F7cd00f5 d3ed 4475 8cea 58f6ae5cf7ed

おおたか

ことばなんて真実から遠い

ことばなんて真実から遠い

193

コメントした本

私たちは生きているのか? Are We Under the Biofeedback?

「生きているものだけが、自分が生きているかと問うのだ。」

3か月前

5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffbBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311D1c865f0 63f8 43c7 8f82 65fec07adf1d86818e08 9f1c 47a9 94d0 270200f0d84114daa277 8571 4115 8946 c6a47e3d0670Fabd1fa8 7167 4e96 9258 45a647ff2664A2c256b1 9061 440d ac06 3a68ecfc55a3 34
十六夜荘ノート

誰にだってドラマがあって、満ち欠けがある 弱さとそして強さがある

4か月前

184f0dd6 0aa3 4da5 8d62 c708d148d8cb1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4
四季 春

え、え、え?って3回くらいなった

6か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderC3d1845f 9b56 4c33 a555 61091d93e4157262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127dD055887e 41ab 40a4 9bb8 b2bf62fc0d4e3388cd21 4b04 42bc 88d6 2512e628fabd1ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5f 24
正直

人って文に出る、正直であることは怖いし尊い

7か月前

D9c0ac17 abd2 4602 a322 67eecac49b87E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f44
残像に口紅を

言葉が失われると、その人のその人らしさが消える 言葉が失われることは、アイデンティティが消えることと同義だね

8か月前

4486bb5d 8e5d 4271 bc93 5ee74cdc95f0Icon user placeholder9911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200Bec4bcab 3707 4a22 9b1c 5c52d306b32aIcon user placeholder7f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176f7f7b54fd 894c 4f23 a717 6b1775c015f5 87
みなそこ

ストーリーのくどさが、生きてることと死んでることの境目をはっきりさせる

11か月前

記憶の盆おどり

確かなことが何もない、酩酊気分と暗い恐怖が同時

11か月前

D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86Ee751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f
光と影の誘惑

‪携帯電話をレンタルで借りるとか、電波が入りやすいように車の窓を開けるとか、ダックスボイスで脅迫電話をかけるとか、それが最新であった時代を顧みたりする‬

11か月前

Be32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb0027979e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453
満願

それぞれの人のダークサイド

3か月前

Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d628b548bb 29b9 4809 97c5 cd7f63e3af229215a4c1 4f02 42a2 9358 213197507ba1Icon user placeholder36149bf4 1122 4a37 8522 fdd219fa50fd33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb37869026bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06 78
世界は小さな祝祭であふれている

ドラマチックなことなんてほとんどない、けれど毎日は切り取られるべき貴重な一瞬一瞬であふれている

4か月前

1c1c2eed ad80 4d0d a6a6 88f25caa11a0E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854aB96fd855 e753 4b6c a90e 98cae29ae10b
四季 夏

唯一解明できないもの、恋

5か月前

Icon user placeholder7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127dD055887e 41ab 40a4 9bb8 b2bf62fc0d4e3388cd21 4b04 42bc 88d6 2512e628fabd1ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5f5398a617 2ed1 4a17 a3eb 5ac0a2bdc6004a17af4b 57ff 4d7e 881e 048a0be2670d 16
リトル・バイ・リトル

見たことのある、見たことのあるような気がする情景の連続

8か月前

Icon user placeholder36e8471c 504e 4fe4 91e3 ddd29c88981b22322742 0fb9 47b8 99c1 98207a0d04d1
風は青海を渡るのか? The Wind Across Qinghai Lake?

ちょっと、深呼吸が必要になる最後

9か月前

5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d2ddbd715 a966 476f b445 82397b7c39bb773b51f8 9cc5 406c a018 606c38903978D1c865f0 63f8 43c7 8f82 65fec07adf1d86818e08 9f1c 47a9 94d0 270200f0d841Dc85f879 94d9 4f3f a08e a3980e02019d 14
水曜の朝、午前三時

人類の進歩と調和なんて、馬鹿馬鹿しい ひとりじゃ抗えない熱量と時代の波

11か月前

D535ad84 5004 4c3f a484 be1082a52e55D90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f53af5021b 4ac7 4e17 987c c45b2d6c9fdeB0b21dcc eca0 4ecd 901b 6b1274a2d9aaIcon user placeholder540d83f1 f93b 40b0 825c 8b85e7705a662ddbd715 a966 476f b445 82397b7c39bb 17
ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。

暗証番号だろう、と途中から薄っすら思ってた。ストーリーに淀み。

11か月前

Icon user placeholder36945955 20dc 45f7 9730 752febe64209Cc841888 d781 4e59 9578 49d990362871Icon user placeholderIcon user placeholder4747bcb5 5ccf 422b b3bc ada6355a10459de8a6e9 8ead 4e7a 9fd1 811a28cd3db9 25
仕事は楽しいかね?

もっと大きな見出しとか方法が書かれているけれど、その隙間に「永遠に一時的」という言葉があった。それはこれまでの記憶の波にのまれてもなお、立ち続けた。きっとこれからもそう。

11か月前

E78802d3 a552 469c 8f34 2ba46d708a0aE2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab6781b74116 a2a1 46ad ad5b 012097e63f628b074a3a 2b30 4bcc 8518 dea0655d9dbd7344991f 271a 4210 9fa9 336376b7acf6Bec4bcab 3707 4a22 9b1c 5c52d306b32aAc547423 9cab 40b9 ae31 b05c9c0f480e 69