8d62f510 4f49 4a54 84bc 37979dc2c35c

T_K_D

下手の横好き。酒好き。

下手の横好き。酒好き。

22

コメントした本

岡崎に捧ぐ 4

同世代あるあるすぎると思ってたらいつのまにかそんな地平を軽々と超えて普遍的で胸を締め付けられる作品に。

約2か月前

NYの「食べる」を支える人々

普通の、一生懸命働いている人たちに、丁寧にスポットライトを当てたノンフィクション。ほっこり温かい気持ちになると同時に、自分も明日がんばろうと思わせてくれる一冊。

7か月前

Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bC0d400f3 81e8 40c6 af29 62ed32c2d008Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794PictureIcon user placeholder08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c14357dc9 c08c 4092 9101 cd7cb9b3d23a 24
昨夜のカレー、明日のパン

なぜ木皿泉は、こんなにも人へのあたたかな眼差しを持てるのだろう。登場人物すべてがどうしようもなくもろくて、そしてつよくてやさしい。これはまるで私たちのことのようだと、そう思える作品。

8か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderF11603e6 7980 4853 ba71 c021c99f74ca08f73de7 afa2 4a08 b4e1 de3c7dfd0224Icon user placeholder5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16Icon user placeholder 41
太郎は水になりたかった

中学生の時の自分が思い出されて胸がえぐられてどうしようもなくなります。

1年前

5d9aa654 0b5d 41e1 a880 d527ef95bd7b99abbfdc dfa5 41ca a884 4f31448fd60357db150b 5331 49f0 9e29 a289103d8dd3
それでもドキュメンタリーは嘘をつく

FAKEの副読本として。ドキュメンタリーは、つまり表現は、嘘をはらんでいるのだと自覚すること。その意識と覚悟についての自問自答の書。

約2年前

D50e1592 1ca7 443c b464 1c47ead491f79b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d
雪男は向こうからやって来た

ヒマラヤ山中にその存在が噂される雪男。流れに身をまかせるまま捜索隊に参加することとなった雪男懐疑派の筆者だが、世界的に名の知れた登山家でさえ熱っぽく目撃体験を口にする姿を見て、徐々に実在の可能性に心を奪われるようになる…。 雪男にまつわる歴史と情報を丹念に取材し、ついには自ら入山して捜索に参加することで、雪男伝説の真偽に対峙する筆者。 そこで見たものは、雪男は向こうからやって来て、出会った人たちの人生を不可逆的に彼方へと連れ去っていくという事実だった。 雪男に選ばれ取り憑かれてしまった男たちの真摯で切実な情熱に心を絡め取られ、こちらまで連れて行かれそうになる迫真のノンフィクション。

約3年前

Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa929b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d014253d4 6080 4951 9119 24735184a696B03891ab 6eb5 4d62 8f99 f11284ff4253
COCOON

一年中雪も降らない天国のような南の島で、戦争に巻き込まれてしまった女学生たち。キラキラした青春の輝き、淡い恋心。やがて表れる諦め、エゴ、ずるさ、汚さ。いろんなものを引っくるめて、それでも生きていく力強さに胸を打たれる。

約3年前

Bb44d9de 0b58 4d8a 8ecc 7816a1c80f9a861d9847 5519 41a1 8821 670f7b8980c372806f96 416c 40fa 844c f9564f6f23267cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5E1fc7909 c16b 4c14 a0ff a29d266e8cf24f83c3e7 22f2 4298 80af 1e325de168a6019f2dc8 3b36 4d1b 9cff 760833efed14 12
奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール

激しく心を揺さぶられる恐ろしい漫画。とくに30代男性は必読。今夏の課題図書です。

約3年前

693f3def c09b 44c5 a99c cc17f4601004402ef02f 62ef 4324 af17 52f675c5368f4dbd1cd4 c787 4191 bbcd ec7b3bb6e8ad1e5c5d77 136c 4e6c 84c2 dce2a97dde550857be53 5037 4f47 8418 6ec0d377595cAfbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec15359182be3b afc8 4b74 8335 7d2cccdf86bd 19
断片的なものの社会学

大事なものが指の間からこぼれないように慎重な手つきで、それでもこぼれ落ちた不確かな何かについて語られた一冊。こんな本をもっと読みたい。

約3年前

Icon user placeholder9e299f8b b8ac 49f8 ab08 db3f3c547464D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f05faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6cDbdf6487 9a88 4cee a36d 8c72cc3a3781Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311B7e48532 963f 403d a3df 63612ff78ae6 143
酒呑みの自己弁護

「酒の害は、それがあまりにも楽しすぎるからである。楽しいから飲んでしまう。元気になるから飲んでしまう」 名言。仕方ないから今日も飲まざるを得ない!

