A8405207 79ac 4836 bac9 437d5cf2adc0

ma✂︎

大学四年生

大学四年生。 忘備録的にちまちま、かきかき、ほぞんほぞん。

16

コメントした本

サラバ! 下

「信じる」って多分、自分自身の中に貫く一本の軸を見つけること。 ぶれたり、折れたりしない、真っ直ぐな軸を見つけること。 あなたが信じるものを、誰かに決めさせてはいけないわ。

3年前

B202f626 0795 4027 99ca 47cba86060955c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd7225a567 edb7 4fa9 92d0 7b10908e4888Icon user placeholder297d5d6e ac85 4426 8940 b307e022ec6581da90a8 3ff0 4437 b700 8b20225939f622a5fbb8 cfa8 4dc2 966a e54156f76e4a 121
楽園のカンヴァス

ミステリーのようであり、ヒューマンドラマでもあるような不思議な感覚。 絵画ひとつひとつをどんな絵なのか調べながら読み進めることで広がる世界感( ˘ω˘) 美術をもう少し勉強したいなぁーと。

3年前

Icon user placeholder1eb00c1e 9037 4dd8 ab18 13d6b9963c2cIcon user placeholderB8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec55383221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eIcon user placeholder07acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d6589 168
たそがれビール

めずらしく慌ただしい生活をおくってる自分にとって、肩の力を抜いて、あぁいいなぁ〜すてきだなぁ〜なんて気持ちで読めるエッセイは、大変ありがたかったです。ほっこり。

3年前

Icon user placeholder8b590bd1 06a0 489e 95ce 0120e54ec54c79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Icon user placeholder000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8Icon user placeholderIcon user placeholder 37
本当はちがうんだ日記

リズム感があってここちよい文体。 老夫婦のお話が、くすぐったくなるくらい可愛らしくって好き。

3年前

303f497b fafd 4834 9ea1 7d61f4e8b6bcAbb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141Icon user placeholderBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be9F11603e6 7980 4853 ba71 c021c99f74caE5025a54 612f 48e1 ba68 8e8327da4aea 51
流星ワゴン

やり直したいことってたくさんある。 見たくない過去も、今も、未来もある。 でもやっぱり生きていなくちゃあかんのじゃー!朋輩じゃきー!

3年前

3015781f 87d3 4baf 955c 7ffe561087deDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eIcon user placeholderA1afb250 48b2 4331 ba03 1e6d780cc69281bb9d06 5842 4da2 bbe0 7a9317857d1f53f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832Icon user placeholder 91
食堂かたつむり

いただきます。 ごちそうさま。 食べることを大切にしよう。 美味しい気持ちを大切にしよう。 辛くても、悲しくても、食べて、食べて、元気を出して、回り回って良いことが帰って来ますように。

3年前

16e287ba 9b5b 4408 a15f e722f5204b631dd3e399 b5d3 4224 9dc5 70ecc74b483aD748cf70 41f2 4356 9e75 8014e1b582d4B38d193e a18c 4d03 99ee 642a976e7dc1382728d6 20e2 4a79 8c6a 3f2d3fa357a22d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d3311Icon user placeholder 94
本日は、お日柄もよく

言葉を大事にしたい。 せっかく日本に生まれたのだから、素敵な日本語で伝えたい。

3年前

3b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890feIcon user placeholder3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362e80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a66514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832dF456dd6c 5985 4bb4 9305 d2c780a3b4b0D63ae6fc 5451 405e b0ab 4f318d1641be 235
きいろいゾウ

初めて読んだ西加奈子作品。ツマとムコのやりとりがすごく好き。儚い二人が寄り添って生きて行く姿がなんとも沁みます。

3年前

43a8ebab 3fdc 430e a11a d82d8e82047a677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6A9a2506b ab4a 4e8e 8877 8928df274ee8F7a1302b ab9e 4c05 82ee 2e133855b37eIcon user placeholderIcon user placeholderD75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3 85
サラバ! 上

人がもつ個性だとか、信念って、こんなにも人に影響力をもたらすのか。 とにかく濃い、とことん濃い。 大好きな一冊になりそう。

3年前

0107fc93 5315 4e72 9f9b 52cbc63bd285F11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4e6bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06Icon user placeholderIcon user placeholderB202f626 0795 4027 99ca 47cba86060955c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd 186
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

鮮やかなようで、モノクロな、そんな話。

3年前

F4226424 2a79 49de abf1 5eb72cdc3213Icon user placeholderIcon user placeholder73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b81bb9d06 5842 4da2 bbe0 7a9317857d1f53f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832Ac8d108e 5079 478a aed5 65d512786199 115
想像ラジオ

耳をすませて 亡き声を想う。 想ー像ーラジオー

3年前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdIcon user placeholderF56b890f d5a0 4718 9c2c 6ea7329c9787F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac8b219c3f 69c4 4306 b0eb 35674eb1a193980f83fa 2585 4a68 8371 9a1ccc7b7c14883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093 49
思いを伝えるということ

いろんな人の思いに触れて、あったかい気持ちになる

3年前

A550b508 e13f 4cc3 9a13 98c67fd7087bB810b0e6 da2c 4c1c bd9c e9d9b7bdeb075106e22c d818 4bc7 92f2 940667568e63C28dd2d6 cc1f 46ca a395 b08507e516590402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a001a58a418 9404 4011 85da d661916a181fA7b615e2 7ac1 4e8a a3af abd9564c83ac 21
ランチのアッコちゃん

アッコさんみたいな人に出会えたらな、なれたらな〜 ポトフ食べたい。

3年前

F498cf2c a42e 430c 93e8 92001c616016Icon user placeholder256ac608 d324 4512 80e0 2a3da2f41f3dF3ac2af5 448d 4483 a66b e6eb57bc21062afe2b30 1c62 4bdd b48f 5cfc188575dd0449a703 84b8 4bda 8f5f ede9c5a23f710d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4 70
風のマジム

沖縄のいい風を感じながら、ラム酒を飲んでみたくなります。心の底から。

3年前

Icon user placeholder3f4901aa d34e 4cae b651 ec6f5edea37635c5fa07 46a3 4ac8 8671 433e5affda5b47b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f043Icon user placeholderBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e3119a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ff 19
スプートニクの恋人

強烈な恋の物語。村上ワールドへの引き込み感がすごい。

3年前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd243c4d95 2c31 41f3 812d 2ee3122abdc5Ac8450bb 96b6 475d 9a26 f8a500cd5ed665c12427 15d9 42bf 971b 1c9691ef9fa3Aa8adbfc 9571 4e08 9230 812bd0b246fb4158f124 d394 4b8b ae3d 048569db598878a45888 7582 4a41 bb42 b6ae08bbaf5a 73
弘海 -息子が海に還る朝

中学生の頃に読んで大好きだと思った本。暖かさと人間味に溢れた一冊。

3年前