Be90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a1

まるたろ

好きなことは、何もしないこと

好きなことは、何もしないこと。 90年生まれ 下北沢 弁当部

175

コメントした本 ページ 2

パリ仕込みお料理ノート

悲しいときにもおいしいスープ、とは本当にその通りだなぁ。

約3年前

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

すげぇこれ。映画のイメージ写真から受けていた印象と180°違った。皮一枚剥いだら、わたしも、あの人もみんなこんな感じだろうと思う。こんな緊張感のある文章、初めて読んだくらい。 高橋源一郎の解説にある通りの、どうしようもないほどの、絶望の物語。

3年前

0cc66c8c edb4 4949 bc0e 7b0cb5a4e40880392701 d10b 469d a3ac 7c60c2d0493d94a16809 d7e4 4739 9945 2a23723d73d4Efa39ca2 a42e 4e85 be94 63cb80ed331d0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4141c0978 c438 4536 85b8 352c66db0bb000c9dbaa 548b 4bb2 8b88 323e57910ea2 13
レモンケーキの独特なさびしさ

哀しさ、ではなく、なぜさびしさ か。 書き手と訳者この2人だからこその、唯一無二の小説。

3年前

A0c83aa7 024d 4bf8 b6a8 c554669d0e4dAda2923b d590 4ba5 b44b a8caf1f8497a5d5b3b7f dd37 4d9c 9590 5fbf0905ecaa10770c70 16d0 4737 b9e4 bd917d3bfb0b8210e25f d30f 4927 97af a6cd3a0c31e8F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9B8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e 14
断片的なものの社会学

わたしも、この人に話を聞いて欲しいと思った。なんでもない、面白みもオチのない話を。

3年前

6db3f0a2 636e 4594 91af d342928bb00912df172d 2fc8 4ebc a05f 8c32465ae3bc5ed9d885 1800 4df1 bd38 72be7f43f53bBa0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3Ef71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7b3a1be093 1d7d 4e6b 8010 9b9691e1d3b1B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4 177
電子書籍の衝撃

本好きを、本屋好きにさせる本。この本で、千駄木の往来堂書店を知りました。文脈棚を知りました。好きな本屋さんがたくさん出来ました。いまは、本屋好きな人好きになりました。 ただ、本が好きとか、紙の本がいいとか、リアル書店がいいとか、言ってるんじゃなくて。ただの本好きとしても、知っておかなきゃいけないこと、考えなければならないことがあるんだなぁ、と初めて知らされました。ちなみに、この本は学生の頃にディスカバーさんの面接に行ったときに教えてもらいました。出版に興味あるなら読んでおきなさいよ、って。結局、最終面接で落ちました。 当時まったく意識しなかった、というか今の今までなんとも思わなかったけど、このアプリで表紙の写真をサムネで見ると、この表紙おもしろいなー!ってなるね。

3年前

芥川賞はなぜ村上春樹に与えられなかったか―擬態するニッポンの小説

なるほどー、と思った記憶はあるけど、なんでだったっけ。読んだのだいぶ前だから忘れちゃった。 追記:6年前の、初読時のメモが出てきた。こんなものを残していた記憶がなく、読み返しても中身内容全く思い出せない。自らが残したらしい、メモで気になるところを抜き出す。↓↓↓↓ 「農村から夜這い消滅」、「『粋』とは遊郭内に成長した観念」、「出産時期→梅雨前後」、、、 なるほど、村上春樹の小説そのものでなく、その時代背景を出発点に、たぶん、世界の文化や歴史と比較し、日本の文化や歴史について知れる本なのですね。

3年前

こんな私はだめですか?

アラサー女子7つの大罪を暴く!とか書いてあるからどんなこじらせでどんなにグサグサ刺してくるかと思ったら、そんな大したことなくて軽く読めるお話でした。不幸になる人がいない、良いお話。

3年前

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eIcon user placeholder
月と六ペンス

H.A.Bookstoreさんと双子のライオン堂さんが、本のフェスで企画されていた、百書店の本屋祭で購入しました。六ペンス、という単語にやられて。 まだ読めてないけれど。海外文学って、とっつきにくいと思っていたけど、翻訳文って軽快でリズム良いから、詩を読む感覚で物語を楽しめる、超おトクね。 また、姫野カオルコ ツイラク の隣に並べたい本が増えてしまった。

3年前

9f07f1ed fea7 4553 b8ca d8123b7dc4fbF9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0A1432992 3ed7 4dff a1fd af97b0bd57019c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaa8a6fe88f 49a5 4a64 a0e1 5656d2970eb224a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a3572402e0 ed1e 441f 98b8 07d1e736f1fa 135
愛はひとり

「霊能や巫女能力は卑弥呼の時代より処女の専売特許。真実なり。コロ助。男女問わず、セックスすると確実に霊能力は衰えるよ。」 少々ふざけたような単語の並び合わせで、鋭く本当のところを、心地いいリズムで、突き刺してくる、姫野カオルコの真骨頂ですね。そうそう、もう当たり前で、慣れて、なんてことないけど、ひとりって、楽で、それでいて寂しいですね。寂しい自分も、嫌いじゃないけれど。でも寂しいですね。

3年前

受難

バッキー、バッキー、ドルバッキー♪だ〜め〜だめだめダメ人間〜♪と、股⚫︎に棲みついたオデキが歌い出す。真剣にイラつきなが読み終えた。途中で投げ出さずに最後まで読んで良かった。こんなもの真剣に書いているなんて、姫野カオルコ氏オカシイよ!この本を手に取った人もどうしてだよ!オカシイよ!

