島村浩子の訳書

ペナンブラ氏の24時間書店

ペナンブラ氏の24時間書店 ロビン・スローン

2019/5/4読了 途中まではすごく面白いし、最後も嫌いじゃない。ただ、ちょっと最後の章の、これまでの謎解きを主人公のクレイが説明する部分が分かりづらかったので、あれは翻訳特有の読みにくさのせいなのかなぁ?

49ebecb5 406b 49a2 b510 44c155460869E3a0d100 22bc 4e9c 8170 d70fefefd82eIcon user placeholder733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaacA3c8a54e 1527 4f28 bae8 0862ce7dc35bEa58a10e d173 4107 800c a316ef4dc064Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09 26
ペナンブラ氏の24時間書店

ペナンブラ氏の24時間書店 ロビン・スローン

このアプリで見かけて気になっていた本。文庫化したので即買い。でも、なかなか読めていなかった…。 結論、非常に面白かった。読み始めたら止まらない。勝手に思っていたイメージと全然違う内容だった(もっとアナログな本について、偏屈じいさんが居て…って本かと思ってた)。 デジタルとアナログの掛け合わせというか、知識の“扱い方“、“残し方“のデジタル化でこんなストーリーになるなんて…とにかくとても面白かった!