7656e65c a88a 42cf 870e af2a604a25ab

キツネ

読書たのしー☆

読書たのしー☆

120

コメントした本

旅屋おかえり

旅先での出会い、人と人との絆に心の壁が崩れます。 旅を通して自分と向き合うことってあると思います。短い時間でも、近い場所でも、その旅先で出会うもの、こと、空気、ひと。そのすべてが自分を前に進ませてくれます。そして、帰るべき場所に帰るまでが旅。 いってらっしゃい。 おかえり。

約1年前

1589ab15 bc91 4551 83ec 2a88bb4c65a3Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e98c17f47 4c70 4349 a025 b711718c129e2b38ce49 817b 4cff 8351 d7ae923b1dbdA76b3b5b c2b8 431c b326 88beea67e44b0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c46321cd00 979a 497f b8a4 279b41ab0321 48
花咲家の休日

暖かいんです。花咲家は。前作を読んでからずいぶん経ってしまいましたが、やっぱりステキな作品です。どこを取っても心が温まる、ほっこりとしたお話です。

約1年前

0fe26894 0f40 4293 be12 ce16d0cee15bIcon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a6965cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16
リバース

噂どおりのイヤミスクイーン… 読んでみないとわからないとは言え… やられました。

1年前

97a324dc 0c61 4901 b94b c33e24c3f3519886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00cIcon user placeholderC85d9386 c923 47a0 94f5 64ba42e947b2Icon user placeholderC2579594 4430 40c0 8f6a 81a86eb131c13e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be 93
ステップファザー・ステップ

短編ですが、きちんと時が流れています。 生意気な双子を相手にしているのに、いつの間にか愛情を持ってしまっている“お父さん”。これ、まさに愛。 数々のミステリーを解きながら、次第に深まる関係。 子供のおかげで、自然と成長させられるんですね。

約2年前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdE0d88736 c5b5 4929 a40e 396c3ca8a50e11279f51 89dd 4604 b7bd 4387667a7781Db553c3c 74bd 458f a25b 2d0b900bc45eIcon user placeholderEdb31ca1 dd54 4268 910d 073de6b56b1149c0ee70 38c3 41be a15a bcf2aa76a724 16
かのこちゃんとマドレーヌ夫人

なんでもない毎日が、本当は特別な毎日なんだって。 子供の頃に気付いていたら… 本当に何でもない日常、しかも、ほんのわずかな期間のお話。 愛する人を想って読んでみてくださいな。

約2年前

8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304aIcon user placeholder5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c56c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Icon user placeholder 36
陽気なギャングが地球を回す

まったくもって陽気なギャングです。犯罪なんかしそうにもない顔でスマートにこなしていく。 そりゃぁ地球だって回すかも。 スマートで、スピーディーで、キャラクターが愛おしくなって、裏切られて。 気付けばすっかり虜です。

約2年前

E5925ba0 70a7 43b3 9e84 b497c7645149Bec4bcab 3707 4a22 9b1c 5c52d306b32a3bebc3fc c2d2 4600 a1cc 673138e81bf936149bf4 1122 4a37 8522 fdd219fa50fd65b89b30 f891 4d14 89af d24e21e2fbc6220a7e95 44c7 44fc 9032 000aa8722ef4Icon user placeholder 114
君にさよならを言わない

霊が見えるようになったら… 自分と直接関係のない相手であっても、助けてあげたくなるのかな。 別れたくない相手と別れなければいけないのは本当に寂しいこと。 でも、その想いを受け止めてあげられたら、すごく幸せなのかもしれないですね。 温かい心で生きましょう。

3年前

F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c7972441d909 2217 40db 860a 438a4b7b788469a4e54c d97e 4756 96e4 5bbd095d863b27bff5de 1d46 4392 8a62 c6a6943543f9Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eE510cdd8 d2c6 42c0 bed2 067a725e7287297d5d6e ac85 4426 8940 b307e022ec65 46
夜の国のクーパー

不思議な不思議な物語。今までの伊坂作品を想像して読み始めると全然ベツモノ。 それでいて、伏線の張り巡らされたステージを走り回る感覚はいつもと同じ。 不思議な語りに引き込まれるのは、何とも心地よいものです。

3年前

3e88720e d236 475d 8a78 812bc1db5fe3Icon user placeholder7b33feac 70da 4d4c b6e7 19fac8c0c9454c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5109349a9 7cac 49c7 9341 3520942bd2801b274b27 8d3e 4894 8dee f094d1dfb7234c412943 1757 438d ac15 338661518ed9 70
天使はモップを持って

掃除の天使が現れます。 オフィス・ミステリとか言うんでしょうか。日々の小さな謎を解き明かします。 ふわっと読めて、グングン読める。わかりやすくて清々しい。 掃除、がんばります。

約3年前

Icon user placeholder427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302bE323458d 7470 4a37 9b26 7b39e079358f
死神の精度

死神ってこんな風に身近にいるんだろうか。いてもいいのかもしれない。 短編集なんだと思いますが、長編かもしれません。 死を題材として扱う作品なのに、重くない。むしろホッとするくらいな作品です。 特に終わり方がホントにステキです。

