05d8182e 87bc 48b6 a94a 50615cb7dd38

ひでぽよ

文字が血管を流れて海へと広がるような読書…

文字が血管を流れて海へと広がるような読書。

52

コメントした本 ページ 2

春琴抄

忠実な師弟の絆とそれ故の官能が織り混ざった素晴らし過ぎる作品。 才も容姿も育ちも完璧な盲目の女性のもと、“手曳き”として奉公する商人の男“佐助”が、主人を尊敬し、慕い、どんな時も共に寄り添い苦楽共に一心同体の人生を歩む話。 他の奉公人を拒み続けた才色兼備な春琴が唯一佐助だけは“手曳き”と認め、排泄も入浴も自分の手は一切汚さず全てを彼に任せる。 なぜか強烈な官能を感じ、心底師弟関係の深さを感じる究極の名作。目覚めぬよう注意。。

約4年前

E61a6ec7 575a 4a95 890f de3e259be4f04c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b58cd725ca 2539 4ad5 8cf7 3b1985decebe4ac434fc fa99 46cf bce3 071e73212a9eB44317f5 fee0 41dd 9ce3 48445584adf1Icon user placeholderE749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab 63
キッチン

遠回りしてばななの原点を読む(ばななの原点……熱帯アジア、マレーシア…) 世の中には不思議と何から何まで、仮に全て真逆であれ、ぴったりな関係性をもつことができる相手が居る。それは理屈ではなく 妙なもの。そんな2人が大切な人達の“死”により縁していく話。 「本当はみんな、こうなんだわ」 様々な名台詞を咥えているこの作品の深く頷いた台詞の一つ。 努力をせずとも自然と結び合っていた2人の縁に、主人公が初めて身体を張って人為的に縁を動かすシーンで、すりむいた腕の傷を見た時の台詞。前向きな台詞。 なるようになると待っているのも良いでしょう。縁を信じてトキに身をまかせるのも悪くない。しかし自力でそうなるように動くことの何とも素敵な人間臭さ。 とても心が楽しくなる作品。 熱帯アジア マレーシア… ばななの原点、名作です。

約4年前

2f7d9080 c35b 4b8e a300 64c7f2c54b90E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cddBe95d78f 8108 4eff 8194 cfddaac041cb6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9D798ca4f 847e 462d aa53 2cd6c84756e9Dcd670a3 93e1 433c b80e 2fa0748fe7284d0235f6 d13c 4c9c bead 1a6b3560e431 266
の構造 「他者」を失った若者たち

ハインツコフートの自己心理学を日本の精神科医、和田秀樹が徹底解説。 現代日本の精神救済に直結する知恵や言葉がぎゅうぎゅうに詰まってる。 少し専門的で難しい話もあるが、この本を読むことで 自分はオカシイと思ってる人が「自分のような、こういう人間も居るんだ」と安心できる。コフートを知る上での傑作。

約4年前

白河夜船

“眠り”に関する3つの短編集。 僕自身 眠りに対して様々な考えがあり 眠りに落ちる瞬間のこと、夢の事、なにか妙に時期を感じ拝読。 最も共感したのは『ある体験』。 昼間には「今夜は飲むまい」と思うのだが夜になると「一杯だけ」から始まり何かしらのボトルを空けていて 自分の内部に沈み込むように眠り込む事が日常である僕のことを言っているかのような序章。朝目覚めた時のやるせなさや 起きる事の恥ずかしさで 毎朝 懺悔を迫られてるよう。 吉本ばななは不思議な女性だ。 女同士の友情が確実に存在することを教えてくれる。男の自分からすると奇妙な関係性とも思えるソレは男ほど直接的ではなく 多くを語らず陰湿でエロティックで母性的で どの感情が押し出したのか分からない涙がこぼれてしまう優しさがある。 眠ることと死の対比、良作。

約4年前

F907e172 7a29 4613 b4b1 14150ad02460A4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b20906b403 a7cf 4775 bdd5 8082f181150aIcon user placeholder29ca499b b7c3 42a5 9daa 62cdf29cbea6D30db78e dbba 401a 96e1 6b00f9212d8e0a3d1452 5ad9 4f23 a3ad 85e54cbe0bc4 29
かもめのジョナサン完成版

