79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています

小学生を相手に、日々働いています。 できるだけ食わず嫌いのない読書を目指してます。 速読も精読も好き。 神保町は聖地。

161

コメントした本

本が好き、悪口言うのはもっと好き

タイトルが好みで珍しく装丁買い。この人のことは何も知らないで、先入感なしで読み始めた。 専門は中国文学みたいで、比較的自分の好きな分野に近しい人。 杜甫と李白の話なんかはもっとたくさん教えてもらいたかった。 本人もあとがきで言っているけど、長く書いたものをギュッとした感じで、密度の濃い文体。読むのが少し疲れた…

約1か月前

羊と鋼の森

幼い頃にピアノを調律してもらったことをふと思い出した。 描かれている世界観は決して広くないし、登場人物の色合いも濃くないのに、不思議と物語に奥行きがある。映画向きだなぁと思ったら映画になっていると知り納得。 丹念に取材をしたであろう作者の丁寧さが窺い知れた。嫋やかな文体だけど、どこか懐かしくて個人的には好き。

3か月前

F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e03736dfb5e0 462e 4a23 bbfd be7d893c8f60406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e978b936247 b317 46e5 8d43 0342a53ac96e3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eCee21314 e726 4b3e 85c4 736c9e15312952b7fc0d 3899 440d 9d78 8219f2996844 301
旅のラゴス

初筒井康隆。 もう一度最初から読みたいと思った本は久しぶりだ。 物語の始まりでは何者なのかよく分からなかったラゴスに、自分がどんどん同化していく感じがたまらなく良かった。一人称が「おれ」なのもとても良い。 短編集のようにストーリーが区切られていたり、筒井康隆らしさなのかSF要素が過去現在未来の狭間でうまく描かれているのも、面白かった。最後、氷の女王に会えていたらいいなーと思わされた。

3か月前

F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c7977e3a8640 79da 4cfd 9669 cb53f651085f3e88720e d236 475d 8a78 812bc1db5fe3Icon user placeholder65286c4c d90c 4f13 876b 23bbec3cf3a84c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5B7db26cc cd61 4692 a67a 480ac9f12f72 243
暗幕のゲルニカ

序盤の地下鉄から上がってきた瞬間がこのお話の最大の山場だと思ってる。それくらい、そこ読んだときの衝撃がすごかった。 あとは原田マハらしく、膨大な情報量をきれいにまとめてくれた感じ。 終わり方がもやもやっとしたけれど、好みが分かれるところかな。

4か月前

F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e0370cd59b68 4677 47ce 9000 5da346bfa29b9bd23011 edff 4ad8 9cc4 3b0a522a7134D6cfad9f 7539 4187 b064 2449c9588bba25c40ee0 4e85 45de aaa0 b5c50215b1dcIcon user placeholder095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f 56
氷菓<「古典部」シリーズ>

友人から 完全にラノベ感覚。 好きな人は好きかなぁ。さらっと読めます。

4か月前

10653d97 d23b 4dd4 976f 7eddc9e7ecb703063eb4 0433 46e1 a85a 554b52f22349523444ec 4de4 4a25 9227 16bbf1a99342B8838bfd 6f4f 4c2c a423 524bd764cc1578682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41c32c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f66
あすなろ物語

井上靖の文体は、一文一文が練られてるから読み飛ばせない。なので速読派の自分でもすごく時間がかかってしまった。 最後の方の星空にまつわる話が好き。「あすはなろう」の思いをもつ様々な人の生き方や死に方が胸を打った。

6か月前

B357c5d4 925d 41dd 87d5 a56b70265399640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc24173e2c18d 3d83 4164 8769 4eed88bde3fb13d74afc ea19 4e68 8859 6325cfceb387A7befd6f c82a 41df b51f ffdbdc5bf56a
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 下巻

「僕」と「私」との世界を、最後になるにつれて近付けていくような描写はさすが。 エンディングはなんとも解釈しがたいものだったけれど、文学とは至極内包的なものだから、個人的には好きな作品だと感じた。 最後は脱出が成功して、いわゆる時間軸がずれてるような作品かと思ったのに、そうではなかった…。 目次の謎のキーワードがとても好き。いちいちくどい描写も、慣れれば必要に感じる。人生観を揺さぶられるような表現が散りばめられている。一読では分からないような、練り込まれた描写があるだろうことは分かる。(読み直すかは別問題) 確かに、今の日本には、彼より世界的な文学賞に近い人はいないかな。

