8b63e021 a874 4068 b8d1 faa2035bc15f

きょうのすけ。

読書傾向は「狭く深く」

読書傾向は「狭く深く」。ミステリ系が多め、東映特撮好き。

3

コメントした本

かんがえるカエルくん

なんとも言えないほんわりとした温かみの中に、思わずカエルくんと一緒に考えこんでしまいたくなるあれこれが詰まっています。続刊有り。

4年前

文庫版 魍魎の匣

シリーズ2作目にして傑作。 複雑に絡み合う謎と人間模様、どんでん返しに次ぐどんでん返し。良質のミステリーでありながら、京極夏彦らしい蘊蓄も充分に散りばめられ知識欲も満たされる。またその「余談にも思える蘊蓄」が絶妙のタイミングで物語の進行に寄与していく爽快さもたまらない魅力。 分厚い本ですが気がついたらどっぷりハマって抜けられず、謎の糸がほどけ切った読後には一欠片の物悲しさが残ります。

4年前

Akiaivjyeuyp25rambwa67312a8c 3de3 4d57 a37d 9b214dec951f0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a12a525a9 2a7a 48c3 8710 ee37426c9da0E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab1c27ba40 af8e 4305 846f 3678055a5b25Icon user placeholder 40
王妃の館〈上〉

雑誌連載を編集せずそのまま纏めたような構成で、登場人物が多いのもあって話がとっ散らかっている印象。個人的にはメインの現代よりも、作中小説である十七世紀フランスの物語が面白く展開が気になって読み進めた感じ。 全体を通しギャグというにはパンチが足りず、コメディというにはストーリー性に乏しい。いちいち地の文でネタの解説をするので白けてしまう部分が正直あり。また下ネタ(エロではなく排泄の方)が大半で下品に感じるので、突然「戦後の日本人論」を展開し始めるオチと併せて好みが別れるかも。 2015年公開の映画がとても好みだったので読んだ原作ですが、映画とはかなり雰囲気が違って。。。正直私にはちょっと厳しかった。

4年前

003eef5e 42f5 4765 af57 c57211b35315C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249910102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd34095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f77bf3324 ab8b 4c15 8fcc 5c5388d9462b05869e97 438c 425a a124 54c865af4a1fFaf24e08 9ed7 43af a012 70a344671d4a 9