61b88623 7cfa 425e b2c4 af3aadd16c52

gamita

Tokyo / Book Editor

Tokyo / Book Editor /

20

コメントした本

やっぱり美味しいものが好き

ファッション誌ヴォーグに連載されていたfoodエッセイ。 筆者いわく、自然界を食べ尽くしたい!だそうな。美味しいものに対するこだわりと、その熱意には大変畏れ入る。 ブッ飛んでます、この方。 さらに単なる美味しいものレポートに終わることなく、社会的、科学的観点から冷静に分析していたりするので面白い。 トロ、チーズ、ポテトグラタン、エスプレッソ…… さぁ、美味しいを読もう。

約4年前

喜嶋先生の静かな世界 The Silent World of Dr.Kishima

科学的とはどういうことか? その問いに対して、小説でこたえた一冊。エッセイのほうも是非読んでほしい。

約4年前

Icon user placeholderIcon user placeholderA92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955f50702c8b 7efc 4870 940b ebf85778d7f163245ee8 3e59 4747 b44c dcdb38723c70Dbea8975 e92c 4a59 8a07 cbd61456d1810e27f352 c5d2 4655 aad6 a96c61963620 18
ソラリス

SFの気分なもので。 毎日こう暑いと、意識だけでも宇宙にもって行きたくなるもので。

約4年前

A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656D7c23089 7448 45fa a433 483c46fbe5c9677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6738042d4 0cd8 4886 9ccc 68acfc6695346db529aa 747f 4253 927c ed679afaf26b7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d1c046575 9802 405d a2b9 6cab4f6a1e9d 48
はい、チーズ

装丁のヴィジュアルに惹かれ、ヴォネガットであることに歓喜し、即断即決で購入した短編集。 なかでもリトルピープルが良かった。

4年前

11dd7d62 59be 4500 ad10 689b0e73e15742caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3e38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823470fe9fb 70e0 4f4c a7ec 4115ac19979f774af42e 30e9 462d a3c0 2639c09025a8931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 9
リルケ詩集

リルケにとってこの世界は生きにくかっただろうと思う。痛いほどまっすぐな言葉たち。 「ゆたかな林檎よ」を読むたび、わたしは嬉しくなる。大人がコーラを飲んで美味しいと思うような、キラキラした気持ち。

4年前

044abe3d 44a3 4c18 a114 62addfd8100447e79340 66ee 4a21 b6bf 584493fa920b151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Bd8816a3 9c42 40a8 973c 50b2135518f0Ffb27c8e b357 4048 813e fa968c73c4c63a22042c 4cc3 4067 a0ee d898a900b992
わたしのワンピース

好きだった。とても。

4年前

F43b9ce3 7c9c 4583 aad8 8e9b8558a1d450a64c46 0ddd 4b2a ab93 31d5ca06eda371e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e952e3f6977 6df5 490a a59c a17a484dbe7b89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e13107912 3820 48ee 8874 efb018c439c124e90f98 f483 4f76 85b8 35f652759bf2 17
大人の女はどう働くか? ―絶対に知っておくべき考え方、ふるまい方、装い方

なんたかんだでビジネスの世界は男性優位だ。だからといって、女性である事を利用しない。しかしけして男性と張り合わない。 凛とした女の流儀をここに学ぶ。

4年前

B2ad83d8 5ff7 47e9 99e4 d699b3b88da3C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb4620f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5C91625e5 5c58 47d3 9a36 a20df7a825edB23dce4f 5cc3 4fe3 a7ba 075f1d0b23d7Icon user placeholder 11
グレート・ギャツビー

とてつもなく孤独な男の生涯。 一般的に女々しいとされることって、実は男らしさなんだよね、なんてことを思う。 最後の一文が頭から離れない。夏がくると読みたくなる作品である。

4年前

Ed56f445 daa3 45bb 8236 00ec7f9edddaIcon user placeholderEf861b1a a3b8 4ad3 9303 1426eb76443dIcon user placeholder84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cddA3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c2 91
氷

