安村通晃の訳書

エモーショナル・デザイン―微笑を誘うモノたちのために

エモーショナル・デザイン―微笑を誘うモノたちのために ドナルド・A. ノーマン

この人の本を読むたびに、これまで自分がやってきたデザインに興味がなくなる。もっと別軸で知りたい考えたいという欲求が強くなる。 デザインとデザイナーがいる意味を知りたい。 ヘンリーリバーマンの言葉からの一節もまさに。「ユーザー中心のデザイン」が大前提だとしても、デザインはそう作られるべきだと思うし、それがデザイナーの役目でありたい。

B46bc3c4 6279 4489 9c62 8eb16ad583bbCf3ecaf6 9986 4e08 92fb 18b9fca828a988a18969 0a2a 492c 9004 d598db0b6c11