延原謙の訳書

四つの署名

四つの署名 コナン・ドイル

依頼人は、10年前に父親が行方不明になった女性。毎年差出人不明の真珠を贈られる彼女は、莫大な財産の権利を持っていた。ある時は犬と共に、ある時は汽艇を駆って、犯人を追い詰める。ホームズの名前が、印籠のように効くのが面白い。夜の似合うお話。ワトソン先生がロマンチスト。

Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093D5a6691b adf0 419c 99c3 a82c187b6465Cd8b17e5 d216 41cc 91e3 e0bd54c1bf96Icon user placeholder56c8022c 9791 473b 9cbc f021e3f0a16fE8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1b7965fa74 799d 4aa0 bec0 5f7162f61676 14
ドイル傑作集 2

ドイル傑作集 2 コナン・ドイル

船上、海が舞台の作品が収められています。 わたしは『あの四角い箱』がお気に入り。結末を知ってから読むとまた楽しいです。

緋色の研究

緋色の研究 コナン・ドイル

かねてから読もう読もうと積んでいたがこの度手を取って良かったと思う。 シャーロックホームズという変人にワクワクさせられ、振り回されるワトソンに同情し、気づけばあっという間に読み終えていた。 以前何かで「良いミステリーは読者への挑戦を怠らない」と聞いたことがある。私は解決編まで犯人を知ることはなかったが、読者諸君には是非挑戦していただきたい。 また、延原謙氏の翻訳も良い。

B2ad83d8 5ff7 47e9 99e4 d699b3b88da3F3f3887c 6dee 4882 8118 25c96aa0088bF21566a4 02fc 4938 b8fb aa87195e3273Icon user placeholder0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c3907dacf 6ac7 4fb4 9c94 b5dd2298a125B3519491 99d2 4379 b35f df092eeb0358 35