95db8e51 2601 4c3e a38c 143244a97677

Shogo Tanaka

弁護士

弁護士。 大体なんでも読みますが、エッセイが好きです。

38

コメントした本

谷郁雄エッセイ集日々はそれでも輝いて

タイトルにピンときた人は買っていいと思います。 普段何気なく使っているような言葉を磨き上げると、こんなにも人を元気にできたり、ヒヤリとさせたりできたりするのか。言葉のすごさをシンプルに実感できます。

約4年前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f693f3def c09b 44c5 a99c cc17f4601004B3e3d963 edd8 4b63 a500 a5a966c347c403e234e4 e0fa 4c94 a222 0416377d2200
水丸劇場

4コマ、エッセイ、フィクション、イラスト、そして知人友人から語られるその生き方。安西水丸さんの多方面の活動を1冊にまとめて追悼する良本だと思いました。 村上春樹さんの文章がないのが画竜点睛に欠ける印象。

約4年前

ペンギン・ハイウェイ 角川文庫

郊外の町に大量発生したペンギンが来た道(ペンギンハイウェイ)を辿る少年。 あり得ない設定の積み重ねにもかかわらず普遍性を持つというSFの王道を森見さんはテイストを崩さずにやってのけた。

約4年前

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Icon user placeholder0c5f0435 8852 4ed7 be9a 27f721c6fad70afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacA11961e6 7b60 48e0 8001 54700858993d 9
孤独のグルメ2

安定のクオリティ。ゴロウさん少しおっさん化したか(駄洒落とか)?

約4年前

4a802ab9 065a 4d7a 8df6 ad0a4ece460fC48b73c6 3ba1 4f65 84cb 92303acae38277f3dc6f 2a14 4155 839d 042d412dc8385df63fa8 2246 482b 9da4 69582046dd54
かくかくしかじか コミック 全5巻完結セット

美大受験のための絵画教室に入っていた能天気な高校生の頃の話は漫画という感じで面白く、怠惰な大学生時代から現在につながるところはだんだんリアルになって読んでしまう。 そこに定点として先生がいた。

約4年前

91cbbfc4 a786 45db a9f5 86da0ccccffb3982564d f8a1 4ef3 9e46 85fa855d45b0Adb973b1 5e56 4072 9201 21a3653ecf2a96720e30 7fbb 4be5 9f88 65102b0ab49eCfa6cdb2 66fa 4beb b02d 6667e25c0f86E1615d76 4c38 40a2 8ca4 c2471e011a0c89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e 22
大人の友情

照れくさいけど、やっぱり友達っていいなと思えてきます。裏切りや恋愛感情も含めて、人との関係を見つめ直す機会になりますよ。

約4年前

9e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffaB58225fe 0d10 469d 88b1 fef8ec4a30c3Ae646a14 9683 469d b05a 35ea28a58d77F179be5f e1d3 48aa ba80 3c9c277a7ff37e7c25d0 bbf1 4242 9eed d99032b3cf33
NEXT WORLD―未来を生きるためのハンドブック

全くノーマークの技術分野、いつの間にかにすごいことになっているようですよ。若返りや犯罪予測。ワクワクするというよりも恐い、というのが本音です。

約4年前

4a48af71 27f9 4ace a319 c5c3e6b676649af1c933 3068 4493 8e14 f48f46aa5bfe
風の歌を聴け

大学のとき読んだよりずっとすんなり読めた。ひとつひとつはほとんど意味がない断片だけど、組み合わせやリズムが心地よい。 『職業としての小説家』に出てくる村上さん自身ご小説を書けると確信するエピソードまで織り込まれていた。

約4年前

C6743f05 5a1b 479c 8c59 a350d452bdc8E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cddB5708f76 217c 4c9c abb1 152f384dbb8b21432533 9b51 424a 8da3 02b49eff6cb8F592a238 51eb 4b1a a39a 41e5624f1ff990a75e30 a2dc 40fc b779 5ebad57b901d4dc45e58 ea2b 4509 8f80 51dbfe67f5e9 116
「これだけは、村上さんに言っておこう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける330の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?

