KADOKAWA/角川書店の本

先導者

先導者 小杉英了

表紙絵の通り って感じでしたね アニメなら良いかも。 ホラー大賞の作品怖くない、怖いの読みたい。

片桐酒店の副業

片桐酒店の副業 徳永圭

不思議な物語だった。 片桐がなぜ副業を始めたのか? 何に苦しんでるのか? よく分からなかった。 お話としては、面白くて、どんどん読み進めることができたので、読み飛ばしてしまったのかも。

425cdc95 0114 4195 b328 7c175935f06d54e868e7 3ea2 48d3 9a0f 5542f5ceb6ca
記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞

記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞 門田隆将

2011年3月11日 24歳の1人の青年が職務中に津波に攫われ、彼は還らぬ人となった。 彼は津波に攫われる直前まで、避難誘導をしていた。 彼は、福島民友新聞という地方紙の新聞記者。それも地震、津波。原発事故という三重苦に今もまだ晒されている双葉郡を含む相双(そうそう)地区と呼ばれる場所の新進気鋭の若手だった。 これは、福島民友新聞社相双地区の記者たちが直面した真実。 この書籍の存在は知っていた。いつか読みたいと思っていた。あの日の光景をきちんと知っておきたいと。発行は震災から三年後、その時はまだ、読めずにいた。あまりにも辛すぎた。心の傷は時間が治してくれる。それでも、時間が短すぎる。だが、あれから7年たった。当時小学生だった子は中学校、高校、大学へと進学し、また社会人として新たな生活をスタートさせているし、その年に生まれた子供は小学校へ入学している。それだけ年月がたっているのだ。 いまなら、読めるだろうと感じた。確かに読めた。それでもあの当時感じた恐怖や悲しみや苦しみや感謝から自然に湧き上がる涙は取められない。 フクシマは危ないとか危険とかただ漠然とした感情だけで、いまの福島を訪れたこともない、住んだこともない。原発事故後に福島が県をあげてどのように取り組みを始めたかを知りもせず、一部しか報道されないことが全てだと、だだ周りの情報に踊らされている人たちすべてに、己の恐怖や痛みと向き合いながらそれでも真実を伝えようとしている人たちがいる事を知ってもらいたい。

redjuice画集 REDBOX

redjuice画集 REDBOX redjuice

アニメ 「ギルティクラウン」や EGOISTのジャケットなどを手掛けている人の画集

改訂・携帯版 日本妖怪大事典

改訂・携帯版 日本妖怪大事典 村上健司

日本の妖怪について知りたかったらとりあえずこれがあれば安心といいような一冊。インデックスになっているので知りたい妖怪について調べるのもよし、最初から読んでこんな名前の妖怪もいるんだと知るもよし。妖怪欲を満たすのにうってつけの一冊。

59cbeb2b a74b 49f6 ac0d bb8d8e0ffc2671dbc460 3961 49ff 9cd5 df04b18836e1
ドッグファイト

ドッグファイト 楡周平

ヤマト運輸vsアマゾンにしか見えないことで話題のこちらの小説は、ローカルvsグローバルのお話でもある。 近年いろんな意味で注目されるようになった運送業界。 「ネット通販はどんどん伸びるだろうし、大手通販サイトの配送をたくさん請けてる会社は右肩上がりじゃない?そんなに余裕がないの?」と思ってた。 そして、この小説の序盤〜中盤で、運送業の厳しい現状を知るのでした。 ネット通販が伸びても運送業の利益が伸びるとは限らないのですね・・・。涙 全世界に通販サイトを展開するグローバル企業「スイフト」に食い尽くされそうになった、日本の最大手運送会社「コンゴウ陸送」の逆襲というストーリーですが、その逆襲の手段というのが、いい企画のお手本のような、明快で強いアイデア。ウィン&ウィン&ウィン&ウィンな。 任天堂の有名な方が(宮本さんだったと思う)アイデアとは何か?と聞かれたインタビューのとき 「複数の課題をまとめて解決できるもの」と答えてましたが、まさにそんな感じです。 商店はスーパーに勝てなかった。 スーパーはネット通販に勝てなかった。 そして、そんなネット通販が、アイデア一つで商店に敗れる・・・。時代の流れって面白い。 トラックで荷物を届ける仕事って簡単に思ってたのですが、本質は「移動の代行」なんですよね。 大きい荷台にいっぱい荷物を積んだ長距離ドライバーというイメージがあって、表層的なイメージに囚われると、なかなかアイデアが浮かばないものですね。 このサービスがなぜ現実にないのかわかりませんが、もしあったら使ってみたい。 というのも、家から自転車で15分の八百屋さんが安くて、品揃えよくて、野菜の質もいいんですよね・・・頑張って自転車こいでますけど・・・。もちろん車なんてない。 「1500円くらいで、おすすめの野菜を適当に詰め合わせてください」なんてざっくりした注文もできたら最高だな。

