Be90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a1

まるたろ

好きなことは、何もしないこと

好きなことは、何もしないこと。 90年生まれ 下北沢 弁当部

162

コメントした本

漫画みたいな恋ください

個人的に、常々感じていたことを改めて思い出した。 重い女になりたくないと思っての、その結果の振る舞い(言う言わない、するしないの言動すべて)が重い、というか、そもそも重い女になりたくない、という考えがそもそも重いんだよな、などと。 人ときちんと向き合って、誠実な人間関係を築くことが苦手で、うまくさらっと逃げてきた(つもり)。 嫌なこと、考えなきゃいけないことがあると、途端に眠たくて眠たくて仕方なくなってしまう逃避癖。 言いたいこと伝えたいことがあるはずだけど、こらえた方が楽、うまくいくいい方法、と問題を直視しない。 その悪い部分を指摘されて、きちんと言葉にして伝えようとすると、何故だか声の代わりに涙しか出てこないこと。 鳥飼さんと私とは、きっと違う部分だらけだろうけど、彼女の綴る日常、行動、思考、感情に自分自身を重ねて苦い辛い気持ちになる部分がたくさんあった。その分、これからはこうしなくては、と建設的な気持ちになる部分もあった。過去、こうしたら良かったんだろうなぁ、という正解かどうか定かではない気づきもあった。 歳を重ねれば、経験が増えれば、大人になる、成長できる、と思っていたけど、そうではないことにもやっとここ数年で気づき始めている。 人はそんな簡単に変われない、それでも少しずつは変わることができる。なんなら変わる必要はなくて、手放すべきものがあるだけ、に気づけるようになるんだなぁ。 と、読みながら色々考えて気づくことになった一冊。鳥飼さん、ご結婚おめでとうございます。 気持ちが挫けそうなとき、その先何度もこの本に支えられるだろうなぁ。

約1か月前

古市くん、社会学を学び直しなさい!!

「一に好奇心、二に好奇心、三、四がなくて、五に尻軽さ」とは、社会学を学ぶのに向いているのはどんな人でしょうか、という古市くんの問いに対する上野千鶴子氏の回答。 人が好きで、だから人と人との間で起こる問題や不思議が気になって、社会学を専攻していたものの、で、社会学って結局は何??議論しても最終的には、多様性を認めよう、でしか締めくくれない歯がゆさ(というか、自分の無知、浅慮)。大学4年間を終えて手にしたのは、更なる訳のわからなさ、どうにも出来なさだったわけで。4年間わたしは何を。。。となる今。この本が、わたしが気になっているものやことは無意味でなかったと、支えてくれている、、、気がします。

約2年前

Icon user placeholder73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b1ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5fD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cIcon user placeholder5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f 16
都市を生きぬくための狡知―タンザニアの零細商人マチンガの民族誌―

5000円くらいします。はやく読みたい。

約2年前

9dbe19df e154 4208 bbe4 03e90152563b      2 normal
庭猫

わたしにとっての、本当の猫って、こういうイメージです。だから嬉しかった。

約2年前

Bdd44aab 9802 4d79 830a 833cf9a99b7d06c4cd57 92a0 4ffb ae8b 84d8aaca53a40f57de70 272b 416d 9887 8654e83c6163E8c6b8d0 c407 409f 90eb f26870078629Fbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd40036c90e7 3a9e 46e4 83af a2cdfb73eb51
おとなの進路教室。

「選んだ先が、結果的にすごくいところだったとか、よくなかったとか、自分の選択が、あとあと、まちがっていたとか、そんなことはどうでもいい。 意志のある選択こそが、自分の人生を創っていくんだ。」 本書より。 一度落ちて、深く潜って、戻ってきた人、だから言葉に力がある。強い力が。 どうしようもなく弱い、人間らしいところを受け止めて、肯定してくれる。自分のことを自分で考えられるように、問いをくれる。 ズーニー先生の講義、また受けたいなぁ。

