00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585

ソヤマ

大学生 22歳

大学生 22歳

115

コメントした本

51iwzfltw6l

猫をめぐる人間の痴態 いい女の如き媚びすぎない距離感、それでいて信頼してる者にしか見せない甘え、、雌猫の魅力が存分に描かれていて切なささえ感じた。 たかが「畜生」に感情を振り回される、人間の愚かさが露わになる薄情な完結の仕方も、どこか猫のようだった。

4日前

7965fa74 799d 4aa0 bec0 5f7162f61676B4e41110 b2dc 4212 a002 9adf060c06f6225f01a5 1c36 431a bd7d 60344d661cf8Dd0fb0df b036 4c15 b0e7 05aa684912a67b36a71a 4570 414b 9dd6 392fba4d86ef03df68cd 9acc 4ada 8439 89adab76498dB28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca 10
519ewzskjrl

思春期から今に至るまで胸にあったモヤモヤに、「こじらせ」という名前をつけてくれてありがとう。 オシャレをする資格がないと思っていた雨宮さんが、ヒョウ柄のミニスカートを履くシーンが好き。「これがやりたかったんだ」と霧が晴れるのが気持ちいい。 巻末の久保ミツロウさんとの対談もま〜面白いこと限りなし。「年度末決算みたいな告白」とか名フレーズの宝庫です。 何となく感じていたことが筆者の力でズバズバと言葉になっていくこの感覚、読書体験の中で1番好き。

12日前

2e5778d4 27dc 4f49 9f99 7c4e95c48aaf3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5E153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e01472767be50 ba1f 473b a7ae 265aefc0c1e9840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0Eda65764 b19a 4fb9 9bf2 0053fa3d5501 13
41cl9udvhml

高校卒業〜ハガキ職人時代のせきしろさんの自伝的小説 「これ私が書いたっけ?」と錯覚するほど思い当たるフシが次から次へと。 ダメダメな自分を、自嘲的かつ客観的かつ優しく見ているせきしろさんの姿が眼に浮かんだ。 最近帯が捨てられない本によく出会っている気がする。山里亮太さんの帯の言葉もまた秀逸。 「オマエらにはあの頃、聞こえてなかっただろう。僕たちはいつも、こんな最高に面白いことを脳内で叫んでたんだぜ。」

17日前

440537a0 de1d 4a72 a2a4 4e6e2d5c4737E72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59e7096609a e405 4a63 93a9 5a8e755e848a53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a3b22de2c 2e8e 48ab b749 38e449e6921cAac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269047f0b43 2e05 41f4 bab0 16ebd7e4af67 8
51k388tn3tl

岩井俊二は筆でも少女の匂いをここまで豊満に持たせられるのか! 既に亡き人である「藤井樹」が、思わぬ人の中に存在していたり、その人の記憶をフッと蘇らせたりする。雪が川に溶け出すように物語が広がってゆく。 この作品、大好きになってしまった。 映像ではないからこそ守られる脆さがあるんじゃないか? 「藤井樹(少女)」がAマッソの加納ちゃんで膨らんでとても良かったので映画を見るのはもう少し時間が経ってからにする。

約1か月前

B8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5fBfda67a6 4454 497d b31a 7f50f070eb7422b34e24 9d93 4736 b025 eb773a6c5fa09911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200382ac57a 4c2e 47c1 aeed a9c97d224dd8Fbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd40 12
51rj 2oci%2bl

読了!! アツい。アツすぎた。 「夢であいましょう」から「笑っていいとも!」まで、日本のバラエティー番組の歴史を総ざらいした一冊。 しかもこれが「取材ゼロ」で成り立っているというから驚き。テレビ、ラジオ、雑誌、書籍といった過去の文献全172を紡ぎ合わせた著者の熱量よ!! いや〜テレビって面白いな。 お笑い、テレビ好きなら絶対に読むべき一冊

2か月前

266d4001 a219 428c b8e7 41af412e2abfDd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f
5115j8afckl

スプーンは私をかわいがるのがとてもうまい。 この一文だけで、ああ、山田詠美よ、と思う。 当時の文学界に衝撃が走ったんだろうなあと想像した

2か月前

833a01a1 4312 420b bcf2 e6273df4d5101a58a418 9404 4011 85da d661916a181fA0d46346 6b3a 4f43 9706 3d31d2fbe17aBe90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a10f47945c ebf6 499b b6af 2f43fc6d84a5
613iqitbhxl

「アイはこの世に存在する」 この解答に至るまでの、長い長い証明過程の話。 西さんは「どんなに遠い国のことでも、事件や社会現象の中で自分に無関係なものは何1つ無い、ということを書きたかった」と言っていた。それをこんな視点から伝えられる西さんはやはり天才だなと思った。 「渦中にいることで語る権利を得る」という考えの傲慢さと、「渦中にいなくても想像して苦しんでいいのだ」という答えと、そこに愛があるのなら、という条件と。 ソートフルに生きなければ、と改めて思わせてくれる作品だった。