約4年前

回転ドアは、順番に

たった2.3秒。一歌分の文字の並びを認識するのなんてたかがそれくらい。だけれど、ゆっくり頭の中でよみあげて、読み進めて、1ページ捲って、2ページ戻る。最後まで読んで、また真ん中に戻って、飛ばして。じっくり、じっくり反芻して反芻して反芻して咀嚼して、したくなる恋愛の、連々歌集。たったこれだけの文字数で、こんなに苦しくるとは思いもしませんでした。自分のことではないのに。ほんとにほんとに素敵な物語でした。そう!これは、物語でした!

3年前

2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b78c6a70a df69 4358 b413 6567a1e76cce00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c7976e9ef3c4 7866 4d4c b8de 60ba84299a30F74cd29a 9994 4b78 87f9 bf9ffd937eca5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f 22
珠玉の短編

主人公の少女の名が、マリであるところが、あぁ!もうたまんないよ!一本目のサヴァラン夫人でぜんぶもってかれました。書店で開いて、1ページ目の3行目で、これはすごい短編集だわ、と悟りました。 これこそ山田詠美の真骨頂!的表現に痺れるところあらば、物語としては今まで見たことない!と感じるところもあり。ベテランなのにここへきて、新しい面を見せてくれるところが読者としてとても面白く、嬉しい。

3年前

3c38a038 ffd2 4538 be9d 0b6c6d704a9c46180684 68a3 4ac7 9a96 28c49e42800d7f2fef6c 38d4 4bdf bd91 9842eaa0e6f0151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Icon user placeholder7afc49fd 4299 4bf6 8c4e a0e5167998fc89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e 8
真昼なのに昏い部屋

これってもしかすると、とんでもフェミ小説なのでは??と感。素晴らしいです。

3年前

Cc10a8a3 4ef4 467d 9453 83dc40b9393973b29d1b dab2 4ae0 a07e 170e1cc5755dC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d870823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58f4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 18
福島大逆襲

笑えてしまって仕方がない。マツ、愛おしい。 音楽と人で連載されていた、THE BACK HORN ドラマー松田晋二と、音楽と人編集長金光裕史による対談の書籍化。あと、対サンボ山口氏、作家の古川日出男氏など。 ぜんぶ嫌になったときはこれを読む。癒し。

3年前

教室内(スクール)カースト (光文社新書)

桐島、部活やめるってよ がハマった人にはぜひこちらも読んでほしい。これ以後、スクールカーストの研究っていまどうなってるんでしょう。

3年前

2cb5b581 20be 4158 85d4 1f1a29ad5c58A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3eIcon user placeholderIcon user placeholderDbdf6487 9a88 4cee a36d 8c72cc3a37811c1c2eed ad80 4d0d a6a6 88f25caa11a0F323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd 11
ちくちくウニウニ

小学生からのバイブル。

3年前

もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。

ふつうの、当たり前のことしか書いてない。 でも、その当たり前をやるのってすごく難しい。出来る人って、そうそういない。続けるのは、さらに大変。わかってる。 だからこそ、これを読んで実行すれば、周りと大きな差がつく。 っていうことを意識するために、常にそばに置き定期的に読み直したい一冊。

3年前

A4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186fA5842465 cd81 4d78 acd9 29b6e11548d3E3329a10 e173 4104 866b 4c17ea3b1d28Ffe48b43 89c7 4b3f 9fb3 0c011bb5d0037a943f7a e1d2 45e2 a2e6 0478f4cb950171e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e9527dd1aaf 4baf 48e0 9f98 4797ae8947f5 34
みんなのおうちカレー

どうしたら、こんな本が作れるのだろうと思った。レシピ本だけど、レシピ本でない。おうちカレーのレシピと、そのカレーにまつわるお話、にとどまらず。 それぞれの人の食への想いや、仕事や生き方に対する考えを丁寧に聞き取って、上手に構成されているな、と感じた。 1ページ1ページ、それぞれの人が想いを込めてつくるカレーに同じく、とても気持ちを込めて作られた本。これは、ぜひ手にとって指ざわりや視覚や、すべての感覚を総動員して読んでほしい。 ほんと、取材力なのか企画力なのか、構成なのか、すごい本だと思うー!

3年前

コロンブスの犬

小心者が故の、大胆に全部置いてふらっと遠くまで行っちゃいたい願望が掻き立てられる。超がつくド、インドアなのに。人と話すのも苦手で、自分が何を考え、望んでいるのかすら自分でもわからない。そんな人間ですら、ブラジルに行きたくなってしまって、実は行ってみたら案外生活できたりして、人生なんて簡単に変えられるのでは?と錯覚してしまう。 何事にもとらわれずに、素直にこう進むべき、という自分の気持ちだけを連れて行く旅がしたくなる。

3年前

クライマーズ・ハイ

横山秀夫かっこよすぎる。

約4年前

18dfc70f 9cf4 4b77 9926 2ca9b6a433b828d8afcf 375d 49db 9477 c5ec017a6880Icon user placeholder58b5566d 83bb 4051 87e5 7cb861f09d66Bb9ff419 ca99 4e13 acce ffc12d47e08bE7245062 a26c 4832 b620 d50414471cdd05e7d16f a937 4cb4 b53b c35cba24dc71 55