山田久美子の訳書

さよなら、シャーリー・テンプル

さよなら、シャーリー・テンプル ジョセフ・ミッチェル

一作目を読んですっかり魅了されてしまった雑誌ニューヨーカー随一の書き手と言われたらしいライターの作品集三作目。有名人でもなんでもない人達のちょっと興味深い話が中心で1940年代のニューヨークを主な舞台としたコラムがほとんど。この作品集では初っ端なぜかジプシー(今どきはロマって言わねばなんだろうけど)のやたら微に入り細に入りな話で正直ちょっとこれは…と思ったものの2編目からは快調に飛ばしていて面白く読めた。ちょっともの悲しい印象のタイトル作とか、アルコールで失敗を重ねて断酒していた男が結局再び酒を飲んでしまう瞬間の描写だとか、タフな女料理人の話とか、インディアンたち(これも今どきはアメリカ先住民なんだろうけど)のリアルな生活~男らしく勇気を試される仕事として多くの先住民が鉄工鳶になりニューヨークの摩天楼作りの現場で活躍したとは知らなかった~などなどバリエーション豊富な話がどれも面白く興味深い。作品集は全四冊らしく次作で最後とか。楽しみでもあり悲しくもある。

9f07f1ed fea7 4553 b8ca d8123b7dc4fbE7c1f7f4 8843 44c1 a4a1 95008e9665ea112126e4 a4a4 4c99 b42f 3e106543ebc2Ebaa1b06 d245 4a4a 8a19 a4ba564fedefB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f43a6edd2c 62c0 48fe b981 4b2c8a4c4baeA4df591e d36b 4b5b bfbe 423ad64e732e 27
ジョー・グールドの秘密

ジョー・グールドの秘密 ジョセフ・ミッチェル

一流雑誌ニューヨーカー随一のライターと言われた作家の作品集第四弾。なんとも残念なことに本作でこの作家の作品は全て読んでしまったことになる。あとがきを読んで驚いたのだが最高傑作とされるタイトル作を発表してから30年と少し、ずっとニューヨーカーのオフィスに通いながらついに一つの記事も発表しなかったのだそうだ。職場に通いながらの隠遁というスタイルを許した会社も凄いけれどそれだけ作者への評価も高かったということだろう。本作も有名人とは程遠い市井の人々の姿を描いた素晴らしい作品ばかり。なんとも物悲しく印象的なタイトル作をはじめ既出の作品と同じテーマをリライトしたものもいくつかあるがそれらを読み比べるのも楽しいだろうな。手許に置いて何度か読み返したい、そんな作品集。素晴らしかった。