3か月前

F157a395 dd8e 4942 a829 47ec55fc798b328102ce 1f47 46d3 8199 4d5104e19117A837d294 39a7 490f 84c6 f331de32340d00c9dbaa 548b 4bb2 8b88 323e57910ea2970c24ba 836d 439c 84f5 ed43be83f8d0D59b722c 7730 44db af95 b9fe5a3563ce588ed0dc 8213 48f1 a46d 92effcd9c34b 126
41f ptzk52l

「劇場」読了 2作目とか関係なく、いい作品だった。 面白さと悲しさと醜さと希望が織り混ざっている感覚。 沙希を無視して原付乗り回すシーンは「何で私が持ってる1番汚い部分をこうも巧みに言い当てられるんだろう」と思った。私にとっての太宰治は又吉直樹だと思う。

5か月前

Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1e00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920Bdfaf019 e010 42c2 9aaa ed5cb5b4adc1Be809b6e 505c 4e54 b016 ae16e392dc12B5040b4e c90d 4ea8 84ad 4fbb866a6760A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b578210e25f d30f 4927 97af a6cd3a0c31e8 13
41owscla52l

日本語が、言葉が、文字が、自分で動いて踊ってるみたいだった。言葉の解放。

5か月前

Ee4fa3ce c592 4fde 9911 df06c8457b0fC2ddccda cd8e 4a9f 8ada b03e408e23ba2cf82094 4d5a 4b64 92b5 1c2551f25cf85da99c02 fdfe 4bcc b4d9 4fad765a56c0A580a0ab c5a6 47f3 b9a1 ba81869658edDa10b101 e52f 44af bdc8 6002e3401c47F7254b2d d2d8 44f8 8a46 4ccca0eeb3c1 12
51%2bpx9t8vnl

いや、いやいや。こんな文章どこでも読んだことない。SFホラーを読んでいるのか、現代社会学論を読んでいるのか、はたまた人類学の本を読んでいるのか分からなくなってしまった。 どんな感想もこの世界の内側からなされる時点で無意味なのではないか?「すごい」としか言えない。 村田さんは『ご本、出しときますね』で動物としての人間に興味があると言っていた。この作品もまさしく人類をその外側から分析して作り上げたフィクションなのだと思う。こんな視点からここまで完成度高く書ける村田沙揶香さんは化け物だ、 と思いたいけど、村田さんも人間なのだ。人間、計り知れない。めちゃ面白い。そしてこわい。

6か月前

6210b55b a559 4fe6 9419 55dfdd817aa4006b57b4 fea8 4d00 ac9e c75f9078ff527cd26ebb ff38 4410 9cac 725cf9c93fa823c1a4e4 b77d 4a1d 914b a51edf94a3e995ba87f2 a891 4a31 988d a61f5c9f9ef1488fa777 5208 42d1 a780 fcf82b0a4342D59b722c 7730 44db af95 b9fe5a3563ce 223
51lsnk2djel

元々、若い女の子が多い渋谷のお笑い劇場で配られていたフリーペーパー内の連載を書籍化。 堅苦しい、難しいと思われがちな作家の本が、 読後は今すぐにでも読みたくなるほど身近になっている。読書に熱くなれる一冊。 又吉さん、恐るべし。

6日前

Be809b6e 505c 4e54 b016 ae16e392dc12De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c2742b9d7 d4e0 4983 921b 303f9b74e5951167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f8D4d51a36 dfb8 4632 811a 623121ba32924b3d57f3 365e 40e7 a032 efbf709f22abB9c44fb7 ce7a 4f0a 90d4 9e7900cee825 26
51s5wcsy9gl

最初は「火花」のブームに乗っかって出された感が気になったけど、内容がかなり充実していてブーム云々言っていた自分を恥じた一冊。 又吉さんはエッセイ的な書物をいくつか出していて、エピソードが被っていることがよくあるのだけれど、この本では初耳なエピソードが沢山あって少し驚いた。 又吉さんの感性は「カキフライが無いなら来なかった」や「東京百景」でも感じることができるが、又吉さんの思考回路に触れられるのはこの一冊しかないかなと思う。

13日前

705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c563fe00dc 539b 41dd a878 bcbb65a18660B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56ecaBe809b6e 505c 4e54 b016 ae16e392dc12C9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbb64907546 d086 49bf 8c9e c53054715db539ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e0 19
51mtofxaojl

謎解きでありながらリアルな人間味が最後の最後まで保たれている、この完成度に唸る

27日前

2475a89c 9503 4b08 b347 6ab2bb8874403a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d8975de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d620524815 481b 4956 91f7 1c1b547a5fcf8b7860a2 b7da 4034 8526 123aab367db522f9e151 9e48 475e 9cdf bf208c4feb8aC809003c 4098 417f b14a 9fff7f291423 16
51ztksuzajl

