菅野昭正の訳書

不滅

不滅 ミラン・クンデラ

キッチュに変えられて残されていく自分の人生。自分の実人生がもし美的な嘘で飾り立てられても、死人に口はない。 存在と忘却の乗り換え駅であるキッチュのl'immoetalité は、確かに恐ろしいかもしれない。

F3430e90 ba52 4365 ad21 c4292a48a8c57e709330 4586 4446 bc44 b796485cb87e72f605aa 3795 433e b9f7 23c398e6dd7bE3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a565d2efa 2b82 4030 be73 2daa4768a5f2E5cc0169 6616 4783 aa92 f5c1da5d3a1c