小尾芙佐の訳書

書店主フィクリーのものがたり

書店主フィクリーのものがたり ガブリエル・ゼヴィン

素敵な物語。 古き良き「北米文学」 紙の本で、しかも文芸作品を読むという行為が既にノスタルジックになりつつある中でこの物語は古き良き北米(アメリカとは言ってない)文学体験を思い出させてくれる。 ポール・オースター、カポーティ、メルヴィル、フォークナー、ヘミングウェイ、ルーシー・モンゴメリ・・ 本を読むのが大好きだったし、書店が好きだったし、古本屋も好きだった。 しかしいつからか読書から遠ざかり、お気に入りの書店は縮小され、或いは閉店し、気付けば電子書籍リーダーやらスマホやらで活字中毒の禁断症状を癒した事もあった。 『いまやチェーンの大型書店もいたるところで姿を消しつつある。彼の見方では、チェーンの大型書店のある世界よりもっと悪いのは、チェーンの大型書店がまったくない世界だ。』(p.287) この物語は孤独、ひとりぼっちだった主人公たちが読書を通じて、書店を通じて、繋がりを得てゆく物語である。 このプロセスはまるでモンゴメリの『赤毛のアン』よりもむしろ『可愛いエミリー』を読んだ時の体験に似ていたかもしれない。 しかし、やがてAmazonや「電子書籍リーダー」の登場と加齢が迫ってくる。 現代は、活字を、言葉を失いつつあるのだろうか。 むしろ、我々はもう既に十分過ぎるほど言葉を失い、文芸を読むという行為を失い、豊かな感情体験をする機会を失い、共感する心もなくなりかけているのだろうか。 読書は元来孤独な行為だったが、読書をする人はより一層孤独になってゆくのではないか。 このようにも感じる事もある。 そこで、『ぼくたちはひとりぼっちではないことを知るために読むんだ。ぼくたちはひとりぼっちだから読むんだ。ぼくたちは読む、そしてぼくたちはひとりぼっちではない。』(p.327)というフィクリーの言葉が刺さる。 そして、各表題代わりの短編の名前とフィクリーの名で書かれた読書リストが、最後の最後に活きてくる。 この素晴らしくノスタルジックで素敵な物語体験は本が好きでよかった、としみじみと感じさせてくれる。 古き良き北米文学だった。

F217e061 8321 473a bb2f 30bdd9bc1f0dIcon user placeholderIcon user placeholderDc102423 4b2c 43e4 8a86 bfa9145bd0bd8bf48a7d 6668 4efb b339 79b3b7b29d0508634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cCb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b 33
書店主フィクリーのものがたり

書店主フィクリーのものがたり ガブリエル・ゼヴィン

本への想いは世界共通 不勉強なもので 出てくる本は何一つ読んでないけど 本への愛が人生そのものだと感じさせられる この本はその愛と人間愛を 融合させたような本で 都合のいいなぁとも思うけど ただただ愛に溢れたものが読みたい時に オススメです

F217e061 8321 473a bb2f 30bdd9bc1f0dIcon user placeholderIcon user placeholderE1f2327e 44e3 4843 be15 fad74cf2b2574282fd02 d0b0 40d9 a72b 2aada7900676Eb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d6600a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10 30
心の鏡

心の鏡 ダニエル・キイス

そういえばSFの人でした。 『アルジャーノンに花束を』の原型である中編も収録されてあるので、読み応えありました。

63245ee8 3e59 4747 b44c dcdb38723c7061d1dac0 ba8d 4a22 8769 e7fda6a1a1c9
ママは何でも知っている

ママは何でも知っている ヤッフェ・ジェイムズ

安楽椅子探偵物として座間味くんシリーズの次に読み始めた。 解説が法月さんのもあって手にとってみた。 60年近く前の古典と思っていたけれども、かなり読みやすい。 ただあまり登場人物のキャラは好きじゃないな…とは思ったり。 それを抜いてもライトに読者への挑戦を味わえるのでいい作品です。

