C017f974 2539 4a01 a5e5 77ca477904ca

いけだとも実(ゼブラ)

演劇と詩と町と梅干し

演劇と詩と町と梅干し

19

コメントした本

ママが死んだ

小学生のときに図書館で見つけて、はっとして読んだ。 大人はわかってくれない、ってずっと思いながら生きてきたけど、わたしも大人になっちゃったな

約3年前

乱と灰色の世界 コミック 1-6巻セット

とても素晴らしくて、少しずつ読み進めている

約3年前

なつの あさ

うんと小さな頃、父親が買ってきて、表紙が外れるほど読んだ。「どうしてそんなに、と思うほど気に入ってたね」と母。 大人になって買い直した。 まるで祈りにも似た、ひとりきりですごす朝。

約3年前

ブラック・ジャック 漫画文庫 全17巻完結

物心ついたころから、何度読み返してもおもしろい。「南無三!」「やったー!」「おまえさん」

約3年前

Db067422 32df 448b 944e 3ea35eb3ade79b55a4b9 37db 41d2 92fa 8508e79469f73adcdca4 209b 4256 afec 2f1c2f7ddf1c
落下する夕方

『子供が言うような言い方だった。私は胸が一杯になる。1ミリグラムの誤差もなく、言葉が正しい重量をもっていた。こんなに正しい重さの「おかえりなさい」をきいたのは、ひさしぶりのことだった。』

約3年前

A12a5249 b612 4153 9316 2db5f8c3836181b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba5777404981 fc50 4a53 a1a2 da9d0bba47466e600628 6069 4671 8d97 275ffb9f998fB6a065d2 1712 4309 8acc b16077f6e90eEee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9A021efde 236c 4c38 9150 d46c55b626ce 70
ゲド戦記 全6冊セット

まだ一巻だけ。 名前をつけるシーンが、夢のように好き

約3年前

30157175 1e5b 4aae 8390 eaefeaad5c02D4276902 fb84 4e56 b283 6ef88369dee5
やがて今も忘れ去られる

高校生のころ、書店に通って毎日のように立ち読みして、それでも忘れられずに買った本

約3年前

648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07b68e29a9f 8219 4940 89ce 92ad42cfc13c2ca45f9c 2423 40ae 8733 77dde49f47bd
詩集 すみわたる夜空のような

好きな人に、感想を添えて貸したことがある

約3年前

8a3c6c69 7e82 4ce3 b03d 6811f4e797c4F7dc501c 6c33 4881 b635 664d542b2918Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a76426957e85b59 b329 45cd a1de 474ab796dd37648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07b3a22042c 4cc3 4067 a0ee d898a900b9922ca45f9c 2423 40ae 8733 77dde49f47bd 8
石川くん

「一度でも我に頭を下げさせし人皆死ねと思いて仕事」 つらい時、心の中で唱えてる

約3年前

13b86e4d b20b 462b ae6a 47244c581e77Fa6d8e33 5339 41ed 95ba f0c688dbca26B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca
キッチン

いつまでもいつまでも好き

約3年前

A12a5249 b612 4153 9316 2db5f8c38361E344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed430a9226a 5ba7 4a2b 83fb 02d2808e052f29ca499b b7c3 42a5 9daa 62cdf29cbea6187bb560 6007 4def bd4d de632e937dc5Icon user placeholder1f7b34d9 4fd3 472b afbb 2e9e411dc2fa 209
ちょうちんそで

架空の妹も、現実の妹も、とてもゴージャスですてき

約3年前

Eee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec93b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890fe53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a23f7bdb3 304b 4883 832c 19739b0d53f16af8b131 1947 49e2 8ca4 bb340709c6fdF3b71d96 12cc 400f 85cd 8bbe2a8db2195990e043 d2f8 455a 9a5f 8b64446df5b9 21
一年一組せんせいあのね―詩とカメラの学級ドキュメント

これがあったから、もしかしたら今の仕事をしているのかも

約3年前

よあけ

うっとりするほど美しく静謐

約3年前

D71abcef 2ec4 4475 9220 016e07293365A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b132618a3718e0 3761 4b9c b4ed 829fd37e95973a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d11615477185df63fa8 2246 482b 9da4 69582046dd5406c4cd57 92a0 4ffb ae8b 84d8aaca53a4 10
しゃばけ

ドラマから入って、そこから読み始めたもの。文庫になるのを待ちきれず、はじめて単行本で集め始めたシリーズ。

約3年前

607f134e fad1 40e8 885b ab9956c45623Af862982 8899 4bc3 b2ac 5bf828e1097b7b0efb6d 7582 4e91 985b 385db17e95a4Icon user placeholderB1af3c18 b6d4 4350 8e97 2d5137b6b5fb642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df740a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a8 24
犬が星見た―ロシア旅行

どうして、食べたものの記録が、こんなに美しいんだろう

約3年前

F0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683aC23297ff 4e40 44bc 90f8 aa7d870dfd7bEc071fbc 2c2f 4f05 8681 4f8f96e6ce3f8da0d2fb b06b 43dd 92e7 cc38c60714fa5abe1566 9dc0 4a11 8589 6409f0a2f655E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a7607e1c1 00bc 41a5 adec 2838ed2636c4 11
君のそばで会おう

図書館で、恋人を待ちながら読んだ

約3年前

84bc05e8 c086 4730 8280 90cd749500af488fe7a1 db79 45e8 a3e1 c730a3f41e9157e85b59 b329 45cd a1de 474ab796dd37648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07b07b27cb7 6c1f 4301 a6be e20e6e4d31224d9dfd36 5487 4fdc 88d3 f1e9b42f930057cbc719 d2b1 446a 9ce0 d6442f06f481 10
くじけな

枡野さんを知って、好きになったはじめの一冊。のぞみは、ひかりよりもはやくすすむ

約3年前

D60e7796 4226 49b9 9645 0105401e8529B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca12461c6f 508a 4709 b49c 08b3c839e2ef