食べるためにというより飛ぶために生きたカモメの話。飛ぶことを極めるジョナサンが次元を超えた時に悟ったことは、“繋ぐ”ことであった…。 短編なのだが、すごく面白い。所々に神秘的なイメージをもたせるシーンがあるが、ジョナサンはそれを最後まで否定する。 努力することを美とする一昔前の感覚は大好き。心を掻き立てられる。良作。

約4年前

A8e8874a 488a 4dc3 b8cc 892a116e533f0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aIcon user placeholder1ef961b3 81f0 49f8 9519 151b6992948a13f06169 874b 41ba b3fe aad8e63fba1a91050f17 c612 4bcc 8c1a 15dd4589a5fc2a7011ad 1023 4a28 9610 18ac8022a01d 23
東洋の哲学を語る

素晴らしき知性二人が仏教について、しかもその中の特に法華経について語り合う対談集。釈尊から日蓮、ガンジーや芸術など、他にも様々な事をテーマに語り合う。

約4年前

新釈諸国噺

とても人情味溢れる楽観的娯楽作品。

約4年前

毛皮を着たヴィーナス

マゾの語源でもあるザッヘルマゾッホの毛皮を着たヴィーナス。衝撃的なこの作品を書いた後、自身もこの物語と全く同じ人生を歩むことになったという。 「あなたがそれほど道徳観念にがんじがらめになっているのでなかったら、申し分なく理性的でいられたでしょうに」 道徳観念が生み出す究極のマゾヒズム。

約4年前

000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d87c7b1b2e b09d 49f0 a714 a549aab2c1499b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d565d2efa 2b82 4030 be73 2daa4768a5f2
夢をかなえるゾウ 文庫版

意外と分厚い本なのだが、読もうと思えば2日で読める笑えて面白くタメになる作品。 どんな啓発本を読むことより、まずは これを一冊読むことを勧める。

約4年前

562ef21c 005c 455a 8bf4 e7c78c7e4dbcIcon user placeholderDa3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1Bf3dec70 ca43 4c6b 9ea5 06be2abfeeb8C904beea 65eb 4802 b147 efa6a6fa1cf1C2952b28 ce5f 4d28 a16a 0c9e21412e403ad5edaf 2c78 40ec bb27 c54fdb4821a0 173
ムーンライト・シャドウ

女にとっては彼、男にとっては兄を失った2人の話。 感受性が強い人間にとって人生なんてのは大体のことは苦悩である。しかし楽しいことや心から幸福なことだって確実にあるんだ。生きてる限り希望の灯は大小変化はあれど絶対に消えない。 前向きなストロベリーショートケーキ。(超短編)

約4年前

西條八十詩集

1892年に生まれたカッコよすぎる詩人、西条八十の詩集。 —— 人去れりとて なに寂しからむ 幼児とともに 歌をうたふ —— 『夕里』 死ぬまで夢を追い続け、若き頃 ともに夢を追った仲間はひとりふたりと居なくなる。 —— やがて地獄へ下るとき そこに待つ父母や友人に 私は何を持つて行かう。 たぶん私は懐から 蒼白め、破れた 蝶の死骸を とり出すだらう。 さうして渡しながら 言ふだらう。 一生を 子供のやうに、 さみしく これを追ってゐました、 と。————

約4年前

夢について

吉本ばななが見た夢のことや、外国を旅して出会った人や風景のこと、この本を書くにあたっての出会いや 過去の様々な人達との出来事。小話が何編も詰まった自伝的作品。 生き急ぐことはないが 動き続けることの楽しさや幸福感を知れる。この人にとって夢からの影響はすごいもので、夢に生きてるのか現実に生きてるのかどっちなんだ?っていう吉本ばなな。 2,3ページの小話が数話入った作品なので空いた5分ほどの時間に気楽に読める面白い作品。

約4年前

アルゼンチンババア (幻冬舎文庫)