約2年前

F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037Dc7a65b6 97a3 4c2e 9d67 20198ce32f0d94ecfa9b 97b8 42a1 b1c9 a562d901bbb212a525a9 2a7a 48c3 8710 ee37426c9da0Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 180
花咲家の旅

花咲家の物語の第3弾です。短篇の扱いのようですが、ぜひとも続けて読みたいところですね。 それにしても、ことばがとても優しくて、明るい物語なんです。ちょっと沈んだ気持ちもまた前を向こうって思えるような。 優しい奇跡の物語をどうぞ。

約1年前

Happy Box

小さな幸せがたくさん集まって大きな幸せに。見る目が変われば同じことでも幸せに思えることもあるし。 身の回りの小さな幸せに気付けるようになろう。そう思えるアンソロです。

約1年前

美都で恋めぐり

関西ゆるカワ恋話シリーズ・第2弾。 不器用で素直でわかりやすい恋話。 昔、大阪に住んでいた身としてはちょっと懐かしくもあり。 ほのぼのです。ほんわかします。

約2年前

5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffbF430cdbf 9dc6 412a a2ab e5819bebd5ff
東京ホタル

このイベントそのものは知らなかったんですが… ホタルの光をめぐって、再会と別れの物語。ホッとしたり、懐かしくなったり。 久しくホタルを見ていませんが、夏になると見たくなります。 初めての作家さんの作品もありましたが、全体を通しての優しく温かい空気のおかげで、好きな作家さんが増えました。

約3年前

新釈 走れメロス 他四篇

森見版近代文学。いつもの森見スタイルです。 舞台は京都。毎度おなじみのクセのある登場人物。 それが意外と原作に近い物語を演じるのがまた不思議なところ。 原作を知っていても知らなくても、森見作品として十分に楽しめます。

約2年前

5add06fa 3a81 4e51 a9cf 262f9b4137948fcaf0da 77c7 4afd 8ee6 f3672ed4fc1553c23405 a8f2 48b2 9cd1 753daadf96974c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b52441d909 2217 40db 860a 438a4b7b7884Icon user placeholderCe355c37 d6dd 49dd a50c a03cf152dbe6 34
ユーレイギフト 二度目のさよなら、包みます

あの人に贈りたい、特別なもの。 ファンタジーな異世界と現実の狭間でのやりとり。 最期の別れをもう一度。でも、それは別れではなくてつながりのはじまり。 ずっとずっと、つながっていられるんです。

約3年前

想い出あずかります

記憶でもなく、事実でもなく、「おもいで」。 楽しかったあの時。苦しかったあの時。 いいことも悪いことも、忘れてしまうし、覚えておける。 いくつものことを乗り越えて歩み続けていく。明日に向かって。前向きに。

約3年前

D72a3222 91f0 40ad b34d 2642e29c3ad75cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16F56ad04c 50d7 4640 b545 4a8549bcae7f2a8edadf 1a6b 4401 ab40 3da72b77913bDe6461f6 4acf 4548 84b3 db3fc2d0c06b08f10434 8670 4c74 8bc4 88920ba2d74f6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c 13
ラブ・ケミストリー

ちょっとアタマが追いつかない時もありますよ。 あまりにも本格的に化学なので。 でも、だからこそのゆる〜い恋愛模様。思いっきりファンタジーです。 化学がニガテでも大丈夫‼︎“そーゆーもん”くらいに思って読んでみたらいいと思います。 まさに森見作品の東京版ですね。

約2年前

3c54a823 0492 4b6f a0b2 8583d7d963331b6c4080 a829 4171 938b 0ef1cf374c5231e73113 468e 4f47 93d2 10b48b46136c1b274b27 8d3e 4894 8dee f094d1dfb7239fb79438 eab9 4d97 a4b8 f0c92db6834338b402f6 b97b 4604 bb72 36e782b286ca
フロム・ミー・トゥ・ユー 東京バンドワゴン

ここに来て今までの裏話を語られるなんて… それぞれのキャラクターが持つ個性がそのまま語り口にも表れていて、まさに『フロム・ミー・トゥ・ユー』です。 でもやっぱり、ばあちゃんの語り口は安心感のある優しさがたまりませんね。

約2年前

9b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74Effb4c23 fb3f 47c8 9686 b73b6f1adf975a8a499c ffee 4107 9fad 3c209d7669ed9ee3c1b5 8d22 46ed 89fc e25993a46b669060eae1 17dc 41eb acd6 f4a40bb7e028571941e4 2a7c 42b8 980d 652171f1833fFcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699db 8
マリアビートル

読みたいのに読みたくない。なのに、ページをめくる手は止まらない。そんな作品。 グラスホッパーの続編ということで、少し懐かしい登場人物も。 気持ちが悪くなるような『悪』と、気持ちがいいくらいの疾走感。 これだから伊坂作品はやめられません。

約2年前

E5925ba0 70a7 43b3 9e84 b497c76451495add06fa 3a81 4e51 a9cf 262f9b41379494ecfa9b 97b8 42a1 b1c9 a562d901bbb23bebc3fc c2d2 4600 a1cc 673138e81bf94c412943 1757 438d ac15 338661518ed970dfd73c e07c 4c21 ae6c bfb550756439F6c4487c b640 4480 993b f9ddc1e13683 145