9か月前

35febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e469f5d3cc f806 45c1 9795 79436b418028214e5862 3263 4a86 b0a9 70053bd33b5b8892e6a4 72d5 4429 bf3b f93905558cfeBd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd81da90a8 3ff0 4437 b700 8b20225939f6Dd00e078 f2a8 4deb b55a 4d6458e39248 36
楽園のカンヴァス

ひたすら面白かった。 原田マハは当たり外れがあるけれど、これは当たり。

10か月前

C43ee096 c5c7 4f96 876d 90fc28c66e70F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e0370192ebb4 ba22 464c bbcd 8d5639e6b9688f80e5cc f258 4902 a28b 6b47f676166b1fec7c92 782f 45e7 9759 3d94af3e93efC3fc991f d18a 4aaf 917f 93eac077c7f39bd23011 edff 4ad8 9cc4 3b0a522a7134 142
死ぬほど読書

この本に出会うために本屋に入ったのね自分、と思うくらい、読んでよかった内容。 経歴とかお年を召していることとか差し引いても、これだけ論の一貫した文章を書けることに、その読書生活の豊かさが伺える。 初対面でその人の大体が分かるとか、すごすぎ。こんな上司に育てられたい。

10か月前

Bdb18f12 6143 480a a5b4 4951559a420d89c2974f 98c3 462c 8017 96a710f1ca5b3d08c52f 126e 4ab3 8812 194fd015b1baA2af94b8 ff89 44c4 b925 8b2186d8132a5d7f427e 0ade 4a12 b4d1 68e9fc8084e6B6760592 d86c 4e9d afd9 227d044d5f7fA3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb06 63
画題で読み解く日本の絵画

画題を解説してくれている本。独学で学んだものがあったり、あーこれね!と思い出させてくれるものもあったりして、購入したいと思いました。 実際の絵がもっと参照されていると、なお良かった。

約1か月前

「鬼畜」の家:わが子を殺す親たち

石井光太さんのルポは、見つけたら必ず読んじゃう。これはずっと読みたかったやつ。 仕事柄色々な親を見るけど、一貫して言えることは生物学的な愛情は必ずあるということ。 そこに生活力や育児能力が複雑に絡み合うから、子供の問題行動は親に起因するところも少なくないということ。 虐待も同じように考えるべきで、多面的に見ないと全体像が見えないという点が共感できた。 まぁでも普通はここまでにならないわな…まさに鬼畜…と思える話ばかり。詳細な描写には背筋が寒くなった。我が子に手をあげるなんて、やっぱり信じられない。

3か月前

4444c1c1 9373 4808 8aa1 06c8178278757fce8781 13dc 4e0c a5af d59a0310ec51Icon user placeholderIcon user placeholderEed2419f 2b1b 46e7 a20a 7a322cb7e9dcF97515a3 d804 4f55 8153 ac9aea37f8e8A3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb06 13
子どもは「この場所」で襲われる

関係者から講演を聞いて、内容を忘れないうちに読んだ1冊。 「犯罪機会論」と「犯罪原因論」を考え分けることが、少しできるようになった気がする。 犯罪とは無縁ではないことを自覚して、地域を歩いてみようと思わせられた。時々強引なところもあったかな…

3か月前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a70c5f0435 8852 4ed7 be9a 27f721c6fad7B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5
塩狩峠

あらすじにある事件がどこで起こるのかと思いながら読み進め、もう終わりだよ…?終わっちゃうよ…?と不安になりかけるところで、サラッとした描写。 その部分だけで小説に出来そうなものなのに、その淡白さが逆に衝撃的。 時代背景だけでは説明できない、登場人物の真摯な生き方が丁寧に描かれているところが名作たる所以かな。 主人公は一応信夫ということになるんだろうけど、菊やふじ子の心情の描写があったりして、あまり最近にはない描かれ方でした。

4か月前

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82aIcon user placeholderIcon user placeholder2a7011ad 1023 4a28 9610 18ac8022a01d16e57a43 98bd 423a 954d 17865603ee6eF8691eed db21 42e5 a930 fe7d30b53c8aIcon user placeholder 41
人魚の眠る家

