Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

教育と心理の仕事。1987生。詩・短歌・俳句・小説が好き。特に中村文則・ドストエフスキー・三島由紀夫。

451

コメントした本

氷

冬にオススメの一冊。寒さが増す。スリップストリーム小説というジャンルを初めて知った。心理学の視点からすると大層不安になる小説…作者、ヘロイン中毒で自殺(?)らしいし…少女と男の関係性もやばいし氷に覆われる世界の描写もやばい。

5日前

Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa486818e08 9f1c 47a9 94d0 270200f0d84179342eca cdf7 4763 bb48 67386cbbd5839c353ffa f440 43b5 87c1 c839a3e1ea22C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b61b88623 7cfa 425e b2c4 af3aadd16c527675e08e ca1c 4a82 b72c 3459bf81d1ae 20
星の子

そろそろ芥川賞獲りそうだけど、と思いながら読んで最後が弱かったかなとも思った。最後まで読ませる面白さはあったんだけど、最後がなぁ、弱い。宗教をテーマにしながら立場は中立的で、主人公が全く排除されているわけでもなく、あまり見たことのない書き方で面白かった。宗教の信仰は自由だけれど、子どもに関しては難しいところだな。それが当たり前なものとして育てば疑問も抱きにくい。宗教を嫌悪する人間も何かしらの洗脳を受けているものだけど。それぞれが信じたいものを信じてればいいんじゃないかなと個人的には思う。ただ他の人には強要しないで、って思うくらい。次回作も期待。

10日前

F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Icon user placeholder14f9fca2 e4a3 4ebf a2e9 7a4cdbc78d1c07895c62 8b09 41e2 bf35 ea148408d336Icon user placeholderIcon user placeholder991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea8 90
影裏

個人的にはイマイチな読後感。

14日前

9d9656f0 35db 4841 a5c3 4ae5e0c2f7f21cdb2a9c 737e 4830 baac 6fa336e724afIcon user placeholderF88eefad 0ce8 432b a8ab f28f102a9a5c2e879b8e 9c34 4e40 beae 7f7b9120a15c00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f92096b36c63 1597 423c 8ee0 6c7e0309275b 24
みだれ髪―チョコレート語訳

通勤電車内で毎日読んでいた。今の時代でさえハッとしてドキッとする大胆な表現の短歌に目を奪われる。晶子がデビューした時に歌壇に与えた衝撃の大きさを思うと…震える…!!晶子がこれほど情熱を燃やした鉄幹てどんだけ良い男なのかしら、ここまで心酔する恋愛って羨ましいなあと憧れてしまう。俵万智のチョコレート語訳があるから、これまでより晶子の歌が身近なものに感じられた。

15日前

Icon user placeholder9536457b 3273 4ce4 8c33 413d68846208D0397335 1ef4 4b9b 829b cf9510e0785b81b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba57De1daff8 f0a2 4ef6 b0f2 0a9912b991a0C8446d58 c4a1 4580 b3d3 91bd25e8e0e2
消滅世界

オルダス・ハクスリー『すばらしい新世界』を超えたのではないか?村田沙耶香のこの感覚に自分は大いに共感する。恋も家族もセックスも世の中から消えて行く未来。今だって少しずつそうなっていて、今がこの小説に描かれる世界の「途中」なのだろう。理論的にはこのようなシステムで育てた方が、子どもの教育は効率が良く、成果も出しやすい。この小説に納得した時、今の世界が「異常」に見えて仕方なくなる。洗脳されてない脳なんてあるの、という台詞に戦慄。

23日前

5793a552 0e68 4f55 8a2d fe98850bb321Bb0d6aee befc 4e8e a9fc 2b577472e979Icon user placeholderIcon user placeholderEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25fF952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44C26c862a cd52 4929 b1eb cb305f921c83 29
気分上々

ちょっとした時間に気軽に読めて面白い短編集があれば…という気持ちに応えてくれる一冊。読み終えたとき気分は上々に。

約1か月前

77bf3324 ab8b 4c15 8fcc 5c5388d9462b261ed81c 04c2 4181 a135 f9d5fdab6328
3月のライオン 13

二海堂は今回もぷりぷりつやつやしてて可愛かった。

約2か月前

8a3c6c69 7e82 4ce3 b03d 6811f4e797c456a03690 63b8 4975 853f fac13092849bE344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed4F8091af0 ce58 436f ba51 c60bfaf6c52bCe6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af3Ad7825af 31c7 446b af9e 8f3c399104ac513457b3 e879 41c5 b692 c51c83e5216d 11
ヒップホップ・ドリーム

高校生ラッパーが貸してくれた本。すごいね、これが河出書房から出てるなんて。ラップで使う言葉へのこだわり、かっこよかった。普段触れないアンダーグラウンドでヒップホップな生き方を知った。

2か月前

7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5982e2ed6 3e7c 4410 ac27 43143492fd990323be6f ebcd 4a91 9b7f 9c19f768787799311eb7 1140 4981 8b99 6ab2d77f9f04Ede4c6e6 5b4f 4dda 9f82 fab88f10fa91E43f002e 1241 4977 aa1b cdbc58e2c6ad78c1f2ef abd0 4abd 9b8e 043849368650 11
まど・みちお詩集

改めて、とてもいい。まどさんの詩を読むと、こんな見方もあったのか〜と世界へのまなざしが広がり感動する。こんな素敵な視点を自分も持ちたい、そう思うと日常のあらゆるものを見るときに慈しみの目を持ち愛おしい世界をめでるような思いで暮らせるようになる。まどさん、ありがとう。

3か月前

9cb5d531 ec86 41de 8da4 8e41f45188099a2b6729 e01f 4069 bba9 990f4241283055630e9f 2915 4f22 bb80 1b77f5dd5120Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec15357cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5
鈍感な世界に生きる 敏感な人たち