26136d2c 579f 4cf2 b560 eeb46aff32e5458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2
パイナップルの彼方

パイナップルの彼方 山本文緒

女友達三人の何気ない、すぐそこにありそうな日常が書かれています。 自由とは、幸せとは。 考えされられます。

3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eD13ac351 6a8b 4f23 ae40 0869116ee6c000a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f92038aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21Icon user placeholderF2e7a8ae 3929 4a40 aaf5 ad91a20299ed9922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f4 8
かなしみの場所

かなしみの場所 大島真寿美

ずっと放置していた本、ようやく読了。 大島作品は設定が現実離れしているものも多く、これもその部類かもしれない。 でも一貫しているのは「生」。「死」ではなく。今の自分には穏やかに響いたお話。

わが家は祇園の拝み屋さん

わが家は祇園の拝み屋さん 望月麻衣

受験を控えた中学3年生の小春はある理由から家に引きこもり学校へ行けなくなった 京都で和雑貨店を営む祖母のもとで住み込みの手伝いをすることになり和菓子職人の叔父を含めた3人の生活が始まる そんな中 祖母の秘密を知ることとなる 何故学校へ行けなくなったのか 口に出して言えたなら 楽になれたと思うけど 辛い日々を送っている時の祖母からの誘いは絶対よかったと思う 龍神の若宮を味方にできたのは 今後の小春にとっていい状況だし 京都にいる間は自分だけじゃないって思えるから少しずつ今の自分っていうものを受け入れていけるんじゃないだろうか

Icon user placeholderMaoyopgb normal5b52e9c6 6002 4761 9087 577488f39c69Ec37528d 257e 4d6c 8430 bd2551697f889886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00cIcon user placeholder
ココロのはなし

ココロのはなし 堂本剛

生きていくうえで こんな考え方もあるのか‥ 自分はまだまだだな‥とか 私はわたしで頑張らないと! とか思い とても素敵なお話ばかりでした

代償

代償 伊岡瞬

嫌な気持ちになる本でした。しかし、読み始めると最後まで読まないと…スッキリ終わってほしくてと読み進めていきました。そういう点では面白かったのだと思います。 個人的には、もっとスッキリ終わってほしかったです。

Icon user placeholder7ab70a39 2f5a 4d40 8541 11948f1808932a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269cEb4efb3a 7016 434c b55c 9e8b88e762640a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce48878da00 00f9 4f14 aaec eca7195cf316037272b4 36ec 4d4e 8986 1219f151b450 23
花戦さ

花戦さ 鬼塚忠

2017.10.読了(Kindle)

Fdcb1174 2da0 4636 94e3 92013ef3f4c3Icon user placeholder330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f
いのちの食べかた

いのちの食べかた 森達也

とてもわかりやすい文章でしたよ。 最初は肉や食べ物の話が中心で、表紙のイラスト通りの内容かと思いきや、日本の歴史が充分に盛り込まれた1冊になっていました。 話が二転三転して落ち着くところに落ち着く様になっています。

5af2c87c 0908 42f4 878a 9aad6f4b33f479887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7
なぞとき紙芝居

なぞとき紙芝居 中村ふみ

心霊現象にまつわる現象を、霊感ゼロでお人好しの耕助さんが、隠れた物語を洞察し、解決していくお話。ホラーでも推理小説でもない、ほわっと癒される物語でした。

GIVER 復讐の贈与者

GIVER 復讐の贈与者 日野草

なかなか面白かった。主人公はいわゆるサイコパスで、復讐代行業者としていろいろなケースに携わるんだけど、主人公が最強すぎて誰も敵わない、、、設定はけっこうラノベくさくてこじらせ感ましましですが、話の展開やどんでん返しが面白く、ザザッと読めました。頼む!映画化はやめてくれ!作りやすいからこそやめてくれ!!

2002f773 5151 4dc0 911a 27baa2be94e49a70dc5e 3fd3 4a4a b892 c5d2960da9fb0ae2b6dd e217 4880 8508 2f16c668ccf715fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c8165284f 4c81 455d 9213 56f285858deaBf719c97 25e8 431f 9a38 8c6225101db8
猫鳴小路のおそろし屋

猫鳴小路のおそろし屋 風野真知雄

失礼な感想かもしれないですが、連載打ち切り作品のような、作品運びで、残念な感じがします。ぜひとも続編を読みたいですが‥‥‥