井上謙治の訳書

大工よ、屋根の梁を高く上げよ/シーモア-序章

大工よ、屋根の梁を高く上げよ/シーモア-序章 J.D. サリンジャー

死んでしまった人に対して、残された人は何が出来るんだろうか? 懸命にシーモアの物語を綴ろうとしているバディ。 けれど、二人の世界には誰も立ち入ることはできない。 読者であるぼくたちに出来ることは、バディを通じて謎めいたシーモアの幻想をみるだけだ。 神童だったシーモア。 日本と中国の詩に傾倒したシーモア。 結婚式に現れないシーモア。 バディが、フラニーが、ゾーイが、ブーブーがそれぞれにシーモアの死を受け止めている。 まったく、バナナフィッシュにうってつけの日に こめかみを打ち抜くような洒落た男は、彼以外に現れないんだろうな。 だからこそ一度でいいから会ってみたい。 不思議な魅力を感じたい。 もう書かれることのないグラース家の物語に思いを馳せて、急いで。急いで。ゆっくりと。

2f03f0ee 01e5 488f a672 739879ca6212Icon user placeholderEd96a8ea fdb4 460d 84c0 328e7091e1f898d9c063 652e 4206 9e86 46d5ae0e2f6971e6ec47 210c 4981 b1b4 119aef0baddf7ce25014 d8a1 4bb4 a34f 9e110e8518b2Abc154e0 3994 4f0d 9d52 84a14e43a597 20