角川SSコミュニケーションズの本

自民党で選挙と議員をやりました

自民党で選挙と議員をやりました 山内和彦

ひょんな事から自民党から選挙に出る事になった、とある人(40歳男、東大卒、切手コイン商)の目を通して語られる、選挙、政治、議員生活、等をかなり柔らかい口調で説明した本です。 もう少し細かな観察や、もう少し深い考察もあって良かったかな?とも思いましたが、暇つぶしとして選んで読んだ割合としては面白かったです。が、特に大きく「知られざる事実!」は無かったです。私も決して政治や議員さんたちに興味がある方ではありませんが。最近のテレビニュース等でも拾える知識ではありますが、「自民党」という大きな組織に1度は入ったからこその視線がもう少し強く(認めるなり、批判するなり)出しても良かったかなと。 著者 山内和彦さんに最初に電話で「選挙の公募」の話しが来る辺りがもう既に普通の人ではないと私個人は感じました。心の何処かで政治家を志した事のある(そう、巻末近くに心情を吐露する部分があります)からこそ、何処かで政治活動に携わった事があったからの電話であったはずですから。著者のドキュメンタリー映画に対する少しだけの不満を同じ様に(私はまだ見てないので批判する立場にさえないのですが、この本を読んだ一読者の感想とお思い下さい)著者に感じます、仕方なく、本として面白い部分を持ってこざる得ないのではないかと。ドキュメンタリー映画と、同じ様に、文書にする部分、臭わせる部分、文章にしない部分を作らざる得ない様に、編集テクニックにより、ある特定の方向から 見やすく する事もあります。あとは読者や視聴者の判断ですから。ドキュメンタリーが真実ではないですから。リテラシーの話しですよね。 そんな所に興味がある方などに、オススメ致します。 2007年 12月