75979b9d 65f7 4445 a7b4 41fb5e93f4c8Icon user placeholder8f4d391f 24ce 46f0 a579 cb89f81d820522353682 dcf4 4e46 9e55 c3bb96f073107b36a71a 4570 414b 9dd6 392fba4d86ef65234f26 1acf 4b48 8b60 ae7c34f62192
闇の左手

闇の左手 アーシュラ・K・ル・グィン

冒頭だけ読んで、難しそう・・・と思って長く積んでたんですけど、読み始めたら好奇心をくすぐる異星の風景と、魅力的な登場人物(というかエストラーベン)に引き込まれて一気に読み終えてしまった。 ゲセン人は両生体で発情期があり、相手とのコミュニケーションで性別が瞬間的に変わるタイプの人類なので、ジェンダー的な縛りがない。 男でもあり、女でもあり、官僚であり、逃亡者であるエストラーベンは、男のように行動力があり寡黙で、女のように忍耐強く計画性があり、官僚らしく民衆を気遣い、逃亡者らしく周囲に期待しない・・・という各ラベルの良いところを凝縮したような人物で、地球人だったらリアリティがない・・・と思うな高潔な人物ですが、異星人だからか自然と受け入れることができた。 (ゲセン人は性別がないので、逆に男のように粗暴で、女のようにだらしなく、民衆を搾取し周囲に甘える・・・というようなところまで落ちることもできるんだろうな・・・とも思う) しばしば、「具体ではなく抽象を大切にする」旨の描写が出てくるのですが、まさに真の愛や友情は相手を傷つける面や不理解の領域を含んでいるし、真の使命、真の誠実さというものはそれに相反するような微妙な要素がいくつも混ざり合っていて形作られていて、一見分かりづらいけれど、人類はそれをわかる努力をしていかねばならない・・・みたいな抽象的な感想を持ちました。 追記・この作品が1969年に書かれていたなんて!価値観や異世界のセンス、翻訳の文体もぜんぜん古く感じなくててっきり2000年以降に書かれたものかと・・・!!ひええー

Icon user placeholderAed7c41b 6e6d 45eb bc35 05e70b66fcfcC1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c4F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacBe36368f 287b 4b67 9606 3b8972b2ff9bC3b90b43 f5ee 4878 bd37 ec86568af9125ed9d885 1800 4df1 bd38 72be7f43f53b 29
夜中に犬に起こった奇妙な事件

夜中に犬に起こった奇妙な事件 マーク・ハッドン

高機能自閉症・アスペルガーのぼくが、犬の死体を発見したところから調査が始まる。 冒険に次ぐ冒険。ぼくは家出をし、父親からも警察からも逃げ、ひとり列車に乗り、ぼくが立てた計画を遂げる。

Bc730415 dcd6 4ca0 945c 6c3e496d8a5d76b03a72 19e6 4009 8aaf d507cea6e388A26e4845 1e26 4848 be07 0d7579fc67eb
ヒトラーの描いた薔薇

ヒトラーの描いた薔薇 ハーラン・エリスン

いわゆるSFの枠に収まらない作家、ハーラン・エリスンの日本版オリジナル短編集。これが2冊目のようだが1冊めは未読。「世界の中心で愛を叫んだけもの」なんかと同じく、世界そのものの、あるいは人間社会の不条理への怒りというか憤りが行間からあふれでてくる。ここに納められたいくつかの短編はSFというよりはファンタジー(と言ってもダークな)のトッピングをまぶしてはあるものの、人間の狭量さをえぐり出すような告発があるが(なかでも「バシリスク」がむごたらしさ的には逸品)、返す刀で神や宇宙のような、人間を作り出しておきながら無関心な存在をも袈裟懸けに切り捨てる。坂口安吾だったと思うが、広隆寺の弥勒のあまりによく知られた謎の笑みを邪悪な笑みと評していたが、エリスンもあの笑みに秘められた邪悪さを読み取ることができる作家なのだろう。

