斎藤真理子の訳書

すべての、白いものたちの

すべての、白いものたちの ハン・ガン

東の雪は、こんこんと天から降りる。しんしんと積み重なり、そして、ひしひしと冷たさが指先に絡みつく。なにか後ろめたさがあるかのように、ひとびとは音も立てず、雪を踏みしめ、そのうえをまた誰かが踏みしめる。このすべての白のしたには、死とか邪悪とか冷酷とかが横たわっていて、あああ、とこらえが漏れるように白い息を吐き出す。 ハン・ガン『すべての、白いものたちの』。静かな物語だ。きめが細かいけれど、突き放すように冷たい肌。きれいだけれど、長くて骨が角を立てる手。笑っているけれど、どこか遠くを望むような目。そんなことを思わせる作品だ。 詩のような作品だ。でも、死を纏った作品でもある。知らない街の知らない雪が、ひとりでにそのひとを立ち現せる。あったこともない、あったならば「私」がいることもない、決して交わらないそのふたり。私よりも若い、お姉ちゃん。 うぶぎ、ゆき、つめ、こめ、はくさい、ほね。白いおくるみに包まれて、失われていく白い体温に想いを馳せる。漂白された街のなかのことばだから、そこには悲しみと優しさが横たわっている。

8511289b 8a2d 4fa4 8680 b8977f19163684bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae73a393971 ac1f 49ee bb9c 5d819220de57F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac06336804 0c03 46fe 9cbc 01f7d99feb67Icon user placeholder008900e4 438f 4456 9cf6 c7d3b95d705f 16
82年生まれ、キム・ジヨン

82年生まれ、キム・ジヨン チョ・ナムジュ

韓国と日本はとても似ている。胸がぎゅっとなった。女性だからという理由からくる、無意識なそして時々悪意のない、当然みたいなスタンスでやってくる、子供の頃からたくさんの機会損失、理不尽な扱い、抵抗しても抵抗しても抜けられない感じ。

C46789a4 85cd 4a00 915e 64180de4e1b47d89b672 c708 4144 b5ce f389c132b3965467e7f5 8af3 4aef 8246 8496bea6d507Be95d78f 8108 4eff 8194 cfddaac041cbIcon user placeholderB7342a17 9182 46e9 bf1a 98bd2adbf19bIcon user placeholder 161
鯨

鯨 チョン・ミョングァン

母子二代にわたる途方もなく脂っこい大河ドラマ。この長大な物語の荒波を渡り切った後だけに見ることができる景色は、曲者ばかりが跋扈するキテレツな躁状態からは思いもよらない、底なしに深い静かな祈りだった。まさかそんな角度から心をえぐってくるとはー!

E9055b08 9a8e 4544 8233 280ef79450c38511289b 8a2d 4fa4 8680 b8977f191636Icon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113
フィフティ・ピープル

フィフティ・ピープル チョン・セラン

韓国の大学病院に勤務する人々とその患者、彼らの友人や親兄弟など、様々に繋がる50人の短編小説集 年齢も境遇も違う登場人物たちが、実はみんな繋がっている その仕掛けだけでも十分魅力的なのに、各々の物語がとてもいい 50話もありながら飽きさせることなく、しんみりしたりクスッとしたり、考えさせられたり この50話の中に必ずお気に入りになる一話が見つかるはず 多くの人にオススメしたい

E9055b08 9a8e 4544 8233 280ef79450c3Aa1f0061 1435 4d6e a4d7 c79297f38b536c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c98cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64F3aec797 3a68 4c8c ba6e c66c7e49ddd11e53a8e2 b343 4765 b896 1fe6f18b49d5A4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b2 12
すいかのプール

すいかのプール アンニョン・タル

韓国原作の絵本を手に取ったのは初めて。発想がとっても可愛らしく、夏に必ず読みたくなる。すいかが食べたい