村上さんのところが面白かったから昔の方のも読む。 それにしてもものすごいファンサービスだな。台湾・韓国の方からの質問に対しての方が明確に(よって丁寧に)答えているけど、日本語のふざけた返答を読めるのも嬉しいと思う。

約4年前

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f9b55a4b9 37db 41d2 92fa 8508e79469f7Icon user placeholder89a2efea ff0f 4859 9ea7 084669af27bdFa1ab365 c930 4a1f ba8c 4e06f9a47f81
わかっちゃった人たち 悟りについて普通の7人が語ったこと

悟ってる? 悟りを身近に感じる一冊。普通の人が自慢でも教えでもなく普通に話してくれる感じがいい。

約4年前

困難な成熟

この本を読むと、内田さんが一貫して書き続けているのは「生きのびろ」という力強いメッセージとそのための方法だったんだとわかります。

約4年前

1c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd7520E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f44B46867b6 d26f 44c3 9ff4 ea2fe9ea613505d3cb45 0bcd 474c 8244 fc07560149fd8f09626d b87f 4391 b987 daee56b364dbD695aa62 24d5 4552 ba08 f4e8ba6bef75Da734d0e 4ffb 449e a17c c3072b27b80a 8
進撃の巨人(16)

こりゃ流行るわ、面白いもん。 雰囲気マンガの対局を行く作り込まれた早い展開でぐいぐい読まされる。

約4年前

murmur magazine for men 創刊号

曽我部恵一の表紙かわいい。食べない、携帯を持たないという引き算の特集は面白い。間に受けすぎないよう注意したい。

約4年前

0580c986 f0ee 4e4d a855 d70941f23702C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746Fbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd40D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f986994610050 28a3 4194 bba5 b0de45b4447f
大事なことだけすぐにわかる マイナンバー制度

ネットで調べりゃすぐわかりそうだけどワンコイン払ったから最後まで読んだ。やっぱり知っておかなきゃ。

約4年前

子どものまま中年化する若者たち 根拠なき万能感とあきらめの心理

この本の良くない点を書き挙げるにはstandは短すぎる。添削しかけてやめた。おじさんが若者をどう「見たい」かがよくわかる。

約4年前

Icon user placeholderIcon user placeholder4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 9
東京奇譚集

メモ: 1.相手の話をよく聞くこと 2.美味しいものを食べさせること 3.服装を褒めること

約4年前

406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e976d6a7701 f781 4f5a a4d4 5d7a26318e7433c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf73753e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aA10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af30970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b 44
職業としての小説家

今まで語られることが少なかった仕事や自作について、真正面から書かれていて戸惑いました。 『風の歌を聴け』は書くべきことがないということからスタートしていること、『多崎つくる』がもともと短編のつもりだったこと等、興味深く読みました。 何かの節目なのでしょうか?次の作品が楽しみです。

約4年前

Bb9ff419 ca99 4e13 acce ffc12d47e08b136aee2f 5d52 40ac a350 633a63075b5022cee97b 9739 4c14 a208 4c51d4891490D712c206 78c0 44ff af6c 84b3d20b4d8f1589ab15 bc91 4551 83ec 2a88bb4c65a3Ef493691 aa4e 4c7d 918f 51593b45171b28152936 0cef 4431 8f58 9f531d6d7601 53
ドゥルーズ―解けない問いを生きる

村上春樹の小説では、生々しい現実に対してどうまっとうに対処するかが描かれているらしい。 「卵」としての世界という見方が、それに何がしか関わりそうに思ったが、途中で難しくてよくわからなくなった。

約4年前

A子さんの恋人 1巻

近藤聡乃さんによるまさかの恋愛もの。リズミカルで端正な絵はそのまま、三角関係なのにドロドロしてない、予測できない今後の展開が楽しみ。

約4年前

Icon user placeholder14af2cf8 d6e5 4ce8 bb2b 517a269ca2afAd5a55e5 fdd9 427e 9932 2c9845ccb1756c203172 9338 4f25 8b69 7e892d67b66899167f89 c9dd 4b3f 85c6 b925b4032a50Icon user placeholderF456dd6c 5985 4bb4 9305 d2c780a3b4b0 41
白エリと青エリ 1

ありそでなかった仕事について考えるマンガ。ゆるい展開、かわいい絵だけど、自分の働き方を振り返らせてくれるようなフレーズが出てくると思います。 「現実なんて、しょせん遠くで待ちぶせしているだけでずっとチラチラ見えているじゃない?逃げるまでもないのに」 題名はなんでしょうか?ネギ?

約4年前