青木久惠の訳書

そして誰もいなくなった

そして誰もいなくなった アガサ・クリスティー

“恐怖って——なんて不思議なんだろう!” “人を殺すなんて、あれだけのこと——わけなかった!” 絶海の孤島に閉じ込められた10人。一人また一人と消されて、最後には本当に「誰もいなくなる」。最後の最後で「そんなとこから見てた⁈」と驚愕、読み終わった途端、一気に最初に戻って確認したら… …ね? 初版は一九三九年。今読んで、全く古臭くもないし色褪せてもいない。端正な文体で刻々と描かれるこの殺人劇、アガサ・クリスティー流石!

6f9ba431 0faf 4766 b7d3 25118301f7385f14cdd5 64d7 4d4e 9861 4bf89921793f0a7bbab5 a8e7 4e57 a2a1 2a89ad4ac43fBd96e0f1 5f33 4333 a174 066b283ea99d406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e978e9a484f 7cf0 4495 abb4 e2a1b9b4490b0d0a9844 b717 4e59 a9d7 bbd0cb57162e 142