エピローグのモノローグの使い方が秀逸。 舞台と登場人物も精選されてて、テーマにじっくり向かうことのできる感じもすごいと思う。 映画化に惹かれて買ったけれど、結構前の作品だったのを今知った。 個人的には、先生とうまくいってほしかった。母目線で見ると、その後に救いがない感じがする。

4か月前

Da3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1Icon user placeholderC424a61a 1d94 40f4 a0e1 1f1328a09667648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07b3685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dcc20fd71ea 3c1d 489d 8d3a e1e97fc8e823F47d0951 7455 4e86 b9c7 8bcd46ae10b3 60
満願

ミステリーの短編集。 最初の警察の話がすごく面白くて、あーこれが目玉かと思って、次を期待しないで読むとそれも面白くて、いやいや流石にって次を読むとそれも面白い。 そんな感じですぐに読了。 この人は短編の方が勢いがあっていい。

4か月前

25c6a28f 1d7f 438d ab66 be2bf4dd45750539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee7014b823 4718 42f2 a288 9b139aa95913Icon user placeholder11906ce1 cec6 42e1 97f4 2507e03c1908D05610bc 72d6 4401 b9e2 7173e49065548817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe 64
十角館の殺人 <新装改訂版>

色々な人が面白いと評していて、やっと手を出した。 長いように感じたけれど、読み始めればあっという間。苦手なカタカナの人名も、どんどん死んでいくからなんのその。 紙で小説を読む良さを、久しぶりに心の底から感じた…あの頁の使い方はずるい。「えっ」って声が出てしまったのは久しぶり。 好きな人は好きかな。私はもうお腹いっぱい。

9か月前

Icon user placeholder7b33feac 70da 4d4c b6e7 19fac8c0c945E4487a42 3382 4fef b9f4 5eeb5eb2d9c271e8e134 4f71 4c0c a482 d52465b6de1916496921 5da2 4a74 8383 dabf29d7d8b7Icon user placeholder3f44102e 36ea 414f a79f 11d4455214e7 143
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻

村上春樹アレルギーだった自分が、友人に勧められ。 嫌々読み進めていたが、上巻の終わり頃にはすっかり彼の世界に引き込まれ、読み終わったその足で下巻を購入してしまった。 文章表現がくどくて苦手だったけれど、本作は夢のような世界が舞台だから、その詩的な表現がマッチしてなんとも心地良い。 二重の世界が織りなす作品感も、今となっては珍しいものではないけれど、きっとこの人が先駆者の1人なんだろうと勝手に推測。 下巻も読み終わった時、自分の中で新しい価値観が生まれそうで楽しみ。

10か月前

35febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e4Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd869f5d3cc f806 45c1 9795 79436b418028214e5862 3263 4a86 b0a9 70053bd33b5b8892e6a4 72d5 4429 bf3b f93905558cfe81da90a8 3ff0 4437 b700 8b20225939f679887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7 58
続 明暗

あとがきにある、「文士を押すのではなく、人間を押すことを望む」ことを、漱石から受けての続編。 この書の批判に対しても、冷静に分析する水村美苗はさすが。メンタル強すぎる。 個人的にこれじゃない感はあったけれど、未完のものへのひとつの答えとしてとても面白かったし、読んで良かった。 読みながら、漱石は後世の私たちに楽しみを残す為、未完のまま終わらせるつもりだったのではないかとすら思えた。

10か月前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc24189e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e
誘拐

1963年に起こった吉展ちゃん事件について、ルポタージュ風に書かれたもの。 事件の流れだけでなく、犯人の生育環境とか捜査の内容まで生々しく書かれていて、読み応えはあった。 時代背景をうまく理解できないところがあって、ところどころ消化不良。 どちらかというと加害者側の視点で書かれていて、事件の悲惨さはそれほど濃く描かれていなかったので、物足りない人には物足りないかと。

10か月前

0a084b3e 3ba9 498b 88f5 64a4294c18fe7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c7E95c8859 f9ce 4a1b b557 2d741b188d0141fb89ec ec7b 4c9d a66b 1124cf8a36d94fba8f39 a492 4087 9784 74dbe1042f733e2b8c6c fc82 4208 8c8c 8a8d5f773fceD210b818 417b 4428 8e5b 54ada99c5071 8