本書を読むことで愛着障害や発達障害、うつ病などの視点から考えていたことにHSPという視点も加わって自身の中で整理されたように思う。私自身がHSP自己診断でかなりハイスコア出たので生きづらいわけだが、既に自己理解できていたので客観的に読めた。また、対処法は既に実践していることが多かったので、本書により後押ししてもらえたような気がして読んで良かったと感じている。

3か月前

Cb34b2b3 79d5 4a61 8dbd e287339ddabfIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder6a0cf6d1 4250 4395 868e 3818242048a55b6e947e 300d 4207 80b8 d2f07e579aa3 13
犬物語

犬を描かせたら右に出るものなしでは?犬好きとして耐えられないほど苛酷なシーンもあったけど、野生の犬の姿に痺れ続けた。ここで描かれる犬は狼に近い。とにかくカッコいい。「野生の呼び声」は特に良かった。神保町ブックフェスティバルで柴田元幸さんサイン入りでゲットした大切な一冊。

9日前

A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b572d13338e a771 49bb 89e4 ec018a06f74f3e6a4b83 9131 4cab 8a02 51de34052e11C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b
わたしのマトカ

「かもめ食堂」は一番好きな日本映画。ふと書店で手に取ったこの一冊。思いのほか片桐さんの描くフィンランドに夢中になって一気に読んでしまった。こつこつ楽しもうと思って買ったのに!フィンランド、行きたいなあ。「かもめ食堂」も見返したくなった。

12日前

96b36c63 1597 423c 8ee0 6c7e0309275bBe90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a12cf82094 4d5a 4b64 92b5 1c2551f25cf823c83934 71cd 4fd1 81fe e6722e4a55c0E8cb140d 161d 4fde b00f 73b42452522b98fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa68603fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b 27
結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日

沁みたーっ!!結婚しなくて、おばあさんになって、その時どんな私の生活が待ってるのか…答えが出るわけでもなく一緒に考えを深めていく友達のような一冊。何度も読みたい。

14日前

07895c62 8b09 41e2 bf35 ea148408d3366efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f5837627714fb8 9ca4 4093 a93f 3e7d387c0874B269b024 95e3 439f a195 51e50f65d85f94d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a3Icon user placeholderIcon user placeholder 13
ウォーク・イン・クローゼット

綿矢りさの作品はいつも可愛い女の子の声で脳内再生される。たとえ男が主人公であっても。綿矢作品は自分とは異なる感覚の人物が多く描かれるけど、でもわかるし、読んでて面白い。綿矢りさは不思議な作家だ。可愛い人だ。

18日前

Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae0013a12060b 4cd8 48ec 9733 fdbcc60eb8aa7328cc82 7b69 4a9a 8e67 fbed9d25f8f027714fb8 9ca4 4093 a93f 3e7d387c087436fb03d4 8381 4eda a519 168a1eb64afaIcon user placeholder8f13c25a a53a 4720 adf9 166b09833607 12
青年のための読書クラブ

女子校×文学好きなら郷愁に襲われながらワクワクと楽しめる一冊。桜庭一樹は底知れぬほど本を読んでる作家だなあ。本と本を愛する読者への愛が感じられる。不覚にも最後のババア集合シーンに涙が…

約1か月前

57eabb89 2d80 46e0 bff4 461f4232e787Akiaivjyeuyp25rambwaIcon user placeholder
R帝国

今まさしく読まれるべき本。中村文則は闘う作家だ。「人々が欲しいのは、真実ではなく半径5メートルの幸福なのだ」なんてグサっときた。我々は搾取され利用されマインドコントロールを受け、政治家の思うままになっていないか?そしてそれを幸せと勘違いしているのでは。その幸せ像は一体誰が作ったのか考えねばならない。誰か利益を得ている人間がいることを知らないままで良いのか。じっくり考えながら時間をかけて読んだ一冊。

約2か月前

F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Ooebgixj normal07895c62 8b09 41e2 bf35 ea148408d336Icon user placeholderIcon user placeholder5b95716f 620f 4cd5 9824 e4394702c8feIcon user placeholder 28
木洩れ日に泳ぐ魚

可もなく不可もなし。読書スランプ中には、さらりと読みやすい作品だった。

約2か月前

99abbfdc dfa5 41ca a884 4f31448fd60378690c40 ddcf 4c45 b33e 88da43374341Icon user placeholderC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249919cb5d531 ec86 41de 8da4 8e41f4518809Icon user placeholderF4887ac7 757f 4a17 b005 ef2d9ddeb085 21
オレがマリオ

文庫になってうれしい。俵万智は恋の歌がやっぱりうまい。

3か月前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a704b3ec22 7468 4a40 83b4 4ace156b43fb648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07bE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c500a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f92047447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55 8
現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護

仕事で貧困層と関わることが多く、彼らの不利な状況を目の当たりにしてその原因と解決策を知りたくなった。この本には、今まで知らなかった貧困となりやすい職種や生き方、また社会的背景と今後の対策のあり方が書かれている。新書なので初心者向け。私にはちょうど良かったが、さらに学びたいとも思わせてくれる一冊だった。

3か月前

劇場

思ってたよりずっと良かった。又吉さん、やっぱ才能ある。男性作家が描く女性にしては女性が自然で、又吉さんはニュートラルに人間を捉えることができるんだなと。恋愛小説の中では好きな部類だ。

3か月前

F35d5608 96eb 4410 b174 e0695806c1d3Icon user placeholder991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea8Icon user placeholderCf3d1617 30fb 4131 bdc9 e2950de3f2fd6d5b3de5 5f24 4021 94ce 22c4e6d78889De7addf8 ea13 4734 a4fa b9779c75da00 80