お風呂で読了。湯舟のお湯がすっかり冷めても気付かないほど、もっていかれた作品。

4年前

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09fAf23a43c de7a 4b77 a911 0b5446efba2f0997e466 2fa0 4b04 879d 6de72f4a562d96f02de3 0437 436a a3dd 3957e39e5c12Icon user placeholder000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d86e9ef3c4 7866 4d4c b8de 60ba84299a30 37
メメント・モリ

好き嫌いの概念を超えて、強烈なインパクトを受けた。 冒頭数頁のことばが胸に刺さったまま、以来ずっとそこに残っているように思う。 生と死は共に等しく、愛おしくも虚しく、切なくも可笑しい。 折にふれ何度も読みかえしてしまう一冊である。

約4年前

7f9b3aa2 0645 4b95 8599 b88c573f9d4c9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60C41119d5 641a 4faa 92e7 bf677218f36eCbe4f2d1 13c3 462a b758 b01d2ff27a2aD55bfca6 37cf 4e54 830a 5661d051096d9af1c933 3068 4493 8e14 f48f46aa5bfe 9
彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone?

彼女はウォーカロンなのか? タイトル遊びがいつもながら素敵です、森先生。 SF好き、とくにディックのファンには堪らないはず。

約4年前

7ab70a39 2f5a 4d40 8541 11948f1808932a064f6b 6cd1 4a71 8ae9 6139a720614bCbf5359e 4a74 476c 92ff 8fd73b3a99881a24dfe3 fbb1 42af 8df6 535a0ed17ecaEfc5b6cb 5675 4d40 9eb5 1a0c90312dd0920b0282 2ef3 4ce4 94aa f963c9b6650eCd2d28ae 0e91 4b6d a6cb da82ed2a97d6 37
女には向かない職業

主人公である女探偵コーデリア・グレイが素敵で、中学生の頃夢中で読んだ。 きっかけは確か、名探偵コナンの作者紹介のページだった気がする。

4年前

月と六ペンス

自身の欲望に忠実な、周囲を破滅に導く酷い男。 しかし何故だろう。生物として美しいと思ってしまう。

4年前

9f07f1ed fea7 4553 b8ca d8123b7dc4fbF9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0A1432992 3ed7 4dff a1fd af97b0bd57019c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaa8a6fe88f 49a5 4a64 a0e1 5656d2970eb224a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a37a9cc2e9 e307 4227 aceb 7b80eea8b47c 135
百年の孤独

蜃気楼がおきそうなある夏の日に読んだ。 身体も熱っぽく視界だけでなく思考までゆらゆらしていた。 マジックレアリズムを知るには最高のコンディションだったように思う。

4年前

590fa097 671e 4e31 a14c 406731ceda49B357c5d4 925d 41dd 87d5 a56b70265399Icon user placeholderD1dbfcef 42c7 43ee 82f6 a0a6e5a0e946494ebd0f ba2c 4ef0 89df d2e0b5e9ecef9b55a4b9 37db 41d2 92fa 8508e79469f7Icon user placeholder 52
異邦人

真夏の陽射しのなか葬儀場へ向かう主人公が言っていた。 「ミルクコーヒーを飲んだ。大変うまかった。」 何故だかそれが忘れられない。

4年前

C70c8950 1f52 41ea 83f8 44049d97ec048d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac1919F4444dcf 0d4d 4c87 bdaa 22a988078345Cd8b17e5 d216 41cc 91e3 e0bd54c1bf9689ed2dbb 0adc 4fdc b339 c09e20408f7426e6a9ac 97ca 4a1b 972d 8dd5b57e9014Daa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba659 96
「健康第一」は間違っている

バイアスのかかった情報が多い中、真実を真摯に受けとめいま何をすべきかを問う、ラディカルな医療論。

4年前

国のない男

シニカルな言葉とユーモア。人を信じたいという思いの根底には、愛がある。

4年前

Be95d78f 8108 4eff 8194 cfddaac041cb2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b430e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39cC555e0cb 50f1 4d7b 83d8 f2ff66b6769c014253d4 6080 4951 9119 24735184a6962a7b10e5 10ef 4150 b84e c37652fb59dd 24