2年前

90ec6291 8dbd 4aa4 a029 1ebb09dd4beb0b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1ae22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f19c8fb263 ada0 460c ab02 e8ce70259afd1d813434 4499 4c3d 9919 d89a274d467aE4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d2E8cb140d 161d 4fde b00f 73b42452522b 8
12星座小説集

蠍座、B型、女、(長女)。 この共通点がある人とは、会ってその日に何とも言えない通ずるものがあって、しばらく連絡をとっていなくても、急に思い出して無性に会いたくて話したくて堪らなくなることが多い。私の場合。厄介者同士か。 単に産まれた日によって分けられる星座、だけれど、人間も動物で、星か宇宙かなにかそんな壮大なものの影響は確実にあると思う。 それぞれの星座にまつわる物語を、自分の生まれの星の作家が綴るアンソロジー。姫野カオルコが乙女座、と知っては〜ん、さすが、裏切らない、と唸ってしまった。 ちなみに、蠍座の物語、書き出しがすごく好き。

2年前

1bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387136cfd1f 6268 4af0 b07f 89097c7730feFe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa475e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec03
パリ仕込みお料理ノート

悲しいときにもおいしいスープ、とは本当にその通りだなぁ。

2年前

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

すげぇこれ。映画のイメージ写真から受けていた印象と180°違った。皮一枚剥いだら、わたしも、あの人もみんなこんな感じだろうと思う。こんな緊張感のある文章、初めて読んだくらい。 高橋源一郎の解説にある通りの、どうしようもないほどの、絶望の物語。

2年前

94a16809 d7e4 4739 9945 2a23723d73d4Efa39ca2 a42e 4e85 be94 63cb80ed331d0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4141c0978 c438 4536 85b8 352c66db0bb000c9dbaa 548b 4bb2 8b88 323e57910ea2A525e0a3 247f 44f6 833e fc53728d75b6Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1 11
レモンケーキの独特なさびしさ

哀しさ、ではなく、なぜさびしさ か。 書き手と訳者この2人だからこその、唯一無二の小説。

2年前

A0c83aa7 024d 4bf8 b6a8 c554669d0e4dAda2923b d590 4ba5 b44b a8caf1f8497a5d5b3b7f dd37 4d9c 9590 5fbf0905ecaa10770c70 16d0 4737 b9e4 bd917d3bfb0b8210e25f d30f 4927 97af a6cd3a0c31e8F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9B8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e 14
ハチ公の最後の恋人

今までそばにいた好きな人が遠くへ行ってしまって寂しくなり、自分だけが変わらずにいることに不安を覚えるとき。季節の変わり目に心許なくなるとき。節目、節目でこの物語に救われてきた。 変わらないものはないし、本来の自分はわたしが思うよりきっとずっと強くて、この先は明るいぞ、という予感がする。そんな物語です。 とにかく、主人公から見た日々の景色が綺麗。感受性が強いというのは、時に苦しく辛いだろうけど、とても羨ましいと思う。生きてることを全力で感じられるだろうなあ。頭にターバンを巻いたまま外出したり、落ち込んだハチを慰めたり、一緒にコーヒーを飲んだり、限られた時間だからこそ密度濃く過ごすふたりの姿が本当にまぶしい。きらきらして見える。結末が、結末でないところがとても素晴らしい作品です。

10か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda645b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f4f0ea177 743f 4ed5 8718 2763ce43fdae 12
ぼくらの文章教室

「人生」の「豊かさ」は自らの人生を見つめる視線の「深さ」にある。なるほど。良い文章を書くには、やっぱり『考える』がたいせつなのですね。

約2年前

28174e86 c8e7 4733 a2dc a2e2ed635dec72c570e5 f45f 4b6b 91d8 cbd0cef607d3
逢沢りく 上

良かったです。けど、私にはそこまでハマらなかった。経験や、想像力が足りないのかもしれない。

約2年前

0b5c0687 b22a 45d8 9a47 c37952097ec0C2553245 84a1 4fc5 9f70 0e2a6896e832Bb0b5db3 204b 486f a93b 668539339fe3E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab67Ef4056d8 4c77 4727 8c8a 4ec70402cae3D4dc49de 289d 4364 9d46 b2bde4005b3f2c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267 56
愛と欲望の雑談

