森内薫の訳書

脳科学は人格を変えられるか?

脳科学は人格を変えられるか? エレーヌ・フォックス

楽観的な脳「サニーブレイン」と悲観的な脳「レイニーブレイン」の説明からスタートし、その違いを実験や遺伝子型、生活環境、経験など、様々な角度から検証している。 楽観的は脳が素晴らしい、というような単純な話ではない。誰の体にもあって、不思議な臓器。体であり心であり、私自身である臓器。成長し変化しつづける臓器。 脳とは、性格とは、私という存在とは、何か。 学びのきっかけであり、思考のきっかけとなった。

Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b47945bfb58e1 8480 4bf4 804f cc0603f3ec9a014253d4 6080 4951 9119 24735184a696
帰ってきたヒトラー 下

帰ってきたヒトラー 下 ティムール・ヴェルメシュ

下巻も面白い。相変わらず会話は噛み合ってない。 ヒトラーの視点で物語が進んでいくので知らず知らずの内にヒトラー的思考が自分の中にインプットされていく。 ヒトラーのやろうとしてる事と人々がして欲しいと望んでいる事が同じでありながらその動機が異なっているというのが面白い。

8a8ac339 8332 455f 9cad d3b908c0287b82d1f0fb 6ca4 431a 98f6 83f3fa6a26612cfb38dd d698 4ead 8b37 a889ebec5c486111cd35 e9e4 4b08 b79e 2b10e62ee0c063431f95 baa0 45f1 a133 e2115e25ab7e0b1940e1 27ce 42fd 90a1 3038f130f6d738388923 5306 4f90 a069 3d072eea20d1 8
帰ってきたヒトラー 上

帰ってきたヒトラー 上 ティムール・ヴェルメシュ

タイムスリップものは会話のズレが痛々しいことが多いが、この本ではヒトラーをお笑い芸人だと周りが受け止めることで素晴らしいユーモアに仕上がっている。 ヒトラーの考えの中には共感してしまうものもある。ナチス的思考を持った子供が現代に対する素朴な疑問を述べているような感じがした。 上巻ではまだヒトラーはテレビに登場したばかりなので下巻でどれだけ暴れてくれるか楽しみ。

Icon user placeholder8a8ac339 8332 455f 9cad d3b908c0287b2cfb38dd d698 4ead 8b37 a889ebec5c48Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f3fbabf60 7deb 4074 90ac 00441c40127a6111cd35 e9e4 4b08 b79e 2b10e62ee0c00b28d5ca 1fbf 4de9 a5e1 a2dcda9273d8 13
脳科学は人格を変えられるか?

脳科学は人格を変えられるか? エレーヌ・フォックス

脳科学は人格を変えられるか?変えられる、というのが結論。大人になっても脳はかなり柔軟に変化できる。 脳科学の本にしてはわかりやすい事例に富んで読みやすい。 ネガティヴな時、ストレスに悩まされる時、気持ちをポジティブにもっていきやすい方法がわかる。お薦めです。

7c07e33c 1af7 43ef bc1e a8622d8bb77a9ed768a6 3eb3 4ae2 95e3 046a998e66358599800f 23e6 48f1 be65 f0297de547c4F7526f33 4bae 4f08 bf21 fed3d0ff473a88986f19 778f 45ca 9c41 3f39aa96b93708f51c03 55c2 42aa b23d 942a31714005