森瑶子の訳書

質問の本

質問の本 グレゴリー・ストック

図書館のリサイクル本として置いてあったので、もらってきました。翻訳者はあの森瑤子さん。200の質問があって、簡単なところでは「他人の前で放尿できますか?」とか、「テレビで公開の死刑が執行されるとしたら、あなたは見ますか?」とか「祖国に永遠に戻れないのと、今住んでいる国から決して出られないのと、あなたはどちらのほうが我慢できると思いますか?」など、考えさせられる質問が満載。答えが載っているわけでも、何か導きがあるわけでもありません。ただ読んだ人が考えるだけです。かなり面白い本です。おすすめの本です。