廃墟のようなアルゼンチンビルに住むオバさん。皆はあだ名をつけ“アルゼンチンババア”と呼んでいる。 大好きだった母が死ぬ。その死は何かデカいものを失ったことと引き換えに、もっとデカい贈り物をくれた。死とは何かということ、それを考えるとおのずと結びつく健康のこと、思考が一気に進みだす…。 すごく読み易く1日で読める。 奈良美智の絵も可愛い。 『生とは、死とは』という大きな問題をすごく前向きに少しロマンチックに、割と真面目に終始ユーモラスに描いた作品。

約4年前

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a6c203172 9338 4f25 8b69 7e892d67b668D90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f53221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eIcon user placeholder135f7c7f be63 44e5 857b e47c166e627e236f8dd7 1cf9 4616 a8ad 7fb5a0d924c2 21
郷愁―ペーター・カーメンチント

田舎に育った百姓の息子が、都会へ出て 恋をし 友情を育むが、すぐに物質主義的な都会に絶望し 様々な経験をする。 そんな彼が歳をとり、故郷に戻った時 彼にとって真実の故郷へと成っていた… ある日をキッカケに父親のような大酒飲みになるカーメンチント。酒が大好きな部分も一つだが、様々な事に共感をおぼえた。何と素晴らしい作品なのだ。 血筋的に常に憂愁をもつペーター、しかしそのおかげで彼は様々な事を知ることになる。その“癖”とも言える憂愁もいずれ克服していくし、すごく前向きな作品。素晴らしい。

約4年前

71e6ec47 210c 4981 b1b4 119aef0baddfIcon user placeholder4fc610c4 aee8 46b0 86fc e0ef44353eb1Fe3dfa46 be7a 4a89 b4ab 1a21ac753e1a
羅生門・鼻

本を読む者で羅生門という名詞を聞いた事がない人はおそらくいないであろうほど有名な作品であり、大傑作である。羅生門という場所に、数々の死体と老婆と男など数少ない登場人物に、短い話ではあるがこの世の全てが詰まっていると言っても過言ではない。 不気味さと、その不気味さの根幹にある人間とはいえぬ地獄におちた餓鬼のような気持ち悪さとが混在するこの二作品。傑作。

約4年前

71e6ec47 210c 4981 b1b4 119aef0baddf18c3358d c0c1 40ea 8d8c 9d1d9e008cf27755b625 bd3d 4741 b38c a2b0d2879bb64f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053A9ebcb54 57d6 4ac5 8066 1cddacc2e9c46a1aac0a cbbb 4b5d 9f7f 5b9b20a00138 31
蜜柑

働くことに慣れ、都会に慣れ、汚さに慣れ、裏切りに慣れ、薄情に慣れ。そんな大人がこの作品を読み終えた瞬間、一瞬だけ、そして完全に、あの頃の少年少女時代の純粋さを取り戻す作品。短編であるが、この衝撃は素敵。

約4年前

0b1275ae 482f 4371 a751 21a7fd99aedf5107dca6 e6a9 479c ab42 72ca6aa63a38
悲しみよこんにちは

サガンの乱雑な文が奇跡的に完全なる個性と成り、私の心はその自由奔放な背中を必死に愛し 追いかける事しかできなくなった。サガンに恋をする。 見栄坊で厚かましい主人公の少女と自由奔放だが娘を溺愛する父のひと夏の話。父の女に嫉妬する少女。。 あぁ、サガン様。

約4年前

4d05909f 8525 4932 9825 728a0e38713220f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a5209b55a4b9 37db 41d2 92fa 8508e79469f7363c0c18 9999 40b6 b4ba 29f8bf500bf950fa3f9e 695d 42e8 8d6d ba924f96c0ea89bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7cC555e0cb 50f1 4d7b 83d8 f2ff66b6769c 21
地球時代の哲学

大傑作対談集『21世紀への対話』を、知の巨人 佐藤優が解説&読み解く作品。 21世紀を牽引する大名作が、佐藤優の手により、より一層興味深く面白く簡単に読める。 上中下巻ある『21世紀の対話』を読むことに躊躇している人は是非ともまずこの本を読んで欲しい。

約4年前

がんさく

ダウンタウンの浜ちゃんの自伝作品。

約4年前