2cfb38dd d698 4ead 8b37 a889ebec5c4838e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823
神々自身

神々自身 アイザック・アシモフ

3つの物語紡ぎ合って最後は収束してないのが惜しみだ、二番目のストーリ自身は最高だった。

C6babf18 4a1d 4470 91fe 0ebd639a94d04b41ea5f 5966 489b b995 a2514abe2bc9
くらやみの速さはどれくらい

くらやみの速さはどれくらい エリザベス・ムーン

発達障害当事者として、わたし(たち)の感覚をよくここまで書いてくれたな、という感謝を。好きなひとといて、相手が考えていることがわからないという描写が白眉。「心が折りたたまれていくような気がした」

0cc66c8c edb4 4949 bc0e 7b0cb5a4e4085718c3dd 08ae 43f6 b5d5 e0a22349b475Icon user placeholder2fc8eb91 21fb 4f06 ad84 304282db8fbf21617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ff5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc22f03f0ee 01e5 488f a672 739879ca6212 13
ロボットの時代 アシモフのロボット傑作集

ロボットの時代 アシモフのロボット傑作集 アイザック・アシモフ

アシモフのロボットものの中で、「われはロボット」に入らなかった作品を集めた短編集。こちらは各短編の冒頭に、アシモフ自身がそれを執筆した経緯をちらりと載せている。 アシモフの書いたロボットものの短編は、正味2冊分しかなく、意外と少ないが粒揃い。もっと書いて欲しかった。 でもロボット三原則という題材は、後の作家たちにも受け継がれているので、これを作っただけでも凄いというべきかもしれない。

夏への扉

夏への扉 ロバート・A・ハインライン

「どんな話なの?」と聞かれれば、「ドラえもんよりも早くタイムマシンに乗った猫の話」と答えてしまう傑作。福島氏の訳も素晴らしかったですが、これから初めて読むと言う方には、この新訳の方をお勧めします。訳者のあとがきにも、ホロっとさせられますよ。 難波弘之氏が、SFをテーマにしたアルバムを作った時に、山下達郎氏と吉田美奈子女史とともに「夏への道」を作ったのも有名な話。なので達郎氏はセルフ・カヴァなのであります(^^)

4d0235f6 d13c 4c9c bead 1a6b3560e4314e99f068 ef0a 4b16 a58d 12701ddf8141Db8e8619 41d4 40de a264 8ceb344936141d5586ae 5320 49a4 909a 337ef92532aa7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d20fe26894 0f40 4293 be12 ce16d0cee15b 23
風の十二方位

風の十二方位 アーシュラ・K・ル・グィン

ルグィンの長い創作活動を横断するような短篇集。のちに長篇に発展した作品も。一作ごとに自由な異世界を楽しめます。タイトルが格好いいですね。

453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9d000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f415fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21cF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac1f15d1e6 c2b7 468f 8926 d4c38e58984c12a525a9 2a7a 48c3 8710 ee37426c9da0 11
アルジャーノンに花束を

アルジャーノンに花束を ダニエル・キイス

チャーリィは脳手術により念願の知性を獲得していくものの、同時に過去の様々な記憶が蘇り、残酷な真実やトラウマにも直面していく。知能の発達がピークに達した頃には当初の謙虚さは失われ、傲慢な態度により周囲からも孤立していくが、手術の効果は一時的なもので次第に元のチャーリィへと戻っていく。 日記様で書かれているため、主人公の成長の軌跡やら切迫感(?)やらが直接伝わってきて引き込まれます。知性とは何か、幸福とは何か色々と考えさせられます。

Icon user placeholder2bfdfaec ee17 4973 bf7d add662a1849a92a74c15 b62c 414d 8546 6351ea43f7f59a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa35476Aa92e1ad 14e6 4bf5 9dbb 2567a75ff696Icon user placeholder69882d68 bfd7 4905 8f0e 85a68304dd54 209