ついにこそあどの森シリーズが完結してしまった。 説明するのが難しい。 私にとって1番大切な物語であることは間違いない。 本当に不思議なくらい穏やかな世界がこの中にある。 この本を読んでいるとき、私は「隠れている」という気持ちになる。こそあどの森が、現実から私を匿ってくれているというか。 この本以外ではどこでも経験できないような気持ちになる。うまく説明ができない。 一生手放せない物語。

約2か月前

31nuzjyleyl

正しいとか間違っているとかを一旦置いて、まず文章としてめちゃくちゃ面白かった。 読みやすい文章、センスのある言葉選び、1つ1つの表現たちが頁をめくる手を止めさせてくれなかった。 自分を責めすぎだろと思う箇所をツッコミつつ、そうだね、そうだねと思いながら読んだ。 自分の物差しが絶対に正しいとは限らない。 これは地球が、人間が産んだ最大で最高の真理だ。これを自分の血まみれの人生から取り出したこだまさんは途轍もなく優しい人だな。 余談 この本を基に作られたceroのOrphansを聴きながら2巡目読了。 「神様の気まぐれなその御手に掬い上げられてわたしたちはここにいるのだろう」 と言う歌詞が心を落ち着かせてくれた。

2か月前

4f13c3ee c469 4405 a344 5c4f3bed4e93763db95d b30e 41f5 9cde bd7ae98a0b38954dbfde 19e9 4dc5 b907 c45f8bd7e27e012dfa0e 4e62 4e79 b707 d05d6d29cbab71e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e957f4fb7d3 69a7 4db5 9cc8 d8e4d76f5b0aA7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57 95
31blmwexfcl

文章はテレパシー。 不衛生で醜い描写に吐き気を催せば催すほど、題名の美しさに憧れてしまう。

2か月前

5432a937 b878 42da 859e 0219425d8c6c047f0b43 2e05 41f4 bab0 16ebd7e4af679437c007 975d 417c abab 9115cb628414705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5047665a9 9974 462f a98f ba30f581ed15455539d2 f715 4a2f 8469 10ad88e6533d1a58a418 9404 4011 85da d661916a181f 42
51ttewxz4hl

誰にみられるための自分なんだろう。

4か月前

21a3a820 08a8 4ff4 891e 70ec812df7fbB424621d b1a3 42ee b89e 4d36e562c584D59b722c 7730 44db af95 b9fe5a3563ce53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d5939437c007 975d 417c abab 9115cb628414Bbe7ac86 1927 4179 96ce a5abeeefd167 17
61waceuneil

お笑い以外何もない「生きる才能」が皆無なツチヤタカユキ氏の半生。彼曰くお笑いから足を洗うための「遺書」 彼はこれからどうやって生きていくんだろう。 「うまく生きよう」としすぎて芯の部分が侵されそうになったとき、この本は、ツチヤ氏の生き方は、心にめちゃめちゃ響くと思う。 読後併せてオードリー若林さんの社会人大学人見知り学部卒業見込も読み返した。

5か月前

F6a4cb47 f782 4267 a852 5047a594aa19C9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbb71f179d9 4336 4ee3 957c 89270efa45227e3e9861 7ca3 440a b5c4 386487680a513e15ba04 a396 4ca7 b118 fa06c4bf068807c514b3 687b 40f9 b3f6 7f01c892ea50A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57 8
51myuhtk0hl

私は中学生の頃、何故かスクールカーストの頂点にいた。ここでいう佐久間さん。でも同時に、「みんなを上から観察する」自慰行為をやっていた気がする。うる覚えだが。 原因はやっぱり容姿に自信が無い、自尊心がいつ脅かされるかという恐怖からだったと思う。 この自分なりのエピソードがあるから、余計に結佳のことを見るのが怖かった。 終盤の怒涛の昇華には、涙が溢れて止まらなかった。私にはまだこれはできていないな、こんな風に生きれる日が来るのかなと思いながら読んだ。 西加奈子さんの解説もとても良かった。

6か月前

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56ecaB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849De6461f6 4acf 4548 84b3 db3fc2d0c06b75e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec0399abbfdc dfa5 41ca a884 4f31448fd603842b13a3 69d2 47ba baa9 ca6023211f0f412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4 18
51wzvdbumql

映画『オーバー・フェンス』に心動いて購入。 映画は、『オーバー・フェンス』の舞台背景に、題にもなっている『黄金の服』の人物像を加えて、すこし人間関係に色を足したような内容。 三作とも「青春」がモチーフ。 まだ自分の人生に腰を据えて居ない、どこに据えるべきかを決めかねている登場人物たちの、先行き見えないモヤモヤを描いている。 私の状況下と近い部分がたくさんある小説だった。 進みたいけど、どこに進めばいいか考えるのが難しい。これだと思うものがぽろっと見つかるのではという期待を捨てずにいられない。 今一度将来の方を見てみると、越えるべきフェンスは遥か向こうにある。 そのフェンスに気づかないふりをして生活する日々を、私はいつ辞めるのだろうか。覚悟を決めるべき日はもう近い。

8か月前