白井浩司の訳書

水いらず

水いらず サルトル

241頁 ここに人の答えがある。 捨てられない肉体を持て余した人達の短編集。 「真珠に糸を通す」なんて綺麗な表現。そうだ。たしかに真珠に糸がぴったりだ。 何のことを例えてるかは、流石に言えないけれど。 初めて読むことを挫折しそうになった。読解に苦戦した。 多くの本を吸収したら、また読みたい。

2b3b3806 912c 4d0b 91ac 9bd9d7b9a62bA10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af3B174e8e8 e815 4810 b6b3 c1c106359eadD5d2be79 d41c 4204 b8b1 9fec9189847f5c1b05f0 62fe 4b7d a54a 2b164b088498
嘔吐

嘔吐 J‐P・サルトル

なぜ今この瞬間を生きているのだろう。それを考え始めると同じことしか考えることができなくなり、永遠の「今」を感じる。子供の頃から不思議だったその気持ちがすごく上手く表現されていると思った。

4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2T bh efz normal47c3a285 018e 49d4 83ed b449cf7d3f0fIcon user placeholderCe5d0fed f1ea 48c1 a15e a13bf80aa8c9E07b503f 99d1 47e6 8770 03aa00b279d86cad0e59 f89d 42e2 bbe3 d074933c1335 8