27cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa576dc1a04 7c76 4619 a956 ab607eecbd22