自分の生きづらさの理由を、ふたりが明らかにしてくれる。もはや当たり前のことで、辛いと感じていることにすら気づいていなかったモノの形が分かりやすく立ち上がってくるのが面白くて、あっという間だった。雑談という名の、このふたりの考察や議論をもっともっと聞いていきたかったなぁと思う。

2年前

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184Icon user placeholder4d9421b7 30ff 445c afdf 7120ac33f6dc000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8D7c79481 afa4 4b32 94de 00088e7e9de0Fcb280b8 4b15 458c bf03 d043cdcb6421E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f 23
桜前線開架宣言

有名な歌人って、高学歴が多いのか?特に最近。

2年前

69b3c012 e0f8 4b96 b4ff 0b9ab8c917144302bf7a 4009 42d7 b858 83dc71a84588Icon user placeholder5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd1675657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b01B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca2f2dc317 12d9 4c52 9738 f964578be5fc 10
世界で一番乙女な生きもの

髭男爵(もちろん芸人の)に告白した話があって、それがすごく面白かった。

2年前

わたし恋をしている。

既視感がすごい。浮かれていながらも、すごく冷たく自分のことを見てる自分、に改めて気づく…その冷たさも、無駄にケガしないための保険であったりするのだよなぁ。 五七五の川柳に添えられたイラスト、に書き添えてあるひとこと身に覚えある人、多いと思います。恋をしてても、してなくても。

2年前

4b3d57f3 365e 40e7 a032 efbf709f22ab5337d631 62b7 41da ba12 e540ad5f27cfAe646a14 9683 469d b05a 35ea28a58d770bd7569a ae70 448f 9f65 90008b473ea3
回転ドアは、順番に

たった2.3秒。一歌分の文字の並びを認識するのなんてたかがそれくらい。だけれど、ゆっくり頭の中でよみあげて、読み進めて、1ページ捲って、2ページ戻る。最後まで読んで、また真ん中に戻って、飛ばして。じっくり、じっくり反芻して反芻して反芻して咀嚼して、したくなる恋愛の、連々歌集。たったこれだけの文字数で、こんなに苦しくるとは思いもしませんでした。自分のことではないのに。ほんとにほんとに素敵な物語でした。そう!これは、物語でした!

2年前

F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c7976e9ef3c4 7866 4d4c b8de 60ba84299a30F74cd29a 9994 4b78 87f9 bf9ffd937eca5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5fF7386da8 ed29 45ff a6ae 281069072763E9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc20740000a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920 20
珠玉の短編

主人公の少女の名が、マリであるところが、あぁ!もうたまんないよ!一本目のサヴァラン夫人でぜんぶもってかれました。書店で開いて、1ページ目の3行目で、これはすごい短編集だわ、と悟りました。 これこそ山田詠美の真骨頂!的表現に痺れるところあらば、物語としては今まで見たことない!と感じるところもあり。ベテランなのにここへきて、新しい面を見せてくれるところが読者としてとても面白く、嬉しい。

2年前

46180684 68a3 4ac7 9a96 28c49e42800d7f2fef6c 38d4 4bdf bd91 9842eaa0e6f0151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Icon user placeholder7afc49fd 4299 4bf6 8c4e a0e5167998fc89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e
真昼なのに昏い部屋

これってもしかすると、とんでもフェミ小説なのでは??と感。素晴らしいです。

2年前

C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d870823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58f4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacDaf6073a 6c66 4126 bc03 676433aab319Eee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9 16