約3年前

月曜日の友達 2

思春期のリアルな心情を詩情豊かに描きつつも、リアリティを軽やかに超えてゆくとんでもない作品。心をグラグラ揺さぶられました。

2か月前

6662bb11 53a1 4949 bd28 80ad8193b04eE94f8ff0 5578 4082 9a48 36ad15b20e9f5ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b1E5025a54 612f 48e1 ba68 8e8327da4aeaFe1994f9 977f 4dd6 b9bd 344b00b8a5c7D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef31C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88 9
凪のお暇 2

「だけど、浅ましいのは私もです…。」 こんなにも真摯に自分の弱さと向き合っている漫画は見たことがないです。必見。

7か月前

E4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d24d9421b7 30ff 445c afdf 7120ac33f6dc4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c
A子さんの恋人 4巻

読み返すたびに新たな発見があって、スミズミまで見逃せない漫画。

9か月前

52cf3300 0137 4bc1 9eaf b81a72337a318264cc15 6ff7 4a1f 901e 7f178503a1b0991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea8B269b024 95e3 439f a195 51e50f65d85f163f6e68 b7e0 44fd 844e bb81d245b92b89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e40f66a27 01a4 4b46 9365 4295a2f16609 20
罪の声

フィクションが好きな人も、ノンフィクションが好きな人も、誰もが知る未解決事件の裏にある誰も気付かなかった声なき声を拾い上げる物語が読みたい人も。

約2年前

91e4ea0d da72 4a44 bb52 0c035f3ac80e6c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626bB6efce8b bc9a 4c64 b3f8 4c287e7cd2c8C9584f8f 2258 4507 a920 cb169b4ce715A39570b6 c8fb 4875 9eed 16b5e17809072ee15a92 b663 4fcd af27 bd873c5d1ba6D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29 111
あなたを選んでくれるもの

人間に対する繊細で温かみのある洞察がキラキラした言葉で紡がれていて、読み終わっても胸に残り続ける一冊。

約3年前

5faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6cIcon user placeholderE5025a54 612f 48e1 ba68 8e8327da4aea2e3d001c a13e 4b6c b522 8d3de646fe2fA0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a11ee85c4 d728 4c04 88a3 e3bd08ca9df6Icon user placeholder 43
耳かき仕事人サミュエル

耳かきするたびにサミュエルのことを思い出して笑いがこみ上げてきます

約3年前

Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141B1ab0438 e280 4bf6 a33b 9edc27b55eb7Cff76814 06e1 4872 bb8e 63c31c0a3d59
反知性主義: アメリカが生んだ「熱病」の正体

反知性主義はそもそも、権力と結びつくような行きすぎた知性主義に対する批判から出発している。アメリカのキリスト教(史)とそれに基づくものの考え方がよくわかる良書。

約3年前

C3b90b43 f5ee 4878 bd37 ec86568af9127fc1ca47 5865 4dca 80ca d1a147049c344dbd1cd4 c787 4191 bbcd ec7b3bb6e8adBb1367b4 9ed3 43a3 817f 71aabc81614b9b55a4b9 37db 41d2 92fa 8508e79469f7978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2572644c3 d8d0 41a2 bcd5 d564c99b219a 14
ワイルドマウンテン 1

何にも考えずに笑えるけど、時折ふと深淵ものぞかせる一筋縄ではいかない脱力系マンガ。主人公の名前が菅菅彦(スガスガヒコ)っていうのが良すぎる!

約3年前

7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5872d3c2d 3409 4500 b140 2a3e0c0a4083
音楽と漫画

”ボボボボボボ”に音楽の初期衝動のすべてがつまっている

約3年前

4dbd1cd4 c787 4191 bbcd ec7b3bb6e8ad040c1f4a 5718 4ca3 b0ed 54c32f508fc3
戒厳令下のチンチロリン

藤代三郎aka目黒考二aka北上次郎aka…の青春ギャンブル放浪記。賭け事に勝ち負けだけでなくロマンを感じる人にはぜひ読んでほしい一冊。亀和田武さんの解説もよいです。

3年前